印刷する

【企業コンプライアンス】その時あなたはどうするか? ~ 危機的事態における対応 ~

林谷浩二
講師名 林谷浩二
講師名よみ はやしだにこうじ
肩書き 弁護士
都道府県 広島県

プラン詳細

タイトル・演題 【企業コンプライアンス】その時あなたはどうするか? ~ 危機的事態における対応 ~
スタイル区分 講演
想定する受講者区分 人事総務法務職
受講者の説明 企業の法務・コンプライアンス部門に配属され,「コンプライアンスって何?」と戸惑われている皆様,相当程度に社内調査・対応などの経験を積んでいるが,更に幅広くスキルアップを図りたいと考えておられる皆さま。
 「コンプライアンスって何?」,「実際に不祥事が起きたらどうすればいいの?」,そんな悩みを抱えている皆さま。
受講者へ提供する価値
・伝えたい事
例えば,労災事故,横領,情報漏えい,不正表示,税務調査,犯罪捜査。企業の規模によっては,公正取引委員会,証券取引等監視委員会の調査。聞くだけで頭が痛くなる言葉ばかりですが,皆さんの企業に起きないとは限らないことばかりです。
 永年,企業経営を続けていけば,少なからずそのようなことが起きてしまいます。企業のコンプライアンスが叫ばれている昨今,そのような危機的な事態における対応を誤れば,信頼を失い,その企業の存続を危うくしかねません。
 この研修では,講師が,これまでの企業犯罪の捜査・社内不祥事の調査などの経験を踏まえ,そのような事態が起きた場合における対応の在り方を考え,そのような事態が起きにくくなる仕組み作りを考えるヒントをご提供致します。
講演内容・概要 区分: 危機管理・コンプライアンス・CSR
実践体験談(ロールモデル): スペシャリスト系
例えば,
1) 最近の企業不祥事の事例の紹介
2) 企業不祥事の端緒の把握の仕方
3) 企業不祥事が発生した場合における調査の進め方と留意点
4) 調査結果を踏まえた対応
5) 原因の究明と再発防止策
6) 官公庁,捜査機関との対応
などについて,これまでの経験を踏まえ,分かり易くお話させていただきながら,そのような事態が起きにくくするための企業の仕組み作りとして,どのようなことを考えていなければならないか,そのヒントをご提供していきたいと思います。
根拠・関連する活動歴 長年,検事として,地検特捜部等において,企業犯罪,贈収賄などの捜査に従事するとともに,法務省において,不祥事の調査・対応に従事し,退官後は,弁護士として,企業不祥事の調査・対応のご依頼を受けて,業務をしております。
主催者に準備を
お願いする物
応相談
講師が準備するもの 応相談
  • 主催者の方はこちら
  • 講師・出演者の方はこちら
  • マンガでわかる「SBマーケット」
  • SBコンシェル
ご利用者の声
  • 毎回、講師の選定が大変なストレスでしたが、どんな講師が応募してくれるだろう?と逆に楽しみに・・・ (福祉団体)
  • 講師募集から開催日まで時間がなかったにもかかわらず、すぐにメールが何通もきまして講師の層・・・ (業界団体)
  • いつも講師を探すのに苦労していましたが、今回は講師から、こちらの希望・条件にあわせて提案を・・・ (製造業)
  • 短期間で複数のセミナー案を企画しなくてはいけないので、毎回ネタに困っていました。講師の・・・ (OA機器販売)
  • 全国規模での「講演依頼」の内容・ニーズがよく分かり、講師側としての新たな勉強の意欲が・・・ (コンサルタント)
  • >>もっと見る
システムブレーンからのお知らせ
  • 2019年04月01日
    新年度です!
    多くの団体様にとって、4月は新年度の事業・催事の準備を進められる時期かと思います。外部から講師を招いての講演会・研修・セミナーなどお考えでしたら、ぜひ当サービス「SBマーケット」をご活用下さい。
     実力ある講師の方々が、皆様のお役に立つ「ご提案」をしていただけます!

    ※詳しくは、「マンガでわかるSBマーケット」をご覧ください。
  • 2019年01月01日
    あけましておめでとうございます
    お陰様で弊社の新サービス「SBマーケット」も9年目となりました。皆さんの日頃のご支援、ご協力に心より感謝申し上げます。
    今年も宜しくお願いいたします。
  • 2018年07月05日
    募集内容の書き方など、お気軽にご相談下さい。
    初めてSBマーケットをご利用される方の多くが、「講師募集の内容は、どんな事を書いたら良いのだろう?」と悩まれます。
    そうした際にはお気軽に事務局までご相談下さい。
    講師からの良いご提案が多く集まるように、募集内容のアドバイスや加筆なども行っております。