印刷する

バリバリじゃない女性のワーキングスタイル

講師名 柴田登子
講師名よみ しばたたかこ
肩書き 国家資格キャリアコンサルタント
スピーチ・プレゼンテーション講師
都道府県 埼玉県

プラン詳細

タイトル・演題 バリバリじゃない女性のワーキングスタイル
スタイル区分 講演
想定する受講者区分
受講者の説明 ・正社員でも一般職で企業に勤務する女性
・派遣社員、契約社員、パート、アルバイトなど非正規従業員の女性。
・仕事はしたいけど男性と同じように「バリバリ」働きたいわけではない女性。
受講者へ提供する価値
・伝えたい事
ウーマノミクスは女性の社会進出の背中を押してくれます。ただ、その施策の多くが女性も出世し、バリバリ働き、子育ても家事も同時にきっちりやる、そんな「スーパーキャリアウーマン」を支援するばかりです。
出世しなくても、バリキャリにならなくても、サポート的な仕事をするだけで満足、子育てを優先させたい、または非正規の仕事についてプライベートを充実させる生活を過ごしたい、そんな女性は今後は受け入れられないのでしょうか?働く女性は全員バリバリやらないとダメなのでしょうか。

この講座ではそんな女性たちが自分の働き方の意義をみつめなおし、自分たちが社会にとってどのように必要な存在であるかを議論し、確認します。そしてそんな女性の働き方に自信を持ち、バリキャリとは別の手段で女性活用におけるの多様性一端を担っていることを認識。今後自分なりにどう社会に関わっていくかを一緒に考えます。
講演内容・概要 区分: 男女共同参画
参加者全員にマンダラートまたはジョブカードを記入してもらい、今までのキャリアやライフスタイルの棚卸しをしてもらいます。

内容をグループごとにシェアし、勤務先やコミュニティとご自身がどうかかわっているかをフィードバックを得ながら整理していきます。

ご自身の整理ができたら、今度はどのように今の働き方が社会貢献や女性活用に役立てられるのか、グループディスカッションします。

(例えば、保育所の設立や子育て支援の施策など、どんな働き方にせよ女性労働者人口が増えれば支援の方法も増え、それがひいては女性管理職増加の一助となる可能性にもなる、など)

このようなディスカッションを踏まえて、今後のライフプランや人生の目標を最後に設定します。
根拠・関連する活動歴 私自身が元は金融機関の一般職。しかも夫の転勤に帯同し、20年間ずっと非正規で働いてきました。
だからこそ、そんなバリキャリではない女性労働者がいままでも、これからも必要であることを、その需要を実感しています。そして、全員バリキャリを目指してしまっては、女性労働者数の総数はきっと減ってしまうとも思っています。女ライフスタイルに合わせ、働き方に多様性をもたせることで、女性活用はもっと進展するはずであると実感しています。

多数の、他地域での転職や起業そしてキャリアカウンセラーとしての支援活動の経験から、多方向で女性の働き方へのアプローチができることも上記の内容を伝えていくために役に立つと思います。
  • 主催者の方はこちら
  • 講師・出演者の方はこちら
  • マンガでわかる「SBマーケット」
  • SBコンシェル
ご利用者の声
  • 毎回、講師の選定が大変なストレスでしたが、どんな講師が応募してくれるだろう?と逆に楽しみに・・・ (福祉団体)
  • 講師募集から開催日まで時間がなかったにもかかわらず、すぐにメールが何通もきまして講師の層・・・ (業界団体)
  • いつも講師を探すのに苦労していましたが、今回は講師から、こちらの希望・条件にあわせて提案を・・・ (製造業)
  • 短期間で複数のセミナー案を企画しなくてはいけないので、毎回ネタに困っていました。講師の・・・ (OA機器販売)
  • 全国規模での「講演依頼」の内容・ニーズがよく分かり、講師側としての新たな勉強の意欲が・・・ (コンサルタント)
  • >>もっと見る
システムブレーンからのお知らせ
  • 2021年08月31日
    「SBマーケット」サービス終了のお知らせ


    この度、急激な変革期を鑑み、2021年9月末日を以て「SBマーケットサービス」を終了させていただく事となりました。

    ●9月末日をもって、新規の講師募集案件は受付終了となります。

    ●既に講師募集を開始された案件、講師が決定している案件につきましては、10月以降もSBマイページでのやり取りを重ねていただき、開催終了まで進行していただけます。

    長らく当サービスをご活用頂きました主催者様、講師の方々に深く御礼申し上げます。
    今後は、「SBコンシェル」サービスに注力して、オンライン開催を含めた皆様の多様なご要望にお応えしていく所存です。

    突然のご案内となり誠に申し訳ございません。何卒ご理解・ご容赦いただきますようお願い申し上げます。