印刷する

「大変だ―、ヤカンが燃えているー」
(えっ ヤカンって燃えるかー)

講師名 藤田英男
講師名よみ ふじたひでお
肩書き 元消防本部予防室長、
安全管理者RSTトレーナー
安全大会講師、講話・職長教育・特別教育講師
都道府県 新潟県

プラン詳細

タイトル・演題 「大変だ―、ヤカンが燃えているー」
(えっ ヤカンって燃えるかー)
スタイル区分 講演
想定する受講者区分 職場リーダー
受講者の説明 ・建設業、製造業、工場など「職長」が安全の大きな役割を果たします。その「職長」がいい加減であったためこんな火災事故があったのです。
受講者へ提供する価値
・伝えたい事
物にはそれぞれの「用途」が決まっています。しかし全く違う使い方をするとこんな危険があるのです。一歩間違えば大惨事。建設現場でも同じことが言えます。事故を防ぐには「用途外使用」を絶対になくすることが大切です。事例を話しながら納得して頂きます。
用途外使用は火災だけでなく、色々な事故・災害に結びつきます。
・初期消火の大切さ。消火器を正しく使えますか?、どこにありますか?、消火の原理がわかりますか?
こんなことをトークしながら確実な消火方法を見てもらいます。
講演内容・概要 区分: 安全管理・労働災害
ある寒い早朝、消防本部の通信指令室へ119番着信
「大変だー、ヤカンが燃えているー、早くきてー・・・」
「ハイこちらは消防本部です。火災ですね。落ち着いて下さい。何がどのように燃えているのか、よく見ておしえて下さい。消防車はすでに向かっていますから・・・」
「大きなストーブの上のヤカンがすごい大きな炎で燃えています。天井に届きそうです」
「ストーブから火が出ているのですね」
「違うー、ヤカンが燃えているー・・・はやくー」

消防隊到着。すると、結構大きな工事現場のプレハブ建物。1階休憩所兼事務所の大きな石油ストーブの上のヤカンが火か吹いていて、天井にも燃え移っている。プレハブは火の回りが早い。2階にも火の手が上がっている。
結果的に「1階休憩所兼事務所、2階宿舎」の大きなプレハブ建物は全焼、大やけどで重傷者数人と休憩所に置いてあった測量機械10台焼損。人的と物損多大な火災事故となってしまった。
聞いてみると、こんな様子だった・・・。
ミゾレの降る夕方、現場の休憩所へ戻ったある作業員が
「職長、明日使う灯油が少なくなっています。買ってきますか」
事務机に向かっている職長は、
「そうだなー、明日も吹雪模様だから買ってきてくれー」
「ハイ、何に入れてきますかー」
「いちいちうるさいなー、オレはいま今日のまとめで忙しんだ、その辺にポリタンクがあるだろう? 何でもいいから行って来い・・・」
とっ、言われた作業員は、赤い灯油専用と銘打って有るポリタンクを持って近くのガソリンスタンドから買ってきた。数個あるタンクの脇に置いて帰宅した。
次の日の早朝、
作業員が来る前に、早出のおばさんが熱いお茶を作っておくのが日課であった。いつも使っている赤いポリタンクに「水」と書いてあるのを確認して大きな丸いヤカンにたっぷりと入れた。ストーブを点火してお湯が沸くまで近くの自宅に戻った。このストーブは大型の業務用で天板にヤカンを置くと直ぐにお湯がわき便利に使っていたという。
暫くしてお茶作りに戻ろうと玄関を開けると事務所の窓が真っ赤になっているではないか。急いで事務所の戸を開けると「ビックリ仰天・・・」電話をつかんで
「ヤカンが燃えているー」と119番したのだ。
もうお分かりですね。このヤカンには灯油が入っていたのです。大きなヤカンで灯油を沸かしてしまったのです。一気に火が出るのは間違いありません。この休憩所兼事務所では水道が引かれていないのでポリタンクで水を保管して使っていました。赤いポリタンクに「水」と書いて・・・。
◇その日、おばちゃんは「水」と書いてあるポリタンクを使ったと証言しています。
◇灯油を買った作業員はこう証言しています。
「私は赤いポリタンクは灯油専用と言う事は知っています。水を入れるのは白いポリタンクなので、昨日は赤いポリタンクに買ってきてしっかりと蓋をして置いておきました。まさか赤いポリタンクに「水」と小さな字が有るとは知りませんでした」
◇おばさん曰く
「白いポリタンクは有ったのですがひびが入って水漏れが始まったので職長に聴いたら、その辺にある新しいポリタンクに水と書いて汲んで来て・・・と言われたので・・・」
「私はいつもこのポリタンクで水をついでいます。今朝も持ってみてまだ水が入っているのでヤカンに注いだんです」
消防の調査員、
「おばさん、ヤカンに注ぐ時、油のにおいは判りませんでしたか?」
◇「わたしゃー、2~3日前から鼻風邪を引いていて、鼻つんぼ!、全然匂いは判らないんですー」
さーってと、
悪いのは誰でしょうか?
根拠・関連する活動歴 火災原因の多くは、「ちょっとした言い違い行き違い」「一手間を抜いた」などが殆どです。難しい原因なんかはありません。
火災の現場を多く見てきました。特に「職長」はこんなことを注意しないと火災事故が起こるのです。
講演実績:40社、190人。

その他のプラン

  • 主催者の方はこちら
  • 講師・出演者の方はこちら
  • マンガでわかる「SBマーケット」
  • SBコンシェル
ご利用者の声
  • 毎回、講師の選定が大変なストレスでしたが、どんな講師が応募してくれるだろう?と逆に楽しみに・・・ (福祉団体)
  • 講師募集から開催日まで時間がなかったにもかかわらず、すぐにメールが何通もきまして講師の層・・・ (業界団体)
  • いつも講師を探すのに苦労していましたが、今回は講師から、こちらの希望・条件にあわせて提案を・・・ (製造業)
  • 短期間で複数のセミナー案を企画しなくてはいけないので、毎回ネタに困っていました。講師の・・・ (OA機器販売)
  • 全国規模での「講演依頼」の内容・ニーズがよく分かり、講師側としての新たな勉強の意欲が・・・ (コンサルタント)
  • >>もっと見る
システムブレーンからのお知らせ
  • 2018年01月01日
    あけましておめでとうございます
    お陰様で弊社の新サービス「SBマーケット」も9年目となりました。皆さんの日頃のご支援、ご協力に心より感謝申し上げます。
    今年も宜しくお願いいたします。
  • 2017年07月05日
    募集内容の書き方など、お気軽にご相談下さい。
    初めてSBマーケットをご利用される方の多くが、「講師募集の内容は、どんな事を書いたら良いのだろう?」と悩まれます。
    そうした際にはお気軽に事務局までご相談下さい。
    講師からの良いご提案が多く集まるように、募集内容のアドバイスや加筆なども行っております。
  • 2017年04月01日
    新年度です!
    多くの団体様にとって、4月は新年度の事業・催事の準備を進められる時期かと思います。外部から講師を招いての講演会・研修・セミナーなどお考えでしたら、ぜひ当サービス「SBマーケット」をご活用下さい。
     実力ある講師の方々が、皆様のお役に立つ「ご提案」をしていただけます!

    ※詳しくは、「マンガでわかるSBマーケット」をご覧ください。