印刷する

現場のための安全コミュニケーション〜安全は良好な人間関係から〜

講師名 太田章代
講師名よみ おおたあきよ
肩書き アイキャリア株式会社 代表取締役
感動コミュニケーションクラブ 主宰
都道府県 愛知県

プラン詳細

タイトル・演題 現場のための安全コミュニケーション〜安全は良好な人間関係から〜
スタイル区分 講演
想定する受講者区分 中小企業経営者
受講者の説明 1)社員との人間関係や、取引先、家族とのコミュニケーションがうまくいかず悩んでいる経営者や個人事業主の方
2)業務上においてコミュニケーションギャップによる意識伝達の不備、及び現場での危機管理を向上させたい作業員及び作業監督者の方
受講者へ提供する価値
・伝えたい事
<建築関係や土木、電気工事など工事の現場に関わる全ての皆様へ>

現場では、「たった一言」のコミュニケーション不足により
取り返しのつかないような大きな事故や、ミスにつながるケースがあとを絶ちません。


これらを改善するためには、現場に携わる人々がどのようにして人間関係を築く必要があるのでしょうか?
この講演では「自分と他人の違い」を認識して、正確で速やかな情報伝達を実現するとともに、職場での人間関係を円滑にする「コミュニケーションの原則」をお伝えいたします。


現場での事故を未然に防ぐためには「作業者同士のコミュニケーション」が重要です。意思の疎通を円滑にして、より良い環境で仕事を進めましょう

「楽しくないと記憶に残らない」をモットーに、 ワークや笑いを取り入れた参加型の講演ですので
眠くならず、持ち帰って今日から使える実践的内容となっております。
講演内容・概要 区分: 安全管理・労働災害
1.人を動かすコミュニケーションの仕組み
(1)成功循環サイクル

2.他者との違いを認める肯定力
(1)自分と他者は考え方が違う
(2)人として大切なこと

3. 事故を減らす伝達力
(1)上司の指示が部下に伝わらない
(2)選択的注意
根拠・関連する活動歴 ※当講演は建築業等の安全大会においてご好評いただいております。
また、ご要望があれば安全意識に関する内容を盛り込む等のカスタマイズも可能です。


講師歴13年でセミナー登壇1,300本以上、経営者10,000名以上、ビジネスセミナーの受講者14,000名と関わってきた中で、人生で最も重要な『コミュニケーション』や『マナー』がうまくいかず、職場が暗くなってしまったり、家庭が暗くなってしまったり、、「なんでわかってもらえないんだろう・・」「なんで、あの人に伝わらないんだろう・・」という声をたくさん聞いてきました。しかし、人それぞれが自分を認めて他人を認めるだけで人間関係は大きく改善されます。それを私は伝えたい!そう思っています。
  • 主催者の方はこちら
  • 講師・出演者の方はこちら
  • マンガでわかる「SBマーケット」
  • SBコンシェル
ご利用者の声
  • 毎回、講師の選定が大変なストレスでしたが、どんな講師が応募してくれるだろう?と逆に楽しみに・・・ (福祉団体)
  • 講師募集から開催日まで時間がなかったにもかかわらず、すぐにメールが何通もきまして講師の層・・・ (業界団体)
  • いつも講師を探すのに苦労していましたが、今回は講師から、こちらの希望・条件にあわせて提案を・・・ (製造業)
  • 短期間で複数のセミナー案を企画しなくてはいけないので、毎回ネタに困っていました。講師の・・・ (OA機器販売)
  • 全国規模での「講演依頼」の内容・ニーズがよく分かり、講師側としての新たな勉強の意欲が・・・ (コンサルタント)
  • >>もっと見る
システムブレーンからのお知らせ
  • 2018年01月01日
    あけましておめでとうございます
    お陰様で弊社の新サービス「SBマーケット」も9年目となりました。皆さんの日頃のご支援、ご協力に心より感謝申し上げます。
    今年も宜しくお願いいたします。
  • 2017年07月05日
    募集内容の書き方など、お気軽にご相談下さい。
    初めてSBマーケットをご利用される方の多くが、「講師募集の内容は、どんな事を書いたら良いのだろう?」と悩まれます。
    そうした際にはお気軽に事務局までご相談下さい。
    講師からの良いご提案が多く集まるように、募集内容のアドバイスや加筆なども行っております。
  • 2017年04月01日
    新年度です!
    多くの団体様にとって、4月は新年度の事業・催事の準備を進められる時期かと思います。外部から講師を招いての講演会・研修・セミナーなどお考えでしたら、ぜひ当サービス「SBマーケット」をご活用下さい。
     実力ある講師の方々が、皆様のお役に立つ「ご提案」をしていただけます!

    ※詳しくは、「マンガでわかるSBマーケット」をご覧ください。