印刷する

【若手自治体職員向け】モチベーションアップ研修

講師名 宮嶋順也
講師名よみ みやじまじゅんや
肩書き スーパー市役所職員養成メンター
(元市役所職員)
UDEMYプレミアム講師
都道府県 埼玉県

プラン詳細

タイトル・演題 【若手自治体職員向け】モチベーションアップ研修
スタイル区分 研修
想定する受講者区分 行政職員
受講者の説明 新入職員~入庁5年目程度の若手職員
受講者へ提供する価値
・伝えたい事
職員として新規採用当初は誰だって「市民の役に立つ仕事をしたい」と意気込んでいるもの。
それが1年経ち、2年経つうちに、職場の大黒柱となる「スーパー職員」になる人材もいれば、だんだんとモチベーションが下がり、ただ職場に来るだけな、定時が待ち遠しい職員も出てきてしまうんです。
しかし、大した仕事も任されず定時まで時間をつぶすだけの職員は、決してラクして幸せではありません。
スタートは同じはずなのに、どこで「スーパー職員」と「ダメ職員」に分かれるのか。
そして、職員本人がいい仕事をすることで、その成果を享受する市民にとってメリットがあり、頼れる同僚をもった職場の仲間も幸せになり、なにより市民に感謝され同僚に頼られる職員本人が幸せになるという「Win-Win-Win」の輪を広げる仕事の仕方を提案します。
具体的には、市民から嫌がられる「お役人」の要素をピックアップして分析し、その逆をいくにはどうするかを、受講者とともに検討します。
講師の自治体職員経験から、モチベーションが落ちるつまづきポイントを紹介し、その乗り越え方なども紹介します。
講演内容・概要 区分: モチベーション
「できる」職員とは?
「できない」職員とは?
「こういう職員にはなりたくない」要素の洗い出し
・専守防衛・前例主義・セクト主義・後ろ向き・丸投げ体質など
「こうはなりたくない」要素をひっくり返すと?
仕事が「できる」「できない」を分けるもの
根拠・関連する活動歴 自治体職員として福祉の現場や市民対応の最前線での13年間の経験から、同期で入庁し、当初同じ程度の意欲を持っていたにも関わらず、職場で屋台骨として頼られる「スーパー職員」と、なるべく自分の仕事を減らし周りからも「早く異動してくれ」と思われる「ダメ職員」に分かれるところもさんざん見てきました。
「スーパー職員」と「ダメ職員」を分ける分水嶺は、些細なきっかけなのです。
  • 主催者の方はこちら
  • 講師・出演者の方はこちら
  • マンガでわかる「SBマーケット」
  • SBコンシェル
ご利用者の声
  • 毎回、講師の選定が大変なストレスでしたが、どんな講師が応募してくれるだろう?と逆に楽しみに・・・ (福祉団体)
  • 講師募集から開催日まで時間がなかったにもかかわらず、すぐにメールが何通もきまして講師の層・・・ (業界団体)
  • いつも講師を探すのに苦労していましたが、今回は講師から、こちらの希望・条件にあわせて提案を・・・ (製造業)
  • 短期間で複数のセミナー案を企画しなくてはいけないので、毎回ネタに困っていました。講師の・・・ (OA機器販売)
  • 全国規模での「講演依頼」の内容・ニーズがよく分かり、講師側としての新たな勉強の意欲が・・・ (コンサルタント)
  • >>もっと見る
システムブレーンからのお知らせ
  • 2021年08月31日
    「SBマーケット」サービス終了のお知らせ


    この度、急激な変革期を鑑み、2021年9月末日を以て「SBマーケットサービス」を終了させていただく事となりました。

    ●9月末日をもって、新規の講師募集案件は受付終了となります。

    ●既に講師募集を開始された案件、講師が決定している案件につきましては、10月以降もSBマイページでのやり取りを重ねていただき、開催終了まで進行していただけます。

    長らく当サービスをご活用頂きました主催者様、講師の方々に深く御礼申し上げます。
    今後は、「SBコンシェル」サービスに注力して、オンライン開催を含めた皆様の多様なご要望にお応えしていく所存です。

    突然のご案内となり誠に申し訳ございません。何卒ご理解・ご容赦いただきますようお願い申し上げます。