印刷する

顧客との信頼関係を築き、真の課題を打ち明けてもらうために
実践!営業力強化研修

講師名 梶浦正典
講師名よみ かじうらまさのり
肩書き イキイキ組織クリエイター
ビジネス心理コンサルティング株式会社 主席心理コンサルタント
都道府県 東京都

プラン詳細

タイトル・演題 顧客との信頼関係を築き、真の課題を打ち明けてもらうために
実践!営業力強化研修
スタイル区分 講演
想定する受講者区分 営業職
受講者の説明 営業職、営業部門管理職、お客様サービス担当者・クレーム処理担当者対象
受講者へ提供する価値
・伝えたい事
今、営業に携わるビジネスパーソンで、悩みを抱えている方が多くなってきています。
真面目に一生懸命、日々勉強もし、スキルアップしているはずなのに、なかなか成績があがらない。
むしろ、ココロがどんどん疲弊していき、営業という仕事に誇りを失っている人が少なくありません。

スキルテクニックだけではお客様のココロは動かない、ということを明確な理論でお伝えするとともに、
明日から簡単にできるマインドの作り方、お客様にファンになっていただける関係性の作り方をお伝えします。
営業という仕事に「夢と誇りとやりがい」を持ち、周囲の人を笑顔にして自分自身も業績をあげて幸せになれる、
そんな生き方・働き方を応援するプログラムです。
講演内容・概要 区分: 営業・販売・マーケティング
1. ファーストタッチで心をつかむ心理学

【「モチベーション≒ココロのエネルギー」を理解する】
お客様のココロを動かすエネルギーは何なのか。自分自身のモチベーションを高めるスイッチは何なのか。
モチベーション≒ココロのエネルギーを理解する内容です。
気が付かないうちに「狩人」になっていませんか?商品知識を学び、口説き落とすテクニックを身につけ、
「狩りの技術」を高めれば高めるほど、お客様から見ると「敵」に見られてしまう恐れがあるのです。

【自分自身を知るための心理学】
自分のことをどれくらい理解できていますか? お客様から見た自分自身の姿をイメージできていますか?
特殊な心理テストにより自分自身を理解し、お客様との信頼関係を築くために必要不可欠な「マインド」を形成します。

【相手に「矢が刺さらない」声のかけ方】
お客様の心を開くドア・オープナーの言葉。あらゆる局面で使うことができる「矢が刺さりすぎない」声かけの方法です。

2. お客様を「味方」にする心理学
 ・なぜ、「聴く」ことが大切なのか
 ・お客様の心を閉ざす「コミュニケーションの妨げとなるおきまりの12のパターン」
 ・お客様との信頼関係を築く「聴き方のステップ」

3. お客様を「主役」にし、満足度を飛躍的に高める心理学
 ・お客様を「主役」にするための効果的な「質問」
 ・お客様の満足度を飛躍的に高めるためのテクニック

4. 営業の心に「誇りとやりがい」を取り戻すために
 ・営業にとって、最も大切なこと
 ・仕事に「誇りをもつ」ということ

その他のプラン

  • 主催者の方はこちら
  • 講師・出演者の方はこちら
  • マンガでわかる「SBマーケット」
  • SBコンシェル
ご利用者の声
  • 毎回、講師の選定が大変なストレスでしたが、どんな講師が応募してくれるだろう?と逆に楽しみに・・・ (福祉団体)
  • 講師募集から開催日まで時間がなかったにもかかわらず、すぐにメールが何通もきまして講師の層・・・ (業界団体)
  • いつも講師を探すのに苦労していましたが、今回は講師から、こちらの希望・条件にあわせて提案を・・・ (製造業)
  • 短期間で複数のセミナー案を企画しなくてはいけないので、毎回ネタに困っていました。講師の・・・ (OA機器販売)
  • 全国規模での「講演依頼」の内容・ニーズがよく分かり、講師側としての新たな勉強の意欲が・・・ (コンサルタント)
  • >>もっと見る
システムブレーンからのお知らせ
  • 2021年08月31日
    「SBマーケット」サービス終了のお知らせ


    この度、急激な変革期を鑑み、2021年9月末日を以て「SBマーケットサービス」を終了させていただく事となりました。

    ●9月末日をもって、新規の講師募集案件は受付終了となります。

    ●既に講師募集を開始された案件、講師が決定している案件につきましては、10月以降もSBマイページでのやり取りを重ねていただき、開催終了まで進行していただけます。

    長らく当サービスをご活用頂きました主催者様、講師の方々に深く御礼申し上げます。
    今後は、「SBコンシェル」サービスに注力して、オンライン開催を含めた皆様の多様なご要望にお応えしていく所存です。

    突然のご案内となり誠に申し訳ございません。何卒ご理解・ご容赦いただきますようお願い申し上げます。