印刷する

“いまどきの”部下を育てるために必要なテクニック
~上手に育てるためのコーチング術~

講師名 羽林由鶴
講師名よみ はねばやしゆず
肩書き 103kgの恋愛カウンセラー
合資会社STEP13代表
都道府県 埼玉県

プラン詳細

タイトル・演題 “いまどきの”部下を育てるために必要なテクニック
~上手に育てるためのコーチング術~
スタイル区分 講演
想定する受講者区分 管理職
受講者へ提供する価値
・伝えたい事
一昔前は同僚をライバルだと思い、自分がいかに上にいけるかを志す若手社員がたくさんいました。
でもイマドキの若手は残念ながら、「認められたいから頑張る」意欲がある人はあまり多くありません。
彼らを伸ばすためには、上司の言葉がけや行動がとても重要になってきます。
相手によって、相手にあわせていくことができないと、今の時代、対応できない人が多いです。
部下を上手に育てるために必要なカウンセリング、コーチングのテクニックを学んでみませんか?
講演内容・概要 区分: コミュニケーション
◆イマドキ事情① 個々の能力を見極める必要性
「こんなこと簡単だろ」と言いがちですが、簡単か簡単じゃないかは個々のレベルによって異なります。
今の若者を育てるにはこの「個々」を見極める必要があります。
例えば部下が3名いたとしたら、3人を一緒に扱ってはいけないのです。
その人の癖を見抜けなければ育てることはできないのです。
それではどのように個々を見極めていけばいいのか、どんな言葉がけをしていけばいいのかを勉強していただきます。

◆イマドキ事情② 彼らが発する言葉を鵜呑みにするのはNG
イマドキの若者は傷つくことを極端に恐れます。
そのため、自分が傷つかずにすむように鎧をまとったあたりさわりのない言葉を発するのです。
このセミナーでは彼らから発せられる言葉の裏、本音をよむ、引き出す練習をします。

◆イマドキ事情③ 自分からは頑張らない彼らですが、認めてあげないとひねくれます。
イマドキの人は「何でできないの?」と責めたとしても、何も変わりません。
チームの育成も大切ですが、個の育成をすることも重要です。
「あなたを認めてあげている」という関係を作りつつ、上手にコミュニケーションを取っていきましょう。

その他のプラン

  • 主催者の方はこちら
  • 講師・出演者の方はこちら
  • マンガでわかる「SBマーケット」
  • SBコンシェル
ご利用者の声
  • 毎回、講師の選定が大変なストレスでしたが、どんな講師が応募してくれるだろう?と逆に楽しみに・・・ (福祉団体)
  • 講師募集から開催日まで時間がなかったにもかかわらず、すぐにメールが何通もきまして講師の層・・・ (業界団体)
  • いつも講師を探すのに苦労していましたが、今回は講師から、こちらの希望・条件にあわせて提案を・・・ (製造業)
  • 短期間で複数のセミナー案を企画しなくてはいけないので、毎回ネタに困っていました。講師の・・・ (OA機器販売)
  • 全国規模での「講演依頼」の内容・ニーズがよく分かり、講師側としての新たな勉強の意欲が・・・ (コンサルタント)
  • >>もっと見る
システムブレーンからのお知らせ
  • 2017年04月01日
    新年度です!
    多くの団体様にとって、4月は新年度の事業・催事の準備を進められる時期かと思います。外部から講師を招いての講演会・研修・セミナーなどお考えでしたら、ぜひ当サービス「SBマーケット」をご活用下さい。
     実力ある講師の方々が、皆様のお役に立つ「ご提案」をしていただけます!

    ※詳しくは、「マンガでわかるSBマーケット」をご覧ください。
  • 2017年01月01日
    あけましておめでとうございます
    お陰様で弊社は今年40期を迎え、新サービス「SBマーケット」も8年目となりました。皆さんの日頃のご支援、ご協力に心より感謝申し上げます。
    今年も宜しくお願いいたします。
  • 2016年07月05日
    募集内容の書き方など、お気軽にご相談下さい。
    初めてSBマーケットをご利用される方の多くが、「講師募集の内容は、どんな事を書いたら良いのだろう?」と悩まれます。
    そうした際にはお気軽に事務局までご相談下さい。
    講師からの良いご提案が多く集まるように、募集内容のアドバイスや加筆なども行っております。