印刷する

あの時の愛を忘れないで!幸せな親子になろうよ!
~親の愛の伝え方~

講師名 寺本弘太郎
講師名よみ てらもとこうたろう
肩書き 教育プロデューサー
メンタルアドバイザー
都道府県 兵庫県

プラン詳細

タイトル・演題 あの時の愛を忘れないで!幸せな親子になろうよ!
~親の愛の伝え方~
スタイル区分 講演
想定する受講者区分 保護者(小学校)
受講者の説明 子育てをされている保護者の皆さま
子どもの教育に関わっておられる方々
受講者へ提供する価値
・伝えたい事
あの時の愛って?
それは、我が子ががおなかの中にいたとき、そして生まれたとき湧いてきた子どもへの想い。

あなたは、あなたの愛する子どもたちにどんな思い出を残してあげたいと思いますか。
あなたの優しい笑顔ですか。怒る顔ですか。
あなたの笑い声ですか。怒鳴り声ですか。
子どもたちはあなたを五感すべてで感じています
子どもたちはあなたの心を感じています。
さぁ、あなたの愛を心よりあふれさせて、
子どもたちの心に素晴らしい思い出を創っていこうではありませんか。
講演内容・概要 区分: 教育・青少年育成
子育ては本当に大変で、ついつい子どもに対する愛をわすれてしまう事があります。そして、我が子が生まれたときに湧いてきた「将来は心身共に健康で、幸せになって欲しい」という思いより、「学校の成績が・・・」「普段の生活態度が・・・」など目の前の問題点に気持ちがいってしまいがちです。

現在は、価値観の多様化と、情報の氾濫によって、何を我が子にに学ばせれば良いか、どのように我が子と接すればよいか迷ってしまいます。
そして、いつしかその影響を受けて忘れてしまいそうになるあの時の想い・・・

時代が変われども子育ての知恵やコツというのは不変であり、そのベースになるのは親や子どもと関わる大人の愛なんです。

「愛」という言葉には「心」という漢字が入っています。こんな愛ある心で子どもたちを包んであげたら。本当に素晴らしいことです。
心にいつも我が子が生まれたとき湧いてきた愛を!愛のエネルギーをあなたの愛し子に!

我が子が生まれたときの愛を思い出し、感動のエネルギーで子育てのの為のエネルギーを湧かせていただければと思います。

そして、私の師匠、メンタルトレーニングの権威である長谷川一彌先生直伝の「愛にあふれる家庭教育をするための5つの知恵」をお伝えします。
(進行例 ※他にご希望のテーマがあれば変更可能です。)
1,オープニングムービー
2,なぜ、同じだけ努力をしてもできることそうでない子できる理由。
3,焦らないで!子どもの成長には時間がかかる!10年20年先にならないとわからないことがある。
4,今、求められている力と学習指導要領改訂について。
5,愛にあふれる家庭教育をするための5つの知恵!

 (智恵 「優先順位決定法」)
 人(子どもや部下など)を育てる上での大きな問題は、指導的立場の人間(親・教師・指導者・上司など)の焦りです。焦った指導者は指導するときに一気にいくつもの問題点や課題、すべき事などを指摘・指示してしまいます。
 大人でもそうですが、物事に行き詰まる最大の原因は、様々な情報が混ざってしまうからなのです。絵の具の色を全部混ぜると黒色になってしまうようなものです。また、人の声や音が混ざると雑音になります。人間の心も同じように、色々な思いが混ざると雑念になります。
 このように様々な情報が混ざってしまうと脳の中ではストレスが生じてしまいます。その結果、脳の思考機能が低下して問題を解決できなくなってしまいます。
 このような状況を切り抜けるには、心の整理が必要です。混ざっている様々な悩みや問題を優先順位決定法で一度切り離し、するべき事を1つに絞ることで悩みや問題を早期に解決することができます。
                    ※上記他4つ、実際の事例を含めて具体的にお伝えします。
根拠・関連する活動歴 元中学校教員
指導困難校でどのように子どもと接するか?
どのように子どもたちの心を成長させるか?
子どもの教育法について研究・実践し、クラス内年間指導件数ゼロとなった。

現在は、高校の特別講師や専門学校にてメンタル(集中力)の指導をすると共に、多くの保護者の相談を受けている。

教員時代に、集中力を高めサインを使わない「ノーサインベースボール」で秋に1回戦負けだったチームが春の地区大会で優勝。兵庫県ベスト8に。
短時間集中力勉強法で 個別指導している生徒の偏差値を20以上上げる。
週3回の塾から週1回の個別指導に変え、3ヶ月後のテストの点が40点台から80点台へ。
専門学校 「スポーツメンタル」授業担当し、集中力トレーニングを実践した選手のチームが優勝!
公立高校 社会力育成 特別非常勤講師 「高校生のための集中力~社会へ出るときに必要なメンタル~」

公民館・民間団体での講師経験あり(詳しくは動画をご覧ください)
主催者に準備を
お願いする物
スクリーン・プロジェクター
講師が準備するもの PC・配付資料
  • 主催者の方はこちら
  • 講師・出演者の方はこちら
  • マンガでわかる「SBマーケット」
  • SBコンシェル
ご利用者の声
  • 毎回、講師の選定が大変なストレスでしたが、どんな講師が応募してくれるだろう?と逆に楽しみに・・・ (福祉団体)
  • 講師募集から開催日まで時間がなかったにもかかわらず、すぐにメールが何通もきまして講師の層・・・ (業界団体)
  • いつも講師を探すのに苦労していましたが、今回は講師から、こちらの希望・条件にあわせて提案を・・・ (製造業)
  • 短期間で複数のセミナー案を企画しなくてはいけないので、毎回ネタに困っていました。講師の・・・ (OA機器販売)
  • 全国規模での「講演依頼」の内容・ニーズがよく分かり、講師側としての新たな勉強の意欲が・・・ (コンサルタント)
  • >>もっと見る
システムブレーンからのお知らせ
  • 2018年01月01日
    あけましておめでとうございます
    お陰様で弊社の新サービス「SBマーケット」も9年目となりました。皆さんの日頃のご支援、ご協力に心より感謝申し上げます。
    今年も宜しくお願いいたします。
  • 2017年07月05日
    募集内容の書き方など、お気軽にご相談下さい。
    初めてSBマーケットをご利用される方の多くが、「講師募集の内容は、どんな事を書いたら良いのだろう?」と悩まれます。
    そうした際にはお気軽に事務局までご相談下さい。
    講師からの良いご提案が多く集まるように、募集内容のアドバイスや加筆なども行っております。
  • 2017年04月01日
    新年度です!
    多くの団体様にとって、4月は新年度の事業・催事の準備を進められる時期かと思います。外部から講師を招いての講演会・研修・セミナーなどお考えでしたら、ぜひ当サービス「SBマーケット」をご活用下さい。
     実力ある講師の方々が、皆様のお役に立つ「ご提案」をしていただけます!

    ※詳しくは、「マンガでわかるSBマーケット」をご覧ください。