印刷する

これでいいのか日本のエネルギー政策と原発

講師名 板垣信幸
講師名よみ いたがきのぶゆき
肩書き 経済ジャーナリスト
元 NHK解説主幹
都道府県 千葉県

プラン詳細

タイトル・演題 これでいいのか日本のエネルギー政策と原発
スタイル区分 講演
想定する受講者区分 成人一般
受講者の説明 経営者、経営幹部の方、、自治体の研修など、聴かれる方に合わせてお話します。
受講者へ提供する価値
・伝えたい事
エネルギー政策は短期的な視点で論ずるべきではなく、国民の合意によって行われるべきもの。そうした中で、今のエネルギー政策は国民の合意に基づくものとは思えない。今後のエネルギー政策や今後の原発廃炉を含めた原子力政策の困難さについて、安全性・コストの両面から伝えたい。
また、本論は日本のエネルギー政策を考える上で、全ての国民が最低限知っておくべき重要項目を俯瞰しており、いわば入門論でありながら、感情論を排した骨太のベクトルを考える必須の題材と言える。
講演内容・概要 区分: 時局・経済
①東日本大震災による経済の落ち込みと原発事故災害の影響。
②被災地の復興と電力調達の現状。
③政府のエネルギー政策の電源構成と問題点。
④規制委員会の原発安全審査とその是非。
⑤再生可能エネルギーの現状と課題。
⑥膨張する原発関連予算と税・料金による国民負担の増大。
⑦エネルギー安全保障をどう考える。
⑧岐路に立つ核燃料サイクルと日米原子力協定。
⑨水素社会への期待と課題。
根拠・関連する活動歴 NHK岐阜放送局記者の時代に、名古屋大学プラズマ研究所による核融合の研究に触れる。
NHK金沢放送局記者として、志賀原発の立地に関する取材を経験したほか、太陽光発電を中心とした再生可能エネルギーの萌芽期を取材している。
また、東京経済部時代は、太陽光発電を推進していた旧通産省で再生可能エネルギーを再度取材。また、原発の基本政策を学んだ。
米国特派員時代にアメリカの原発の現状を把握。
解説委員時代のメインの担当は財政・金融であり、コスト面からの取材を継続し、討論番組「解説スタジアム」などで、大震災直後から「期限を区切って脱原発を達成し、再生可能エネルギーと水素・ガス発電によるエネルギー政策への転換が重要」と提言し続けている。こうした活動に新聞メディアやネット上で、「よく言った」と多くの視聴者からの大きな反響を得ている。
主催者に準備を
お願いする物
プロジェクター、スクリーン、HDMIコード。できればパソコンも。レジュメのプリント。
講師が準備するもの パソコン。レジュメの原案。
  • 主催者の方はこちら
  • 講師・出演者の方はこちら
  • マンガでわかる「SBマーケット」
  • SBコンシェル
ご利用者の声
  • 毎回、講師の選定が大変なストレスでしたが、どんな講師が応募してくれるだろう?と逆に楽しみに・・・ (福祉団体)
  • 講師募集から開催日まで時間がなかったにもかかわらず、すぐにメールが何通もきまして講師の層・・・ (業界団体)
  • いつも講師を探すのに苦労していましたが、今回は講師から、こちらの希望・条件にあわせて提案を・・・ (製造業)
  • 短期間で複数のセミナー案を企画しなくてはいけないので、毎回ネタに困っていました。講師の・・・ (OA機器販売)
  • 全国規模での「講演依頼」の内容・ニーズがよく分かり、講師側としての新たな勉強の意欲が・・・ (コンサルタント)
  • >>もっと見る
システムブレーンからのお知らせ
  • 2021年08月31日
    「SBマーケット」サービス終了のお知らせ


    この度、急激な変革期を鑑み、2021年9月末日を以て「SBマーケットサービス」を終了させていただく事となりました。

    ●9月末日をもって、新規の講師募集案件は受付終了となります。

    ●既に講師募集を開始された案件、講師が決定している案件につきましては、10月以降もSBマイページでのやり取りを重ねていただき、開催終了まで進行していただけます。

    長らく当サービスをご活用頂きました主催者様、講師の方々に深く御礼申し上げます。
    今後は、「SBコンシェル」サービスに注力して、オンライン開催を含めた皆様の多様なご要望にお応えしていく所存です。

    突然のご案内となり誠に申し訳ございません。何卒ご理解・ご容赦いただきますようお願い申し上げます。