印刷する

外国人雇用その活用と受入れ方

講師名 千葉祐大
講師名よみ ちばゆうだい
肩書き 外国人材コンサルタント
大学非常勤講師
都道府県 東京都

プラン詳細

タイトル・演題 外国人雇用その活用と受入れ方
スタイル区分 講演
想定する受講者区分 中小企業経営者
受講者の説明 ・外国人材の採用を検討されている経営者
・外国人材の採用を検討されている教育機関
受講者へ提供する価値
・伝えたい事
外国人材の在留資格を緩和する法案が成立し、来春以降、外国人材を雇用する企業が激増することが見込まれています。雇用形態も様々あり、正社員、留学生アルバイト、外国人技能実習生などで対応が違ってきます。ビザや労働法など法的な制度の問題もあります。外国人材を採用する場合と日本人を採用する際の違いを理解し効果的に受け入れるための、知識やノウハウを習得して頂ける内容です。
講演内容・概要 区分: 人材・組織マネージメント
1 外国人材活用の現状と今後の見込み
 ◆外国人材増加のトレンド
  ・現状と今後の見込み 
  ・外国人材が必要とされる理由
  ・外国人材を活用するメリットと社会的意義

 ◆外国人材の受け入れ政策について
  ・2018年問題とは 
  ・これから受け入れが緩和される根拠

2 雇用に関する注意点
 ◆在留資格の申請について
  ・在留資格が認められる前提 
  ・申請却下の具体例

 ◆採用の際に気をつけるポイント
  ・外国人材を適正に評価するための採用方法
  ・面接におけるチェックポイント 
  ・相手のウソの見抜き方
  【ワーク1】 外国人材採用の課題について意見交換

3 望ましい受入れ体制づくり
 ◆日本人マネジャーのマインドセット
  ・異文化理解の前提 
  ・外国人が困惑する詳細主義
  ・心を開く重要性 
  ・社内の異文化受容性を醸成する方法

 ◆望ましい人事評価制度
  ・忠誠心と帰属意識を高めるポイント
  ・キャリアパス明示の重要性 
  ・2段階メリット提示法とは
  【ワーク2】 違いを知るためのトレーニング

4 日本人との違いに関する基礎知識
 ◆日本人との言葉や態度の違い
  ・日本語能力バイアス 
  ・自己評価の日本人との違い
  ・協調性のワナ 
  ・万国共通のコミュニケーション法

 ◆国籍ごとのおもな特性
  ・中国人の特性 
  ・韓国人の特性 
  ・タイ人の特性
  ・ベトナム人の特性 
  ・フィリピン人の特性
  ・国籍ごとに違う「日本で働く理由」
  【ワーク3】 国籍ごとの特性の違いについて意見交換

5 まとめ/質疑応答
 ◆外国人材を受け入れる際の心がまえ

※上記は3時間の内容となっています。ポイントを絞って時間を短縮することも可能です。
  • 主催者の方はこちら
  • 講師・出演者の方はこちら
  • マンガでわかる「SBマーケット」
  • SBコンシェル
ご利用者の声
  • 毎回、講師の選定が大変なストレスでしたが、どんな講師が応募してくれるだろう?と逆に楽しみに・・・ (福祉団体)
  • 講師募集から開催日まで時間がなかったにもかかわらず、すぐにメールが何通もきまして講師の層・・・ (業界団体)
  • いつも講師を探すのに苦労していましたが、今回は講師から、こちらの希望・条件にあわせて提案を・・・ (製造業)
  • 短期間で複数のセミナー案を企画しなくてはいけないので、毎回ネタに困っていました。講師の・・・ (OA機器販売)
  • 全国規模での「講演依頼」の内容・ニーズがよく分かり、講師側としての新たな勉強の意欲が・・・ (コンサルタント)
  • >>もっと見る
システムブレーンからのお知らせ
  • 2018年01月01日
    あけましておめでとうございます
    お陰様で弊社の新サービス「SBマーケット」も9年目となりました。皆さんの日頃のご支援、ご協力に心より感謝申し上げます。
    今年も宜しくお願いいたします。
  • 2017年07月05日
    募集内容の書き方など、お気軽にご相談下さい。
    初めてSBマーケットをご利用される方の多くが、「講師募集の内容は、どんな事を書いたら良いのだろう?」と悩まれます。
    そうした際にはお気軽に事務局までご相談下さい。
    講師からの良いご提案が多く集まるように、募集内容のアドバイスや加筆なども行っております。
  • 2017年04月01日
    新年度です!
    多くの団体様にとって、4月は新年度の事業・催事の準備を進められる時期かと思います。外部から講師を招いての講演会・研修・セミナーなどお考えでしたら、ぜひ当サービス「SBマーケット」をご活用下さい。
     実力ある講師の方々が、皆様のお役に立つ「ご提案」をしていただけます!

    ※詳しくは、「マンガでわかるSBマーケット」をご覧ください。