印刷する

旧日本陸軍と海軍に学ぶ組織のあり方

講師名 瀧津 孝
講師名よみ たきつこう
肩書き 歴史エンターテインメント作家
日本史激動期研究家
都道府県 東京都

プラン詳細

タイトル・演題 旧日本陸軍と海軍に学ぶ組織のあり方
スタイル区分 講演
想定する受講者区分 経営幹部
受講者の説明 企業や団体の経営者、経営幹部、内部のチームリーダーなど、組織の立ち上げや運営に関わる方を対象とします。
受講者へ提供する価値
・伝えたい事
旧日本陸軍と旧日本海軍の実態については、日本人の多くが誤ったイメージを持っていたり、ほとんど知識がなかったりというのが現状です。これら二つの巨大組織の知られざる長所と短所は、現代の私たち、とりわけ何らかの組織を軸に日々仕事に取り組んでいるビジネス戦士たちにいくつもの教訓を与えるでしょう。
講演内容・概要 区分: 経営戦略・事業計画
第二次世界大戦についてわずかでも知識のある人であれば、ほぼ共通認識となっている〝日本陸軍悪玉論〟を否定し、日本海軍の決定的な弱点を指摘しつつ、両組織の長短を比較します。日本史上最大の組織である旧日本陸軍には、これまで様々なメディアでも指摘されている頑迷な将官が多かった反面、柔軟性があり優秀な将官もまた多く、軍の実力は決して欧米諸国に大きく劣っている訳ではありませんでした。陸軍軍人は、当時の子供にとっては憧れの職業であり、陸軍大学校は日本中から秀才が集まるエリート集団でもあったからです。では何故先の大戦で負けたのか?陸軍と海軍の両組織の体質の差は、例えば開戦初期の主力戦闘機・隼(陸軍)が搭乗者の人命保護を重視した構造であったのに対し、零戦(海軍)が攻撃力一辺倒で人命軽視の構造だったことなどからも見て取れます。両組織の兵器思想や実戦の様相を紹介しつつ、エンターテインメント性豊かな講演とします。
根拠・関連する活動歴 旧日本陸軍と旧日本海軍がどんな組織で、どんな戦略、戦術のもとに戦いを繰り広げてきたかということについては、歴史研究家としての大きなテーマの一つとして、長年にわたって資料を集め、探求を続けてきました。その成果と結論を、講演ではお話ししたいと思います。
主催者に準備を
お願いする物
ホワイトボード
こちらで簡単なレジュメを作成する場合、参加人数分のプリント
  • 主催者の方はこちら
  • 講師・出演者の方はこちら
  • マンガでわかる「SBマーケット」
  • SBコンシェル
ご利用者の声
  • 毎回、講師の選定が大変なストレスでしたが、どんな講師が応募してくれるだろう?と逆に楽しみに・・・ (福祉団体)
  • 講師募集から開催日まで時間がなかったにもかかわらず、すぐにメールが何通もきまして講師の層・・・ (業界団体)
  • いつも講師を探すのに苦労していましたが、今回は講師から、こちらの希望・条件にあわせて提案を・・・ (製造業)
  • 短期間で複数のセミナー案を企画しなくてはいけないので、毎回ネタに困っていました。講師の・・・ (OA機器販売)
  • 全国規模での「講演依頼」の内容・ニーズがよく分かり、講師側としての新たな勉強の意欲が・・・ (コンサルタント)
  • >>もっと見る
システムブレーンからのお知らせ
  • 2017年04月01日
    新年度です!
    多くの団体様にとって、4月は新年度の事業・催事の準備を進められる時期かと思います。外部から講師を招いての講演会・研修・セミナーなどお考えでしたら、ぜひ当サービス「SBマーケット」をご活用下さい。
     実力ある講師の方々が、皆様のお役に立つ「ご提案」をしていただけます!

    ※詳しくは、「マンガでわかるSBマーケット」をご覧ください。
  • 2017年01月01日
    あけましておめでとうございます
    お陰様で弊社は今年40期を迎え、新サービス「SBマーケット」も8年目となりました。皆さんの日頃のご支援、ご協力に心より感謝申し上げます。
    今年も宜しくお願いいたします。
  • 2016年07月05日
    募集内容の書き方など、お気軽にご相談下さい。
    初めてSBマーケットをご利用される方の多くが、「講師募集の内容は、どんな事を書いたら良いのだろう?」と悩まれます。
    そうした際にはお気軽に事務局までご相談下さい。
    講師からの良いご提案が多く集まるように、募集内容のアドバイスや加筆なども行っております。