印刷する

アセアンの自動車市場について

講師名 川崎大輔
講師名よみ かわさきだいすけ
肩書き 合同会社アセアンプラスコンサルティング 代表
株式会社アセアンカービジネスキャリア 代表取締役
京都大学大学院経済学研究科東アジア研究センター外部研究員
都道府県 埼玉県

プラン詳細

タイトル・演題 アセアンの自動車市場について
スタイル区分 講演
想定する受講者区分 企業経営者
受講者の説明 アセアン市場に興味を持つ、全ての経営者、販売責任者、営業責任者、サービス担当者の方々に対して、生の市場情報と国際展開についてお伝えします。
受講者へ提供する価値
・伝えたい事
アセアンにおける日本社メーカのシェアは既に90%を超えています。多くのアセアン国は親日で、日本車メーカーへ高い信頼を有していることは間違いありません。日本の自動車市場はバブルが崩壊して以来、20年近く成長をしていません。更に加速する人口減少、そして少子化と高齢化、更に生産人口も減り内需縮小が確実です。かなり前から、日本の自動車保有台数は約6,000台を推移。1億2,000万人の人口の日本を見ると、先進国は2人に自動車1台で飽和の状態となっています。この自動車保有台数が6,000万台(2人で1台)で止まっているという事実に非常に重要な意味が隠されているのです。結論を言えば日本の自動車市場は飽和しており新車が増えることはありません。一方、アセアンにはまだ自動車が飽和していません。アセアンの急成長は日本から失われてしまった、より良い生活をしたいという人々の素朴な意欲やハングリー精神が根元にあることは間違いないでしょう。アセアンにおける自動車市場は今大きなチャンスのタイミングです。ただし、注意しなくてはいけないのは、アセアンがこれから日本の水準になるまでに長い年月がかかるかといえば、そうではないということ。日本がたどってきた年月よりも非常にスピーディーな成長を遂げることは間違いなく大きな変化のタイミングです。変化の中には常にビジネスではチャンスが生まれます。アセアンの自動車市場をしりそのチャンスを手に入れる絶好のタイミングがきているのです。
講演内容・概要 区分: 国際化・グローバル
1、アセアン各国における自動車市場
2、各国における自動車市場の違い
3、アセアンにおける自動車市場の展望
根拠・関連する活動歴 アセアンビジネスに携わり20年以上。香港の会社に就職後、アジア各国に15年近く駐在し日本に帰国後。大手中古車会社のガリバーインターナショナルで海外事業部の立ち上げ、インド事業、アメリカ事業、タイ事業のスタートアップを担当。2015年からアセアンプラスコンサルティングにて日系自動車関連企業のアジア進出をサポート。2017年より株式会社アセアンカービジネスキャリアを新たに設立。アセアン各国からの優秀なエンジニアを日本企業にご紹介をしている。

経済学修士、MBA(経営学修士)、京都大学大学院経済学研究科東アジア経済研究センター外部研究員


<コラミスト>
◆日本最大級の自動車情報サイト レスポンスのコラミスト「川崎大輔の流通大陸」
◆業界最大誌 整備戦略のコラミスト「川崎大輔がみるアセアンアフターマーケット」
◆自動車専門新聞 日刊自動車新聞のコラミスト「新時代を生き残る 川崎大輔のアセアン流通」(2018年1月スタート)
  • 主催者の方はこちら
  • 講師・出演者の方はこちら
  • マンガでわかる「SBマーケット」
  • SBコンシェル
ご利用者の声
  • 毎回、講師の選定が大変なストレスでしたが、どんな講師が応募してくれるだろう?と逆に楽しみに・・・ (福祉団体)
  • 講師募集から開催日まで時間がなかったにもかかわらず、すぐにメールが何通もきまして講師の層・・・ (業界団体)
  • いつも講師を探すのに苦労していましたが、今回は講師から、こちらの希望・条件にあわせて提案を・・・ (製造業)
  • 短期間で複数のセミナー案を企画しなくてはいけないので、毎回ネタに困っていました。講師の・・・ (OA機器販売)
  • 全国規模での「講演依頼」の内容・ニーズがよく分かり、講師側としての新たな勉強の意欲が・・・ (コンサルタント)
  • >>もっと見る
システムブレーンからのお知らせ
  • 2021年08月31日
    「SBマーケット」サービス終了のお知らせ


    この度、急激な変革期を鑑み、2021年9月末日を以て「SBマーケットサービス」を終了させていただく事となりました。

    ●9月末日をもって、新規の講師募集案件は受付終了となります。

    ●既に講師募集を開始された案件、講師が決定している案件につきましては、10月以降もSBマイページでのやり取りを重ねていただき、開催終了まで進行していただけます。

    長らく当サービスをご活用頂きました主催者様、講師の方々に深く御礼申し上げます。
    今後は、「SBコンシェル」サービスに注力して、オンライン開催を含めた皆様の多様なご要望にお応えしていく所存です。

    突然のご案内となり誠に申し訳ございません。何卒ご理解・ご容赦いただきますようお願い申し上げます。