印刷する

問題解決手法で考える「安全と事故防止」
~ゲームを通じて考える、安全と事故防止~

講師名 小岩 良
講師名よみ こいわりょう
肩書き イノベーションプロデューサー
都道府県 東京都

プラン詳細

タイトル・演題 問題解決手法で考える「安全と事故防止」
~ゲームを通じて考える、安全と事故防止~
スタイル区分 講演
想定する受講者区分 職場リーダー
受講者の説明 建設業等において、労働安全を徹底する目的で安全教育を検討されている中で、

研修への参加意欲が乏しい
講話・講演に限界を感じている
自分は問題ないと思い込んでる
安全という言葉掛けだけで、実態が伴っていないと感じている

という課題を解決するための、研修を提供します。
受講者へ提供する価値
・伝えたい事
一方的に情報を与えられるのではなく、
グループ対抗ゲームを通じて、安全や事故に関する気づきや、
問題解決手法を取り入れて具体的に解決策を効果検証するまでを体験演習する。

参加意欲高まる、研修構成
自ら気がつく、ゲーム的演習
現場課題に紐づく、複数事例
現場課題を解決していこうとする心理的動機づけ

これらが、受講者に与えられ、現場成果につながることが想定される。
また、ここで出た解決策は、記録・共有されることで全社的ノウハウの蓄積につながる。
講演内容・概要 区分: 安全管理・労働災害
※90分研修の一例

1.オリエンテーション
講師紹介、研修の目的、研修のルール、グループ自己紹介

2.安全とはなにか?
ウオーミングアップゲーム、ゲームの振り返り、安全とはなにか?

3.現場課題を考える
安全・事故防止に関する、業務現場の問題・課題を考える

4.解決策を考える
業務現場の解決策を検討し、一部全体共有する

5.課題解決演習
ウオーミングアップゲームに対し、解決策を検討し効果検証する

6.まとめ
本日の研修をふりかえる
根拠・関連する活動歴 メーカー・商社の立場で、ものづくり業界を支援しながら現場事例を蓄積。また、ISO管理責任者として、現場課題解決・業務プロセス変革・マニュアル化を実現。
コンサルタントとして独立後は、常に現場視点を大切に現場成果を牽引。現場と経営層の意見交流を促す仕組みを構築しながら、経営ビジョン実現を支援している。

中堅社員や経営幹部候補向けに、経営戦略研修を行う際に、複数の問題解決手法を活用。本研修ではその一部の手法を紹介し、現場課題解決策検討で活用いただくことで現場展開につなげる。
主催者に準備を
お願いする物
グループ毎に意見を取り入れるための白紙。
A3無地用紙、あるいは模造紙など。

研修テキスト抜粋版(印刷をお願い致します)

プロジェクター
講師が準備するもの パソコン

グループ対抗ゲーム
  • 主催者の方はこちら
  • 講師・出演者の方はこちら
  • マンガでわかる「SBマーケット」
  • SBコンシェル
ご利用者の声
  • 毎回、講師の選定が大変なストレスでしたが、どんな講師が応募してくれるだろう?と逆に楽しみに・・・ (福祉団体)
  • 講師募集から開催日まで時間がなかったにもかかわらず、すぐにメールが何通もきまして講師の層・・・ (業界団体)
  • いつも講師を探すのに苦労していましたが、今回は講師から、こちらの希望・条件にあわせて提案を・・・ (製造業)
  • 短期間で複数のセミナー案を企画しなくてはいけないので、毎回ネタに困っていました。講師の・・・ (OA機器販売)
  • 全国規模での「講演依頼」の内容・ニーズがよく分かり、講師側としての新たな勉強の意欲が・・・ (コンサルタント)
  • >>もっと見る
システムブレーンからのお知らせ
  • 2018年01月01日
    あけましておめでとうございます
    お陰様で弊社の新サービス「SBマーケット」も9年目となりました。皆さんの日頃のご支援、ご協力に心より感謝申し上げます。
    今年も宜しくお願いいたします。
  • 2017年07月05日
    募集内容の書き方など、お気軽にご相談下さい。
    初めてSBマーケットをご利用される方の多くが、「講師募集の内容は、どんな事を書いたら良いのだろう?」と悩まれます。
    そうした際にはお気軽に事務局までご相談下さい。
    講師からの良いご提案が多く集まるように、募集内容のアドバイスや加筆なども行っております。
  • 2017年04月01日
    新年度です!
    多くの団体様にとって、4月は新年度の事業・催事の準備を進められる時期かと思います。外部から講師を招いての講演会・研修・セミナーなどお考えでしたら、ぜひ当サービス「SBマーケット」をご活用下さい。
     実力ある講師の方々が、皆様のお役に立つ「ご提案」をしていただけます!

    ※詳しくは、「マンガでわかるSBマーケット」をご覧ください。