印刷する

【1日研修】感動を創造するリーダーシップ
~高いモチベーションと伝わる力で成果をつくる~

講師名 佐藤政樹
講師名よみ さとうまさき
肩書き 劇団四季 元 主役の感動創造トレーナー
都道府県 神奈川県

プラン詳細

タイトル・演題 【1日研修】感動を創造するリーダーシップ
~高いモチベーションと伝わる力で成果をつくる~
スタイル区分 研修
想定する受講者区分 企業経営者
受講者へ提供する価値
・伝えたい事
・踊りあり、歌あり、演技ありの日本で唯一のエンターテイメント型研修です。
・ゲームやワークなどを通じで、自ら「気づき」を誘発します。
・講師の挫折経験や成功体験など、リアルな例を活用しているので、引き込まれていきます。
・世界最高峰の方か学んだ伝わる技術や、様々な心理学を背景にプログラムを作り込み、職場で再現性の高いプログラムになっています。
講演内容・概要 区分: その他実務スキル
劇団四季は、日本トップの商業劇団として舞台のレベルの高いエンターテイメント集団として認識されていますが、
実はすべての業種・業態の中で、顧客満足度1位を2年連続で獲得した感動創造企業でもありました。
劇団四季は舞台という「人が商品」の業界の中で、圧倒的な人材育成の手法を持っていました。
このプログラムでは、一人一人がチームをつくりだしていくために必要な
プロのモチベーションの高め方、そして「感動レベルの伝わる技術」を学ぶことにより、
社内での部下・上司との人間関係向上、営業力の向上、セルフコントロールを高める秘訣などをお伝えします。

劇団四季での主役の経験、飛び込み営業でトップ2をとった経験、
そして講師業として様々な人と接する上で高めた経験をベースに、
エンターテイメントたっぷりで、なおかつ心理学や理論的な背景をしっかりと思ったセミナーになっています。

【第一部(90分)】
■イントロダクション(目的と課題の共有)
 ・研修の目的・・・「自ら成長をつくりだす人の特徴とは」
 ・課題の共有・・・「リーダーとして困っていること」

■感動を創造する言葉の伝え方
 ・なぜ人は感動するのか?
 ・「伝わる」「伝わらない」の3つの違い
 ・人が感動するときには共通した考え方がある。
 ・良い組織をつくりだすために、自分自身ができること

【第二部(90分)】
■高いモチベーションを維持する秘訣
 ・プロのモチベーションに高い、低いはない
 ・なぜ、自分自身が夢を叶えることができたのか?
 ・夢を叶えた瞬間に燃え尽きてしまった理由
 ・自分のワクワクする願望を書き出すワーク(モチベーションを上げる)
 ・自分のメンタルを整える呼吸法ワーク(下がったモチベーションを元に戻す)

【第三部(90分)】
■人を動かすリーダーシップ
 ・人を動かすために必要な3つのこと
 ・WHYから始めるリーターシップ(なぜ、やるのか?)
 ・自分自身の価値観を書き出す
 ・「なぜ、働くのか」プレゼンテーション (テーグルごとに)

■まとめ
 ・今、目の前にある小さなことを疎かにしないことが夢を引き寄せる。
 ・行動計画と実践を発表する

その他のプラン

  • 主催者の方はこちら
  • 講師・出演者の方はこちら
  • マンガでわかる「SBマーケット」
  • SBコンシェル
ご利用者の声
  • 毎回、講師の選定が大変なストレスでしたが、どんな講師が応募してくれるだろう?と逆に楽しみに・・・ (福祉団体)
  • 講師募集から開催日まで時間がなかったにもかかわらず、すぐにメールが何通もきまして講師の層・・・ (業界団体)
  • いつも講師を探すのに苦労していましたが、今回は講師から、こちらの希望・条件にあわせて提案を・・・ (製造業)
  • 短期間で複数のセミナー案を企画しなくてはいけないので、毎回ネタに困っていました。講師の・・・ (OA機器販売)
  • 全国規模での「講演依頼」の内容・ニーズがよく分かり、講師側としての新たな勉強の意欲が・・・ (コンサルタント)
  • >>もっと見る
システムブレーンからのお知らせ
  • 2021年08月31日
    「SBマーケット」サービス終了のお知らせ


    この度、急激な変革期を鑑み、2021年9月末日を以て「SBマーケットサービス」を終了させていただく事となりました。

    ●9月末日をもって、新規の講師募集案件は受付終了となります。

    ●既に講師募集を開始された案件、講師が決定している案件につきましては、10月以降もSBマイページでのやり取りを重ねていただき、開催終了まで進行していただけます。

    長らく当サービスをご活用頂きました主催者様、講師の方々に深く御礼申し上げます。
    今後は、「SBコンシェル」サービスに注力して、オンライン開催を含めた皆様の多様なご要望にお応えしていく所存です。

    突然のご案内となり誠に申し訳ございません。何卒ご理解・ご容赦いただきますようお願い申し上げます。