印刷する

「びりっ」ときてびっくり転倒・・・感電事故を防ごう
「アースはとっても大切ですよ」

講師名 藤田英男
講師名よみ ふじたひでお
肩書き 元消防本部予防室長、
安全管理者RSTトレーナー
安全大会講師、講話・職長教育・特別教育講師
都道府県 新潟県

プラン詳細

タイトル・演題 「びりっ」ときてびっくり転倒・・・感電事故を防ごう
「アースはとっても大切ですよ」
スタイル区分 講演
想定する受講者区分 成人一般
受講者の説明 一般家庭、事業所、会社どこでも電気器具を使うところは感電事故の危険性があります。
また、工事現場の「発電機」は意外とアースは無いようです。大変危険です。特に工事現場の「水中ポンプ」絶対に接地してください。
想定受講者:現場代理人、現場作業員、一般市民全般
受講者へ提供する価値
・伝えたい事
感電は非常に怖い事故です。時には死に至ります。今はどこの何を使うにも「電気」が主力。こうして使えば「安心・安全」なのです。

現場の大型発電機の接地は、2本必要ですよ。1本はボディーアース。もう1本はELB(漏電ブレーカー)アース。一緒にしてはいけません。しかもできるだけ離してください。労災、感電事故を防ぎましょう。

みなさんに聞くと「電気は見えないから怖い・・・」といいます。(見えたら厄介で大変・・・)でもちょっとしたポイントを押さえておけばとっても便利で安全でクリーンなエネルギーなのです。
講演内容・概要 区分: 安全管理・労働災害
こんな感電事故がありました。
現場はあるアパートです。風呂場で倒れたという通報で出動です。
お風呂へ入るとき衣服を脱ぐのに脱衣場が狭いので風呂の床で脱ぎました。脱いだ衣服を脱衣場にある洗濯機に手を伸ばして入れたのです。途端に「びりっ、びりっ」ときて転倒しドアーのガラスに頭から突っ込んで頚部切創事故。頸動脈なら死亡事故です。

原因はこんな具合です。
洗濯機はかなり古く、しかもアースがとってなかったのです。この洗濯機は長い間に絶縁不良が起きていたのでしょう。そこへ、足元が水浸しの状態のまましかも裸(当たり前)で漏電している洗濯機の中へ手を入れたのです。加えて、少しまえに仮洗いしたままの洗濯物が入っていて水が入ったままの状態の中です。これは「どうぞ感電してください」と言わんばかりの電気回路状態です。
 ではなぜこの状態が危険なのか物理的、電気的に、そして、「接地」の重要性を説明します。理屈がわかればおのずと危険性が見えてきます。難しいことではありません。
それは・・・
・・・
中略
根拠・関連する活動歴 消防現役時代に多くの感電事故を見てきました。そしてその原因を究明し「座談会」などで多くの市民に訴えてきた実績があります。他の事例を2~3含めて約1時間の講話になります。

その他のプラン

  • 主催者の方はこちら
  • 講師・出演者の方はこちら
  • マンガでわかる「SBマーケット」
  • SBコンシェル
ご利用者の声
  • 毎回、講師の選定が大変なストレスでしたが、どんな講師が応募してくれるだろう?と逆に楽しみに・・・ (福祉団体)
  • 講師募集から開催日まで時間がなかったにもかかわらず、すぐにメールが何通もきまして講師の層・・・ (業界団体)
  • いつも講師を探すのに苦労していましたが、今回は講師から、こちらの希望・条件にあわせて提案を・・・ (製造業)
  • 短期間で複数のセミナー案を企画しなくてはいけないので、毎回ネタに困っていました。講師の・・・ (OA機器販売)
  • 全国規模での「講演依頼」の内容・ニーズがよく分かり、講師側としての新たな勉強の意欲が・・・ (コンサルタント)
  • >>もっと見る
システムブレーンからのお知らせ
  • 2018年01月01日
    あけましておめでとうございます
    お陰様で弊社の新サービス「SBマーケット」も9年目となりました。皆さんの日頃のご支援、ご協力に心より感謝申し上げます。
    今年も宜しくお願いいたします。
  • 2017年07月05日
    募集内容の書き方など、お気軽にご相談下さい。
    初めてSBマーケットをご利用される方の多くが、「講師募集の内容は、どんな事を書いたら良いのだろう?」と悩まれます。
    そうした際にはお気軽に事務局までご相談下さい。
    講師からの良いご提案が多く集まるように、募集内容のアドバイスや加筆なども行っております。
  • 2017年04月01日
    新年度です!
    多くの団体様にとって、4月は新年度の事業・催事の準備を進められる時期かと思います。外部から講師を招いての講演会・研修・セミナーなどお考えでしたら、ぜひ当サービス「SBマーケット」をご活用下さい。
     実力ある講師の方々が、皆様のお役に立つ「ご提案」をしていただけます!

    ※詳しくは、「マンガでわかるSBマーケット」をご覧ください。