印刷する

スポーツと障害者
〜パラリンピアン〜

講師名 相原正道
講師名よみ あいはらまさみち
肩書き 大阪経済大学 学長補佐・人間科学部教授
2016と2020の2度招致活動を経験した
日本唯一の研究者
都道府県 大阪府

プラン詳細

タイトル・演題 スポーツと障害者
〜パラリンピアン〜
スタイル区分 講演
想定する受講者区分 保護者(全般)
受講者の説明 一般の方、障害者スポーツ指導者、教職員、人権啓発担当の方々
受講者へ提供する価値
・伝えたい事
パラリンピアンに焦点を当てることによって健常者にもアスリートに対するリスペクトが生まれ 障害者差別をする考えが失くなります。東京オリンピック・パラリンピック招致委員会の体験から 障害者(パラリンピアンや米国留学中のホストファミリー)に対する具体的なアクションをエピソードを交えてお話しします。

健常者にとって障害者は救済しなくてはならない存在という、過去の教育により無意識につくられた価値観「意識のバリア」があるからこそ生まれてしまうものだ。

この意識のバリアは多くの健常者が持っているものではあるもののです。
このような意識では良い仕事やコミュニケーションはできないということも事実です。
声をかけるアクションが最も大事だということがわかりました。それをお伝えしたいです!
講演内容・概要 区分: 人権・平和
地上波の場合に顕著なことですが、障害を持ったアスリートをテレビに映す時、障害がある個所はあまり映さず、顔のアップなどに寄りがちです。
でも、スポーツではそうはいきません。例えば水泳などの場合、選手たちは露出の多い状態ですから、当然、足や腕がない選手はそこが映ります。
でも、彼らは障害を障害と思っておらず、自分の条件の中でどうやってタイムを縮めるかということを考えている。
だから我々も、健常者のスプリンターの太ももの筋肉を映すように、堂々と、選手の全身を映すようにしました。

障害を持っていることは事実として受け入れた上で、自分はどうしたらうまくなれるか、どこまで強くなれるのかという、アスリートの本能を持っていることに気づいたことが大きかった。いずれにせよ、健常者にも様々な人がいるのですから、どの世代でも声をかけるアクションをすることが最も重要です。
根拠・関連する活動歴 著書「現代スポーツのエッセンス」における第11章スポーツと障がい者。
オリンピック・パラリンピック招致活動を実践した日本で唯一の研究者。

詳細はこちらのWEBで記述有。 http://webj8.osaka-ue.ac.jp/ouehp/KgApp?kyoinId=ymdygiodggy
主催者に準備を
お願いする物
スクリーン、プロジェクター、Windows PC
講師が準備するもの パワーポイントデータ。会場になければ、Windows PCを持参します。
  • 主催者の方はこちら
  • 講師・出演者の方はこちら
  • マンガでわかる「SBマーケット」
  • SBコンシェル
ご利用者の声
  • 毎回、講師の選定が大変なストレスでしたが、どんな講師が応募してくれるだろう?と逆に楽しみに・・・ (福祉団体)
  • 講師募集から開催日まで時間がなかったにもかかわらず、すぐにメールが何通もきまして講師の層・・・ (業界団体)
  • いつも講師を探すのに苦労していましたが、今回は講師から、こちらの希望・条件にあわせて提案を・・・ (製造業)
  • 短期間で複数のセミナー案を企画しなくてはいけないので、毎回ネタに困っていました。講師の・・・ (OA機器販売)
  • 全国規模での「講演依頼」の内容・ニーズがよく分かり、講師側としての新たな勉強の意欲が・・・ (コンサルタント)
  • >>もっと見る
システムブレーンからのお知らせ
  • 2019年04月01日
    新年度です!
    多くの団体様にとって、4月は新年度の事業・催事の準備を進められる時期かと思います。外部から講師を招いての講演会・研修・セミナーなどお考えでしたら、ぜひ当サービス「SBマーケット」をご活用下さい。
     実力ある講師の方々が、皆様のお役に立つ「ご提案」をしていただけます!

    ※詳しくは、「マンガでわかるSBマーケット」をご覧ください。
  • 2019年01月01日
    あけましておめでとうございます
    お陰様で弊社の新サービス「SBマーケット」も9年目となりました。皆さんの日頃のご支援、ご協力に心より感謝申し上げます。
    今年も宜しくお願いいたします。
  • 2018年07月05日
    募集内容の書き方など、お気軽にご相談下さい。
    初めてSBマーケットをご利用される方の多くが、「講師募集の内容は、どんな事を書いたら良いのだろう?」と悩まれます。
    そうした際にはお気軽に事務局までご相談下さい。
    講師からの良いご提案が多く集まるように、募集内容のアドバイスや加筆なども行っております。