印刷する

いまこそ原点に学ぶ「共済精神よ、高まれ!」 -賀川豊彦とJA共済-

講師名 和田武広
講師名よみ わだたけひろ
肩書き 共済事業理念・人材育成研修講師
都道府県 東京都

プラン詳細

タイトル・演題 いまこそ原点に学ぶ「共済精神よ、高まれ!」 -賀川豊彦とJA共済-
スタイル区分 講演
想定する受講者区分 職場リーダー
受講者の説明 ・JA役職員。特に、リーダー職員、ライフアドバイザー(LA)、スマイルサポーターなど。
・JA共済連職員
・協同組合運動関係者
受講者へ提供する価値
・伝えたい事
いま、政府が進めている「JA改革」のなかでは、協同組合組織の株式会社化議論がされるなど、JAグループは大きな岐路に立たされています。
こうしたなか、“いまこそ”「JA共済の父」である賀川豊彦の共済事業創設に向けた“高い理想”と“熱い思い”、そして、賀川豊彦に指導・触発され、幾多の困難を乗り越えながら、今日の共済事業を築き上げてきた先人たちの苦難の歴史に学び、その理念と歴史を私たちが共有することが必要ではないでしょうか。
そして、自ら携わる仕事の原点=理念を再確認し、“誇り”を持って仕事に取り組むことが、モチベーションアップにもつながり、さらには、共済事業、そして日本の協同組合運動を守り、未来に向かってさらに発展させていく鍵にもなるのではないでしょうか。
講演内容・概要 区分: モチベーション
□なぜ、いまこそ“原点”なのか?
・時代を超え、際立った存在であり続ける企業(ビジョナリー・カンパニー)に最も必要なものは、時の試練に 耐え、変わることのない「基本理念」であった。
・「JA共済の父」、賀川豊彦がめざした「愛と協同の社会づくり」の理念・実践から、JA共済の原点=理念“いまこそ”考える。

□賀川豊彦って、どんな人?
・「近代日本を代表する人物(大宅壮一)」で、戦前「世界三聖人」として世界的知名度。
・孤独な少年期、キリスト教との出会い、そしてスラムでの伝道・救貧活動。
・「救貧」活動から「防貧」活動へ。労働運動、日本農民組合、普選運動、無産政党樹立運動、セツルメント活動、協同組合運動など各方面に広範囲な社会運動を展開。
・協同組合運動で、“真の理想社会”をめざし、消費組合、信用組合、医療組合等を次々設立。日本の協同組合運動最大の功労者⇒「JA共済の父」「生協の父」。
・日本国内だけでなく世界各地で伝道・講演活動を行い、世界の「カガワ」に。
・世界連邦運動など平和活動にも尽力、二度のノーベル平和賞候補。
・空前のベストセラー「死線を越えて」等膨大な著作。ノーベル文学賞候補にも二度。

□賀川豊彦とJA共済のあゆみ
・賀川の協同組合思想とは⇒資本主義でも共産主義でもない「第三の道」として、「人格」と「兄弟愛(友愛)」の理念に立った各種の協同組合から構成される協働の社会づくりを目指す。
・賀川がその実現に情熱を傾けた協同組合保険は、産業組合の長年の悲願でもあった。
・「協同組合保険論」や「乳と蜜の流るる郷」等で協同組合保険の必要性を訴える。
・散文詩「産業組合に心臓を与えよ」で「共済精神よ、高まれ!」と高らかに訴え。
・産業組合の保険会社買収計画を進言。紆余曲折後、共栄火災海上保険会社の設立へ。
・終戦後、協同組合保険研究会を組織。政府委員として協同組合保険の法制化に奮闘。
・1947(昭和22)年成立の農協法の共済条項をもとに、1948年7月、北海道共済連設立された。全国に先駆け、北海道で共済事業が開始した背景には、「共済」をめぐる三つの流れがあった。
・賀川を中心に協同組合保険法制化をめざした中央と、共済連を設立し全国展開を呼びかけた北海道。二つの流れが合流へ。賀川が北海道の実情報告を受け、下した決断とは?
・1951(昭和26)年1月、全共連が設立された。全共連顧問になった賀川は、共済事業指導者講習会で“火の出るような熱弁”で職員を指導。そして「錦の御旗」となった賀川の揮毫。30を超える県で”熱い”講演。
・初の全国表彰式での“思い”を込めた賀川豊彦の来賓挨拶とは?
・講演と伝道途上で倒れ、一年余の療養の甲斐なく1960年4月、71歳で永眠。
・賀川豊彦の「遺言」とは?

□おわりに
・誇り(pride)とは
                                                             以上

  ※講演内容の詳細は、下記ブログを参照してください。
            ↓
   http://blogs.yahoo.co.jp/kousiwd/33440246.html
  YAHOO ブログ [カテゴリ(ビジネスと経済-業界-人材教育)] 
  タイトル「JA共済研修講師日誌」
  • 主催者の方はこちら
  • 講師・出演者の方はこちら
  • マンガでわかる「SBマーケット」
  • SBコンシェル
ご利用者の声
  • 毎回、講師の選定が大変なストレスでしたが、どんな講師が応募してくれるだろう?と逆に楽しみに・・・ (福祉団体)
  • 講師募集から開催日まで時間がなかったにもかかわらず、すぐにメールが何通もきまして講師の層・・・ (業界団体)
  • いつも講師を探すのに苦労していましたが、今回は講師から、こちらの希望・条件にあわせて提案を・・・ (製造業)
  • 短期間で複数のセミナー案を企画しなくてはいけないので、毎回ネタに困っていました。講師の・・・ (OA機器販売)
  • 全国規模での「講演依頼」の内容・ニーズがよく分かり、講師側としての新たな勉強の意欲が・・・ (コンサルタント)
  • >>もっと見る
システムブレーンからのお知らせ
  • 2020年01月01日
    あけましておめでとうございます
    お陰様で弊社の新サービス「SBマーケット」も10年目となりました。皆さんの日頃のご支援、ご協力に心より感謝申し上げます。
    今年も宜しくお願いいたします。
  • 2019年07月05日
    募集内容の書き方など、お気軽にご相談下さい。
    初めてSBマーケットをご利用される方の多くが、「講師募集の内容は、どんな事を書いたら良いのだろう?」と悩まれます。
    そうした際にはお気軽に事務局までご相談下さい。
    講師からの良いご提案が多く集まるように、募集内容のアドバイスや加筆なども行っております。
  • 2019年04月01日
    新年度です!
    多くの団体様にとって、4月は新年度の事業・催事の準備を進められる時期かと思います。外部から講師を招いての講演会・研修・セミナーなどお考えでしたら、ぜひ当サービス「SBマーケット」をご活用下さい。
     実力ある講師の方々が、皆様のお役に立つ「ご提案」をしていただけます!

    ※詳しくは、「マンガでわかるSBマーケット」をご覧ください。