印刷する

●「ほめる文化」のつくり方

講師名 武田斉紀
講師名よみ たけだよしのり
肩書き ブライトサイド株式会社 代表取締役
理念経営コンサルタント
都道府県 東京都

プラン詳細

タイトル・演題 ●「ほめる文化」のつくり方
スタイル区分 講演
想定する受講者区分 中小企業経営者
受講者の説明 トップ/経営幹部/人事/採用/店長 ※対象別に内容をカスタマイズしてお話しします。
受講者へ提供する価値
・伝えたい事
日本人や日本企業では、上司が部下を、また社員同士で互いをほめるのが下手、苦手と言われて久しいですが、その後も一向に「ほめる文化」が定着しているように見えません。グローバル化や多様な働き方が進むみ、定年引上げによってますます世代ギャップも進む中、「言わなくてもわかるだろう」では通用しません。頑張っても認められないのでは、社員はやる気をどんどんなくしてしまうばかりです。当プログラムでは、他社での成功事例も交えながら、「ほめる文化」のつくり方のノウハウを伝授します。
講演内容・概要 区分: モチベーション
1. ほめると何がいいのか (受け手/ほめる側/周囲/会社)
2. ほめ方のバリエーション (バリエーション/毎日ほめる/上司から)
3. ほめる仕組み作り (報奨と人事評価/各々のポイント)
4. 効果は運用次第 (続ける/見直す)
5. ほめる文化構築スケジュール
※聴講されている方にもご意見をいただきながらなるべく2ウェイで進行します。
※全体時間が許せば、グループを作っての討議などアクティブ・ラーニングを取り入れて、参加者が自発的に学べる形を目指します。
根拠・関連する活動歴 前職である株式会社リクルートは日本の企業では珍しく社員をほめるのが実に上手な会社でした。一方、私自身が現在、理念経営コンサルタントとして理念浸透を進めるにあたって「ほめる文化」を築くことの大切さを日々感じています。ほめることは企業経営にとってどんな効果をもたらすのか。ほめるのが下手、苦手といわれる日本企業に「ほめる文化」を構築するためには、何から始めてどのように定着させていけばいいのか。これらを体系的にまとめ、コンサルティングで実践しています。関連著書に『行きたくなる会社のつくり方』(Nanaブックス)ほか。講演・セミナー・研修の講師としても数多く実績があります。
主催者に準備を
お願いする物
演台(ない場合はテーブルでも構いません)、プロジェクター(PC接続コード含む)、スクリーン、できればPC、ホワイトボード(または黒板)、会場が広い場合はマイク
講師が準備するもの 当日プロジェクター投影用講演資料、ご相談の上で聴講者配布用資料

その他のプラン

  • 主催者の方はこちら
  • 講師・出演者の方はこちら
  • マンガでわかる「SBマーケット」
  • SBコンシェル
ご利用者の声
  • 毎回、講師の選定が大変なストレスでしたが、どんな講師が応募してくれるだろう?と逆に楽しみに・・・ (福祉団体)
  • 講師募集から開催日まで時間がなかったにもかかわらず、すぐにメールが何通もきまして講師の層・・・ (業界団体)
  • いつも講師を探すのに苦労していましたが、今回は講師から、こちらの希望・条件にあわせて提案を・・・ (製造業)
  • 短期間で複数のセミナー案を企画しなくてはいけないので、毎回ネタに困っていました。講師の・・・ (OA機器販売)
  • 全国規模での「講演依頼」の内容・ニーズがよく分かり、講師側としての新たな勉強の意欲が・・・ (コンサルタント)
  • >>もっと見る
システムブレーンからのお知らせ
  • 2019年04月01日
    新年度です!
    多くの団体様にとって、4月は新年度の事業・催事の準備を進められる時期かと思います。外部から講師を招いての講演会・研修・セミナーなどお考えでしたら、ぜひ当サービス「SBマーケット」をご活用下さい。
     実力ある講師の方々が、皆様のお役に立つ「ご提案」をしていただけます!

    ※詳しくは、「マンガでわかるSBマーケット」をご覧ください。
  • 2019年01月01日
    あけましておめでとうございます
    お陰様で弊社の新サービス「SBマーケット」も9年目となりました。皆さんの日頃のご支援、ご協力に心より感謝申し上げます。
    今年も宜しくお願いいたします。
  • 2018年07月05日
    募集内容の書き方など、お気軽にご相談下さい。
    初めてSBマーケットをご利用される方の多くが、「講師募集の内容は、どんな事を書いたら良いのだろう?」と悩まれます。
    そうした際にはお気軽に事務局までご相談下さい。
    講師からの良いご提案が多く集まるように、募集内容のアドバイスや加筆なども行っております。