印刷する

キャリア形成から考えるワークライフバランス

講師名 柴田登子
講師名よみ しばたたかこ
肩書き 国家資格キャリアコンサルタント
スピーチ・プレゼンテーション講師
都道府県 埼玉県

プラン詳細

タイトル・演題 キャリア形成から考えるワークライフバランス
スタイル区分 講演
想定する受講者区分 女性社員
受講者の説明 企業・学校・各種団体の若手~中高年の職員
求職者
女性
受講者へ提供する価値
・伝えたい事
ワークライフバランスについて考えるとき、自身のキャリア形成についても同時に考えることは非常に重要です。起きている時間の大半を占める「働く」ということが自信にどうかかわりを持つのか、そこを無視していてはワークライフバランスをどう取ればよいのか考えられないでしょう。ではどうやってワークライフバランスとキャリア形成を同時に考えるのでしょうか。

誰にでもライフロール(人生における自身の役割)があり、その人生でほとんどの人に起こる出来事、つまりライフイベントが発生します。過去に起きたライフイベントがどう自分に影響したかを、自分のライフロールを自覚しながら振り返り、自分の人生は何に焦点を当てていたのか、自分の興味関心、今後の希望などを整理し、今後起こり得る出来事を想像しながらライフプランを作成するため、ライフラインチャートを作成します。

出来上がったライフラインチャートを俯瞰しながら、今後の人生でワークライフバランスをどう保っていくのかを一緒に探りたいと思います。
講演内容・概要 区分: ワークライフバランス
1)キャリア形成から見たワークライフバランスとは(講義)

2)ライフラインチャート作成
今までの人生、現在、将来において
 ・主な出来事・転機
 ・影響を受けた事・人・本
 ・成功/失敗体験
 を各自洗い出し、今までの人生の振り返りと共に今後のライフプランを立てる。

3)自身のワークライフバランスを考える(ディスカッション)
ライフラインチャートから以下について、自分自身で考察してみる
 ・ジョブキャリア
 ・家族関係
 ・地域・社会活動
 ・自己啓発
 ・趣味、ライフワーク

4)今後の職場つくりについて考える(講義・ディスカッション)
上記の気づきから
 ・職場内での役割分担
 ・各種制度の活用
 ・働き方改革
について、他者の実施例参加者全員で考える。
根拠・関連する活動歴 キャリアカウンセラーとしての知識と経験から、

【本講座の実施実績】
大学職員向け講座(事務職、若手~熟年職委員)
大学女性職員向け講座
主催者に準備を
お願いする物
参加者にマーカーなど色分けができる筆記具を4~5種類用意してもらってください。
講師が準備するもの ライフラインチャートの原稿
  • 主催者の方はこちら
  • 講師・出演者の方はこちら
  • マンガでわかる「SBマーケット」
  • SBコンシェル
ご利用者の声
  • 毎回、講師の選定が大変なストレスでしたが、どんな講師が応募してくれるだろう?と逆に楽しみに・・・ (福祉団体)
  • 講師募集から開催日まで時間がなかったにもかかわらず、すぐにメールが何通もきまして講師の層・・・ (業界団体)
  • いつも講師を探すのに苦労していましたが、今回は講師から、こちらの希望・条件にあわせて提案を・・・ (製造業)
  • 短期間で複数のセミナー案を企画しなくてはいけないので、毎回ネタに困っていました。講師の・・・ (OA機器販売)
  • 全国規模での「講演依頼」の内容・ニーズがよく分かり、講師側としての新たな勉強の意欲が・・・ (コンサルタント)
  • >>もっと見る
システムブレーンからのお知らせ
  • 2020年01月01日
    あけましておめでとうございます
    お陰様で弊社の新サービス「SBマーケット」も10年目となりました。皆さんの日頃のご支援、ご協力に心より感謝申し上げます。
    今年も宜しくお願いいたします。
  • 2019年07月05日
    募集内容の書き方など、お気軽にご相談下さい。
    初めてSBマーケットをご利用される方の多くが、「講師募集の内容は、どんな事を書いたら良いのだろう?」と悩まれます。
    そうした際にはお気軽に事務局までご相談下さい。
    講師からの良いご提案が多く集まるように、募集内容のアドバイスや加筆なども行っております。
  • 2019年04月01日
    新年度です!
    多くの団体様にとって、4月は新年度の事業・催事の準備を進められる時期かと思います。外部から講師を招いての講演会・研修・セミナーなどお考えでしたら、ぜひ当サービス「SBマーケット」をご活用下さい。
     実力ある講師の方々が、皆様のお役に立つ「ご提案」をしていただけます!

    ※詳しくは、「マンガでわかるSBマーケット」をご覧ください。