印刷する

自分をマネジメントし、モチベーションをアップする
セルフコーチング研修

講師名 矢野紗基
講師名よみ やのさき
肩書き ビジネス&マーケティングコーチ
都道府県 広島県

プラン詳細

タイトル・演題 自分をマネジメントし、モチベーションをアップする
セルフコーチング研修
スタイル区分 講演
想定する受講者区分 職場リーダー
受講者の説明 ・部下とのコミュニケーションを円滑にはかることで、職場風土の改革を目指すリーダー
・全社一丸となって成長発展を望む小さな会社の経営者の方
受講者へ提供する価値
・伝えたい事
セルフコーチングとは、「自分で自分をコーチする」ことです。自分が自分の人生を舵取りしている意識と、建設的で前向きな思考を育てることを目的とした、自分自身をマネジメントする方法のひとつです。
慌ただしい日常でストレスフルな時間を過ごしていく中、自分の価値を感じることや、互いに認め合い、目標に向かう意欲を継続する機会が失われると、組織全体のモチベーションがダウンしていきます。
各自が、自分に価値を感じ、前向きな思考を持つのはとても重要なことです。
特にリーダーがセルフコーチングを習慣とすることで、人に対するコーチ力も上がり、組織風土全体が活性化されることが期待できます。
本研修では、その基本的として自分のあり方にフォーカスし、自分自身と向き合うきっかけをつくります。

①自分との質の良い対話を習慣化するための基本を学びます。
②ワークを通して、自分のあり方を考えます。
③自分の価値を知り、人の価値を認めることの大切さを理解します。
④モチベーションアップと気づきを促します。
⑤互いに信頼関係を築き、組織内でのつながりの重要性を理解します。
講演内容・概要 区分: モチベーション
時間の長さ、受講者の理解度により、多少内容が変更となります。

1.セルフコーチングとは?
 ・コーチングの基本
 ・セルフコーチングのポイント

2.パワーを強化する
 ・価値観を明確にする
 ・未完了を完了する

3.成長のサイクルをつくる
 ・自己イメージと自己対話
 ・自分を認める・相手を認める
 ・自己イメージを高める

4.未来へ向かう
 ・ライフバランスと目標設定
 ・効果的な目標の作り方

5.チーム力を育てる
 ・ビジョン(成功のイメージ)の共有
根拠・関連する活動歴 コーチングスキルの研修同様、病院の師長、生保会社の営業所長、学校の教頭先生、勤続10年の職場リーダーなどを対象におこなってきたプログラムです。自分自身と向き合いながら、自分をきちんと認める時間になり、エネルギーを蓄えることができた、と好評です。
主催者に準備を
お願いする物
ホワイトボード
必要部数分コピーしたテキスト
  • 主催者の方はこちら
  • 講師・出演者の方はこちら
  • マンガでわかる「SBマーケット」
  • SBコンシェル
ご利用者の声
  • 毎回、講師の選定が大変なストレスでしたが、どんな講師が応募してくれるだろう?と逆に楽しみに・・・ (福祉団体)
  • 講師募集から開催日まで時間がなかったにもかかわらず、すぐにメールが何通もきまして講師の層・・・ (業界団体)
  • いつも講師を探すのに苦労していましたが、今回は講師から、こちらの希望・条件にあわせて提案を・・・ (製造業)
  • 短期間で複数のセミナー案を企画しなくてはいけないので、毎回ネタに困っていました。講師の・・・ (OA機器販売)
  • 全国規模での「講演依頼」の内容・ニーズがよく分かり、講師側としての新たな勉強の意欲が・・・ (コンサルタント)
  • >>もっと見る
システムブレーンからのお知らせ
  • 2020年01月01日
    あけましておめでとうございます
    お陰様で弊社の新サービス「SBマーケット」も10年目となりました。皆さんの日頃のご支援、ご協力に心より感謝申し上げます。
    今年も宜しくお願いいたします。
  • 2019年07月05日
    募集内容の書き方など、お気軽にご相談下さい。
    初めてSBマーケットをご利用される方の多くが、「講師募集の内容は、どんな事を書いたら良いのだろう?」と悩まれます。
    そうした際にはお気軽に事務局までご相談下さい。
    講師からの良いご提案が多く集まるように、募集内容のアドバイスや加筆なども行っております。
  • 2019年04月01日
    新年度です!
    多くの団体様にとって、4月は新年度の事業・催事の準備を進められる時期かと思います。外部から講師を招いての講演会・研修・セミナーなどお考えでしたら、ぜひ当サービス「SBマーケット」をご活用下さい。
     実力ある講師の方々が、皆様のお役に立つ「ご提案」をしていただけます!

    ※詳しくは、「マンガでわかるSBマーケット」をご覧ください。