印刷する

これでいいのか日本のエネルギー政策と原発

講師名 板垣信幸
講師名よみ いたがきのぶゆき
肩書き 経済ジャーナリスト
元 NHK解説主幹
都道府県 千葉県

プラン詳細

タイトル・演題 これでいいのか日本のエネルギー政策と原発
スタイル区分 講演
想定する受講者区分 成人一般
受講者の説明 経営者、経営幹部の方、、自治体の研修など、聴かれる方に合わせてお話します。
受講者へ提供する価値
・伝えたい事
エネルギー政策は短期的な視点で論ずるべきではなく、国民の合意によって行われるべきもの。そうした中で、今のエネルギー政策は国民の合意に基づくものとは思えない。今後のエネルギー政策や今後の原発廃炉を含めた原子力政策の困難さについて、安全性・コストの両面から伝えたい。
また、本論は日本のエネルギー政策を考える上で、全ての国民が最低限知っておくべき重要項目を俯瞰しており、いわば入門論でありながら、感情論を排した骨太のベクトルを考える必須の題材と言える。
講演内容・概要 区分: 時局・経済
①東日本大震災による経済の落ち込みと原発事故災害の影響。
②被災地の復興と電力調達の現状。
③政府のエネルギー政策の電源構成と問題点。
④規制委員会の原発安全審査とその是非。
⑤再生可能エネルギーの現状と課題。
⑥膨張する原発関連予算と税・料金による国民負担の増大。
⑦エネルギー安全保障をどう考える。
⑧岐路に立つ核燃料サイクルと日米原子力協定。
⑨水素社会への期待と課題。
根拠・関連する活動歴 NHK岐阜放送局記者の時代に、名古屋大学プラズマ研究所による核融合の研究に触れる。
NHK金沢放送局記者として、志賀原発の立地に関する取材を経験したほか、太陽光発電を中心とした再生可能エネルギーの萌芽期を取材している。
また、東京経済部時代は、太陽光発電を推進していた旧通産省で再生可能エネルギーを再度取材。また、原発の基本政策を学んだ。
米国特派員時代にアメリカの原発の現状を把握。
解説委員時代のメインの担当は財政・金融であり、コスト面からの取材を継続し、討論番組「解説スタジアム」などで、大震災直後から「期限を区切って脱原発を達成し、再生可能エネルギーと水素・ガス発電によるエネルギー政策への転換が重要」と提言し続けている。こうした活動に新聞メディアやネット上で、「よく言った」と多くの視聴者からの大きな反響を得ている。
主催者に準備を
お願いする物
プロジェクター、スクリーン、HDMIコード。できればパソコンも。レジュメのプリント。
講師が準備するもの パソコン。レジュメの原案。
  • 主催者の方はこちら
  • 講師・出演者の方はこちら
  • マンガでわかる「SBマーケット」
  • SBコンシェル
ご利用者の声
  • 毎回、講師の選定が大変なストレスでしたが、どんな講師が応募してくれるだろう?と逆に楽しみに・・・ (福祉団体)
  • 講師募集から開催日まで時間がなかったにもかかわらず、すぐにメールが何通もきまして講師の層・・・ (業界団体)
  • いつも講師を探すのに苦労していましたが、今回は講師から、こちらの希望・条件にあわせて提案を・・・ (製造業)
  • 短期間で複数のセミナー案を企画しなくてはいけないので、毎回ネタに困っていました。講師の・・・ (OA機器販売)
  • 全国規模での「講演依頼」の内容・ニーズがよく分かり、講師側としての新たな勉強の意欲が・・・ (コンサルタント)
  • >>もっと見る
システムブレーンからのお知らせ
  • 2019年04月01日
    新年度です!
    多くの団体様にとって、4月は新年度の事業・催事の準備を進められる時期かと思います。外部から講師を招いての講演会・研修・セミナーなどお考えでしたら、ぜひ当サービス「SBマーケット」をご活用下さい。
     実力ある講師の方々が、皆様のお役に立つ「ご提案」をしていただけます!

    ※詳しくは、「マンガでわかるSBマーケット」をご覧ください。
  • 2019年01月01日
    あけましておめでとうございます
    お陰様で弊社の新サービス「SBマーケット」も9年目となりました。皆さんの日頃のご支援、ご協力に心より感謝申し上げます。
    今年も宜しくお願いいたします。
  • 2018年07月05日
    募集内容の書き方など、お気軽にご相談下さい。
    初めてSBマーケットをご利用される方の多くが、「講師募集の内容は、どんな事を書いたら良いのだろう?」と悩まれます。
    そうした際にはお気軽に事務局までご相談下さい。
    講師からの良いご提案が多く集まるように、募集内容のアドバイスや加筆なども行っております。