印刷する

管理職の意識改革が女性部下のやる気を引き出す【管理職のための女性部下育成セミナー】

講師名 太田章代
講師名よみ おおたあきよ
肩書き アイキャリア株式会社 代表取締役

ビジネスコミュニケーション専門家
都道府県 愛知県

プラン詳細

タイトル・演題 管理職の意識改革が女性部下のやる気を引き出す【管理職のための女性部下育成セミナー】
スタイル区分 講演
想定する受講者区分 企業経営者
受講者の説明 ・女性管理職登用に向けての育成計画に悩んでいる経営者・リーダー
・実力ある女性が育っておらず、女性管理職の育成が進まないと感じている経営者・リーダー
・女性のキャリア・働き方を理解して現場に落とし込みたい経営者・リーダー
・女性ならではの特性やタイプ別の対応を習得したい経営者リーダー
受講者へ提供する価値
・伝えたい事
アベノミクスが掲げる成長戦略には「女性活躍推進」が重要項目として盛り込まれていますが、女性が管理職や経営幹部に進出しているケースは多くはありません。実際の現場では、経営者やリーダー幹部の理解と関与がまだまだ不足しているのが現状です。女性活躍推進というテーマにおいて、中小企業が取り組むべきは経営者自身やリーダー幹部の積極的な理解が重要であることは、専門家や取り組み先進企業から繰り返し語られています。
一方で、現場からは「女性社員は扱いづらい」「女性社員が管理職になりたがらない」などの悩みが多く聞かれます。弊社が考える「女性活躍推進」の第一歩は、【女性を育成する男性経営者や管理職】の意識変革が最優先課題だと考えています。男性上司が女性社員との接し方を知るだけで、女性活躍推進は大きく前進します。
講演内容・概要 区分: リーダーシップ
①女性を取巻く環境を知る
②女性部下とのコミュニケーションの現状
③「男脳・女脳」価値観の違い
④やる気にさせる指導法
根拠・関連する活動歴 私は前職の広告代理店で管理職になり、30人の部下の育成をしていました。
その時に総務部主任の女性から
「なんで〇〇さんばかり、かわいがるのですか」と言われたのです。
自分ではそんなつもりはありませんでした。「えこひいきしている・・・」と言われたときに、女性である私でも、女性の気持ちがわからなかったことに気づいたのです。その後、総務部主任の女性とは良好な関係を築き、総務部の手が空いた時には、「アポイントします」と自ら営業のサポートをしてくれるようになりました。
男性と女性は言うまでもなく、行動や思考パターンが違います。女性は対応次第でベストパートナーになることも、敵になることもあります。
まずは、女性ならではの家庭や仕事への価値観や考え方の特性を学び、具体的に現場レベルでのコミュニケーション方法を身につけることで、女性社員に対する「苦手意識」を払拭することです。

労働者人口が減少している日本には「女性活躍推進」を加速化させることは必須です。
男性と女性が理解をし合い、最強のチームを築いていきましょう。
未来の日本を創るお手伝いを、ぜひさせてください。
  • 主催者の方はこちら
  • 講師・出演者の方はこちら
  • マンガでわかる「SBマーケット」
  • SBコンシェル
ご利用者の声
  • 毎回、講師の選定が大変なストレスでしたが、どんな講師が応募してくれるだろう?と逆に楽しみに・・・ (福祉団体)
  • 講師募集から開催日まで時間がなかったにもかかわらず、すぐにメールが何通もきまして講師の層・・・ (業界団体)
  • いつも講師を探すのに苦労していましたが、今回は講師から、こちらの希望・条件にあわせて提案を・・・ (製造業)
  • 短期間で複数のセミナー案を企画しなくてはいけないので、毎回ネタに困っていました。講師の・・・ (OA機器販売)
  • 全国規模での「講演依頼」の内容・ニーズがよく分かり、講師側としての新たな勉強の意欲が・・・ (コンサルタント)
  • >>もっと見る
システムブレーンからのお知らせ
  • 2021年08月31日
    「SBマーケット」サービス終了のお知らせ


    この度、急激な変革期を鑑み、2021年9月末日を以て「SBマーケットサービス」を終了させていただく事となりました。

    ●9月末日をもって、新規の講師募集案件は受付終了となります。

    ●既に講師募集を開始された案件、講師が決定している案件につきましては、10月以降もSBマイページでのやり取りを重ねていただき、開催終了まで進行していただけます。

    長らく当サービスをご活用頂きました主催者様、講師の方々に深く御礼申し上げます。
    今後は、「SBコンシェル」サービスに注力して、オンライン開催を含めた皆様の多様なご要望にお応えしていく所存です。

    突然のご案内となり誠に申し訳ございません。何卒ご理解・ご容赦いただきますようお願い申し上げます。