印刷する

~子どもの幸せって何だろう?~
『子どもの自己価値観を育む安心安全な場を作ろう』

講師名 やぐちくみこ
講師名よみ やぐちくみこ
肩書き 自分コミュニケーショントレーナー
働くママのスマイル応援カウンセラー
都道府県 神奈川県

プラン詳細

タイトル・演題 ~子どもの幸せって何だろう?~
『子どもの自己価値観を育む安心安全な場を作ろう』
スタイル区分 講演
想定する受講者区分 保護者(全般)
受講者の説明 ・子どもが心配、将来が不安と悩んでいる
・どんな言葉をかければ、子どもに伝わるのかと悩んでいる
・どうすれば、もっと子どもとの関係がよくなるのかと悩んでいる
受講者へ提供する価値
・伝えたい事
あなたは、お子さんのイジメや不登校、成績、友達、性格、成長などに心配や不安を抱えていませんか?
忙しい時、躾ける余裕がなく怒ってしまったり、他の子と同じようにできないことを責めてしまったり、何度も同じことを言わされたりと、イライラしていませんか?

子どもの幸せを願うからこそなのですが・・・。では、子どもの幸せって何でしょう?
『いくつになっても、何があっても安心して帰る場所がある』ことではないでしょうか。

近年、日本の子どもの6人に1人が貧困だと言われています。貧困には経済的、社会的な面もありますが、こころの貧困は、「なんで私だけ?」から始まり、「どうせ私なんて…」と自己価値観を失い、生きてゆく力を奪います。この状態は後に社会に出る前後において、大きな影響を及ぼします。
本講演では、子どもが幸せに生きていくために、今、必要な『安心安全な場』を作る方法をお伝えします。
講演内容・概要 区分: 教育・青少年育成
●子どもの自己価値感を育む安心安全な場とは?
 ・お母さんがニコニコしている場所
 ・自分を受け入れてくれる場所
 ・子どもの心身を健康に保つには『◯◯◯◯』を出せるかどうか

●子どものこころを育む言葉がけ
 ・ネガポジ言葉の威力を体感してみる
 ・イライラ言葉をスッキリ言葉に言い換えよう
 ・子どもの考える力を伸ばす良い質問
 ・より良い成長を育む褒め方のコツ

●お母さんがニコニコなほど、子どもは幸せ
 ・お母さんのこころと時間の空きを作る
 ・お母さんが幸せを感じる力を取り戻す
 ・『訊く』、『聞く』をやめて、『聴く』
 ・心配ではなく、子どもを信頼する簡単な方法
根拠・関連する活動歴 シングルマザーになり、子ども達には不憫な思いをさせまいと仕事に没頭する中、子ども達が不登校や精神的にバランスを崩し、薬付けになった経験、心理学を学び、自分自身が変わることで、家族とともに多くの問題を乗り越えてきた経験。
小学校のPTAでは、校外委員委員長としての経験。
主催者に準備を
お願いする物
プロジェクター、ホワイトボード、マイク
講師が準備するもの パソコン、レジュメ
  • 主催者の方はこちら
  • 講師・出演者の方はこちら
  • マンガでわかる「SBマーケット」
  • SBコンシェル
ご利用者の声
  • 毎回、講師の選定が大変なストレスでしたが、どんな講師が応募してくれるだろう?と逆に楽しみに・・・ (福祉団体)
  • 講師募集から開催日まで時間がなかったにもかかわらず、すぐにメールが何通もきまして講師の層・・・ (業界団体)
  • いつも講師を探すのに苦労していましたが、今回は講師から、こちらの希望・条件にあわせて提案を・・・ (製造業)
  • 短期間で複数のセミナー案を企画しなくてはいけないので、毎回ネタに困っていました。講師の・・・ (OA機器販売)
  • 全国規模での「講演依頼」の内容・ニーズがよく分かり、講師側としての新たな勉強の意欲が・・・ (コンサルタント)
  • >>もっと見る
システムブレーンからのお知らせ
  • 2019年04月01日
    新年度です!
    多くの団体様にとって、4月は新年度の事業・催事の準備を進められる時期かと思います。外部から講師を招いての講演会・研修・セミナーなどお考えでしたら、ぜひ当サービス「SBマーケット」をご活用下さい。
     実力ある講師の方々が、皆様のお役に立つ「ご提案」をしていただけます!

    ※詳しくは、「マンガでわかるSBマーケット」をご覧ください。
  • 2019年01月01日
    あけましておめでとうございます
    お陰様で弊社の新サービス「SBマーケット」も9年目となりました。皆さんの日頃のご支援、ご協力に心より感謝申し上げます。
    今年も宜しくお願いいたします。
  • 2018年07月05日
    募集内容の書き方など、お気軽にご相談下さい。
    初めてSBマーケットをご利用される方の多くが、「講師募集の内容は、どんな事を書いたら良いのだろう?」と悩まれます。
    そうした際にはお気軽に事務局までご相談下さい。
    講師からの良いご提案が多く集まるように、募集内容のアドバイスや加筆なども行っております。