印刷する

今日から病気も友達 
~病気と対立せず共存する生き方で幸せになろう~

講師名 河野陽炎
講師名よみ こうのかげろう
肩書き ライター、コラムニスト
都道府県 大阪府

プラン詳細

タイトル・演題 今日から病気も友達 
~病気と対立せず共存する生き方で幸せになろう~
スタイル区分 講演
想定する受講者区分 成人一般
受講者の説明 闘病中の人
闘病を見守る立場の人
受講者へ提供する価値
・伝えたい事
入院、通院などの事情を抱えながら、自分のやりたいこと、なりたいものを見つける方法

大学院在学中に入院、手術を経験し、その後もさまざまな病気と共存しながら26の資格を取得、在宅仕事で生計を立てている具体的な方法

誰でも明日から実践できる「心の持ちよう」「進む道の決め方」
講演内容・概要 区分: メンタルヘルス
1.河野陽炎の道のり
・大学院在学中にメニエール病と子宮内膜症にかかった
・その後もパニック障害、対人恐怖症、乳腺の病気、アナフィラキシーショック、成人喘息などさまざまな病気と共存してきた

2.病気と友達になったことで手に入れたもの
・一般企業への就職を諦めたことで、時代の最先端ともいえる「在宅で仕事をする」スタイルを得た
・他の患者さんのために続けてきた活動が、ライター、コラムニストという仕事につながった
・ライター業が軌道にのった今、「まさに闘病中や介護中で悩んでいる」という人の力になりたいと思う
・「今日から病気も友達」という本を執筆した理由

3.仕事に関する苦労
・健康な人に比べて、通院などの時間がかかるので、仕事量が制限される
・外出できる時間が制限されると、インタビュー取材の仕事はなかなか受けられない
・報酬の不払いなどのトラブルがあったとき、心理的ショックが健康状態に直結する

4.制限があるから、新しいビジネススタイルを生み出せる
・自分を仕事に合わせるのではなく、仕事を自分に合わせる
・孤独な経営者だからこそ、誰にも夢を邪魔されない
・経験者だからこそ、同じ苦労をしている人に、新しい視野を持つことを伝えられる

5.夢をあきらめないための方法
・ライフプラン、キャリアプランを立て、時折見直しながら暮らす
・問題が起きたら「ヒト、モノ、カネ、情報、時間」の何についての問題かを考える
・身体を磨くことができなくても、心を研ぎ澄ますことはできる
根拠・関連する活動歴 メニエール病で入院・手術を経験し、主治医とも相談しながら、インターネットを通して他の患者さんのお話を伺う活動を、13年以上にわたり続けてきたこと

「今日から病気も友達」という本を執筆したこと
主催者に準備を
お願いする物
レジュメのコピー(事前にPDFファイルをお送りします)、ホワイトボード
講師が準備するもの レジュメの原本
  • 主催者の方はこちら
  • 講師・出演者の方はこちら
  • マンガでわかる「SBマーケット」
  • SBコンシェル
ご利用者の声
  • 毎回、講師の選定が大変なストレスでしたが、どんな講師が応募してくれるだろう?と逆に楽しみに・・・ (福祉団体)
  • 講師募集から開催日まで時間がなかったにもかかわらず、すぐにメールが何通もきまして講師の層・・・ (業界団体)
  • いつも講師を探すのに苦労していましたが、今回は講師から、こちらの希望・条件にあわせて提案を・・・ (製造業)
  • 短期間で複数のセミナー案を企画しなくてはいけないので、毎回ネタに困っていました。講師の・・・ (OA機器販売)
  • 全国規模での「講演依頼」の内容・ニーズがよく分かり、講師側としての新たな勉強の意欲が・・・ (コンサルタント)
  • >>もっと見る
システムブレーンからのお知らせ
  • 2018年01月01日
    あけましておめでとうございます
    お陰様で弊社の新サービス「SBマーケット」も9年目となりました。皆さんの日頃のご支援、ご協力に心より感謝申し上げます。
    今年も宜しくお願いいたします。
  • 2017年07月05日
    募集内容の書き方など、お気軽にご相談下さい。
    初めてSBマーケットをご利用される方の多くが、「講師募集の内容は、どんな事を書いたら良いのだろう?」と悩まれます。
    そうした際にはお気軽に事務局までご相談下さい。
    講師からの良いご提案が多く集まるように、募集内容のアドバイスや加筆なども行っております。
  • 2017年04月01日
    新年度です!
    多くの団体様にとって、4月は新年度の事業・催事の準備を進められる時期かと思います。外部から講師を招いての講演会・研修・セミナーなどお考えでしたら、ぜひ当サービス「SBマーケット」をご活用下さい。
     実力ある講師の方々が、皆様のお役に立つ「ご提案」をしていただけます!

    ※詳しくは、「マンガでわかるSBマーケット」をご覧ください。