印刷する

限界集落からも脱却した人を惹きつけ実現するミッション・ビジョンの作り方

講師名 多田朋孔
講師名よみ ただともよし
肩書き NPO法人地域おこし事務局長
総務省地域力創造アドバイザー
都道府県 新潟県

プラン詳細

タイトル・演題 限界集落からも脱却した人を惹きつけ実現するミッション・ビジョンの作り方
スタイル区分 講演
想定する受講者区分 企業経営者
受講者の説明 やる気のある人材を採用し、自分の思い描く将来像を本気で実現したい経営者
受講者へ提供する価値
・伝えたい事
労働人口が減り、人手不足の時代でも、社会的意義のあるミッション・ビジョンを打ちたてることで人材を採用する事は出来るという事
ビジョンを掲げたが絵に描いた餅にせず、実際に実現するための方法
講演内容・概要 区分: 地域活性
6世帯13名の限界集落が、13年間の取組みの中で移住者を呼び込む等して11世帯25名にまで復活するまでの実例を具体的にお話し、やる気のある人を惹きつけるような社会的意義のあるミッション・ビジョンを作り、実現していく際のポイントを解説します。
根拠・関連する活動歴 ■背景・活動歴など
2010年2月に池谷集落に移住し、地域の活動団体をNPO法人化させ、理事・事務局長として経営。
池谷集落は私が移住する直前は6世帯13名で高齢化率62%、子供はいなかったが、2018年3月現在は11世帯25名で高齢化率は40%、年少人口(0歳~14歳)割合は24%と全国平均の約2倍と若返る。
自身でも米、野菜を生産しながら地域おこしの取り組みを継続している。
池谷集落の取り組み以外では、都会から田舎への移住支援や田舎での起業支援研修の開催、地方創生フォーラムへの登壇、故鳩山邦夫氏が本部長を務める地方創生実行統合本部地方創生検証委員会や、内閣府の「食料・農業・経済研究会」において現場の意見を政府に伝えるなど地方創生の分野で幅広く活動している。

■受賞歴
・Forbes JAPAN「ローカル・イノベーター55選」で関東甲信越地区読者投票1位に選出
・地方自治法施行70周年記念総務大臣表彰 個人表彰「地方自治の功労者(民間人)」
主催者に準備を
お願いする物
プロジェクター、スクリーン、会場が広い場合はマイク
講師が準備するもの パソコン
  • 主催者の方はこちら
  • 講師・出演者の方はこちら
  • マンガでわかる「SBマーケット」
  • SBコンシェル
ご利用者の声
  • 毎回、講師の選定が大変なストレスでしたが、どんな講師が応募してくれるだろう?と逆に楽しみに・・・ (福祉団体)
  • 講師募集から開催日まで時間がなかったにもかかわらず、すぐにメールが何通もきまして講師の層・・・ (業界団体)
  • いつも講師を探すのに苦労していましたが、今回は講師から、こちらの希望・条件にあわせて提案を・・・ (製造業)
  • 短期間で複数のセミナー案を企画しなくてはいけないので、毎回ネタに困っていました。講師の・・・ (OA機器販売)
  • 全国規模での「講演依頼」の内容・ニーズがよく分かり、講師側としての新たな勉強の意欲が・・・ (コンサルタント)
  • >>もっと見る
システムブレーンからのお知らせ
  • 2020年01月01日
    あけましておめでとうございます
    お陰様で弊社の新サービス「SBマーケット」も10年目となりました。皆さんの日頃のご支援、ご協力に心より感謝申し上げます。
    今年も宜しくお願いいたします。
  • 2019年07月05日
    募集内容の書き方など、お気軽にご相談下さい。
    初めてSBマーケットをご利用される方の多くが、「講師募集の内容は、どんな事を書いたら良いのだろう?」と悩まれます。
    そうした際にはお気軽に事務局までご相談下さい。
    講師からの良いご提案が多く集まるように、募集内容のアドバイスや加筆なども行っております。
  • 2019年04月01日
    新年度です!
    多くの団体様にとって、4月は新年度の事業・催事の準備を進められる時期かと思います。外部から講師を招いての講演会・研修・セミナーなどお考えでしたら、ぜひ当サービス「SBマーケット」をご活用下さい。
     実力ある講師の方々が、皆様のお役に立つ「ご提案」をしていただけます!

    ※詳しくは、「マンガでわかるSBマーケット」をご覧ください。