印刷する

子どもを育て、自分が育つ
子どもに“教えられる”こと

講師名 三宅マリ
講師名よみ みやけまり
肩書き 心理セラピスト
ライフスタイリング コーチ
都道府県 兵庫県

プラン詳細

タイトル・演題 子どもを育て、自分が育つ
子どもに“教えられる”こと
スタイル区分 研修
想定する受講者区分 保護者
受講者の説明 人間関係の中で最も絆が強く、最も人格形成に大きな影響を及ぼし、最も”ややこしく”、最も鏡写しに自分が見えるのは、親子関係です。
よって、子育てに悩まない母親はいません。一生懸命頑張る方、向上心の強い方、まじめで責任感の強い方ほど、悩みの質が重たく深くなるものです。そんなお母さまに向けて。
愛する我が子のためなら、命なんて惜しくない!
母親なら誰しもそう思うでしょう。
自分の感情は押し殺して、自分のしたいことは後回しに、すべて我慢して、子供のために。それが母親の鏡。
世間の常識からそう教えられ、育った年代の私ですが、本当にそうなんでしょうか?
大学生(大阪大学・同志社大学)の息子と娘を持つ私は、実体験から、母親自身が、人目を気にしたり、常識に囚われたりせず、自分自身を受け入れ、認めることからスタートする新鮮な感覚が必要だと考えています。
受講者へ提供する価値
・伝えたい事
「子どものために~しなければならないから、私は~してるんです」。
「子どものために~仕方ないからしてあげてる」。

「子どものために・・・」
この大義名分を振りかざすと、誰も文句を言えません。
ですが、本当に子どものためにしないといけないことは、嫌な思いをしながら頑張ることなのでしょうか? 母親自身が成長し、生きがいを見つけ、したいことをして、楽しく輝いて生きる姿をみせることではないのでしょうか。それがいちばん難しいことだと潜在的に知っているから、そこから逃げているのではないでしょうか。
講演内容・概要 区分: 教育・青少年育成
わがままのススメ

しあわせになるための必須条件は?
自分自身を知ることです。
その自分をありのまま受け入れ、発揮することなのです。

我(在るが)ままの自分を発揮するには、
人に~思われたい自分、
~であらねばならない自分、
~してはいけない自分、仮面や偽りをかなぐり捨てた本当の自分と出逢うことからしかスタートしません。


(親から刷り込まれた)間違った価値観や偏見、信念、常識、その当たり前と信じて疑わなかったそれらを、一度、疑ってみる。そのうえで、自分に不都合なものは、より良いものにリフレーミング。

《why?》何故そうなってしまったのか?難しく考え、堂々巡りをする必要はないのです。
《how?》これからどうしたいか? 自分はどう生きたいのか?
自分自身に焦点を当て、見つめることで、自然なかたちで子どもと共に成長できるように思います。
  • 主催者の方はこちら
  • 講師・出演者の方はこちら
  • マンガでわかる「SBマーケット」
  • SBコンシェル
ご利用者の声
  • 毎回、講師の選定が大変なストレスでしたが、どんな講師が応募してくれるだろう?と逆に楽しみに・・・ (福祉団体)
  • 講師募集から開催日まで時間がなかったにもかかわらず、すぐにメールが何通もきまして講師の層・・・ (業界団体)
  • いつも講師を探すのに苦労していましたが、今回は講師から、こちらの希望・条件にあわせて提案を・・・ (製造業)
  • 短期間で複数のセミナー案を企画しなくてはいけないので、毎回ネタに困っていました。講師の・・・ (OA機器販売)
  • 全国規模での「講演依頼」の内容・ニーズがよく分かり、講師側としての新たな勉強の意欲が・・・ (コンサルタント)
  • >>もっと見る
システムブレーンからのお知らせ
  • 2021年08月31日
    「SBマーケット」サービス終了のお知らせ


    この度、急激な変革期を鑑み、2021年9月末日を以て「SBマーケットサービス」を終了させていただく事となりました。

    ●9月末日をもって、新規の講師募集案件は受付終了となります。

    ●既に講師募集を開始された案件、講師が決定している案件につきましては、10月以降もSBマイページでのやり取りを重ねていただき、開催終了まで進行していただけます。

    長らく当サービスをご活用頂きました主催者様、講師の方々に深く御礼申し上げます。
    今後は、「SBコンシェル」サービスに注力して、オンライン開催を含めた皆様の多様なご要望にお応えしていく所存です。

    突然のご案内となり誠に申し訳ございません。何卒ご理解・ご容赦いただきますようお願い申し上げます。