印刷する

何があったかではなく、どのように解釈したか!
~「折れない心」を育む『解釈の仕方』~

講師名 矢吹孝志
講師名よみ やぶきたかし
肩書き 健康・教育カウンセラー
都道府県 福島県

プラン詳細

タイトル・演題 何があったかではなく、どのように解釈したか!
~「折れない心」を育む『解釈の仕方』~
スタイル区分 講演
想定する受講者区分 成人一般
受講者の説明 悩みが絶えない。わずかなストレスで心が折れてしまう。憂うつで気力がない。失敗が多い。人づきあいが苦手など毎日の生活で「生きにくさ」を感じている人。

従業員のモチベーションアップを目的に社員研修や人材育成や社員の能力開発を計画している企業、会社、事業所など。
受講者へ提供する価値
・伝えたい事
さまざまな悩みや問題を抱え、解決できないでいる人の口癖は「あの時ああしていたら」とか「こうしていればこんなはずではなかった」とか「自分がこのように停滞しているのは、解決できない悩みや問題を抱えているから」とその理由を話しますが、本当は「解決できないような悩みや問題の抱え方」をしていることに気づいていません。

物事やできごとは、「何があったかではなく、どのように『解釈』した(する)」かで、すべては決まります。
快く捉えれば積極的行動、不快に捉えれば消極的行動をとるように、私たち人間は、すべて「観念(抱く感情やイメージ)」に基づいて行動をします。

つまり、物事やできごとに対しての「見方、捉え方、考え方、受け止め方」という「解釈の仕方」次第ということになります。

講演では、
・「気づき」を促す『解釈の仕方』の具体的解説。
・すべての結果は「当然の結果」であるということ。
・「ピンチはチャンス」といわれるように、物事やできごとには快・不快。プラス・マイナス、ふたつの価値が均 等にあるということ。
・さらに、「ストレスに打ち克ち、逆境を乗り越え、どんな困難にもへこたれない、元気、しなやか『折れな心』」 を身につける方法を解りやすく説明します。

私たちにとって、「気づき」や「気づく」ということは、たとえどのような状況であれ、成るべくして成った、起こるべくして起こったという「当然の結果」である「客観的事実」をありのまま受入れ、そこにプラスの価値や意味を見出し、後の教訓とし、停滞した行動を促進することで「状況に変化」をもたらすパワーであると考えます。

つまり、「気づき」は気力」を生み、「気力」は「行動」を促進させます。
ちなみに「気づき」とは、「あぁそうか・・なるほどなぁ」と心の底から「なるほどなぁ」という言葉がつぶやける時であり、「心底、納得した時の心の状態」であると考えます。

人生とは、たとえどのような状況であれ、現実をありのまま受け入れ、「行動」することで、状況に変化をもたらす「時間の連続」であると言えましょう。

悩みや問題が解決できないからと言って、グチったり、くさったりして毎日の規則正しい生活行動を後退したり、止めてしまうと、最悪、その先に待つのは、何をするにも億劫になる「無気力」になるか、精神的に不安定になり「医療機関の援助」を受けることになるか、「反・非社会的行動」をとるかのいづれかになります。
こうした生き方は絶対避けなければなりません。
講演内容・概要 区分: 意識改革
講演レジュメに従って進行します。
内容概略(レジュメから抜粋」

*「気づき」とは。
*悩みの種類は数あれど、悩みの「中味」はただひとつ。
*悩みが解決できないと3大リスクが待っている。
*「気づき」を促す『解釈の仕方』
*人間関係のトラブルの原因は「課題の分離」にある。
*人を避けては生きられない。対人コミュニケーションのあり方。
*「折れない心」を育む6つのキーワード・・・など。
根拠・関連する活動歴 根拠・観念行動の心理法則。・因果的「必然・当然」の心理法則(当然観)。・感情両価性(両面観)。
現在,演題 ・「気づき」やレジリエンス「折れない心」をテーマに全国各地で講演、セミナー開催中。
主催者に準備を
お願いする物
黒板、またはホワイトボード1~2基
講師が準備するもの 講演レジュメ
  • 主催者の方はこちら
  • 講師・出演者の方はこちら
  • マンガでわかる「SBマーケット」
  • SBコンシェル
ご利用者の声
  • 毎回、講師の選定が大変なストレスでしたが、どんな講師が応募してくれるだろう?と逆に楽しみに・・・ (福祉団体)
  • 講師募集から開催日まで時間がなかったにもかかわらず、すぐにメールが何通もきまして講師の層・・・ (業界団体)
  • いつも講師を探すのに苦労していましたが、今回は講師から、こちらの希望・条件にあわせて提案を・・・ (製造業)
  • 短期間で複数のセミナー案を企画しなくてはいけないので、毎回ネタに困っていました。講師の・・・ (OA機器販売)
  • 全国規模での「講演依頼」の内容・ニーズがよく分かり、講師側としての新たな勉強の意欲が・・・ (コンサルタント)
  • >>もっと見る
システムブレーンからのお知らせ
  • 2017年04月01日
    新年度です!
    多くの団体様にとって、4月は新年度の事業・催事の準備を進められる時期かと思います。外部から講師を招いての講演会・研修・セミナーなどお考えでしたら、ぜひ当サービス「SBマーケット」をご活用下さい。
     実力ある講師の方々が、皆様のお役に立つ「ご提案」をしていただけます!

    ※詳しくは、「マンガでわかるSBマーケット」をご覧ください。
  • 2017年01月01日
    あけましておめでとうございます
    お陰様で弊社は今年40期を迎え、新サービス「SBマーケット」も8年目となりました。皆さんの日頃のご支援、ご協力に心より感謝申し上げます。
    今年も宜しくお願いいたします。
  • 2016年07月05日
    募集内容の書き方など、お気軽にご相談下さい。
    初めてSBマーケットをご利用される方の多くが、「講師募集の内容は、どんな事を書いたら良いのだろう?」と悩まれます。
    そうした際にはお気軽に事務局までご相談下さい。
    講師からの良いご提案が多く集まるように、募集内容のアドバイスや加筆なども行っております。