印刷する

安全意識を向上させるための、究極のコミュニケーション

講師名 岸 正龍
講師名よみ きしせいりゅう
肩書き 株式会社浅野屋 代表取締役
ビジネス心理コンサルタント
都道府県 愛知県

プラン詳細

タイトル・演題 安全意識を向上させるための、究極のコミュニケーション
スタイル区分 講演
想定する受講者区分 安全大会参加者
受講者の説明 安全大会にご参加の皆さま
社内・社外のコミュニケーションがうまくいかないと感じている方々
受講者へ提供する価値
・伝えたい事
安全に関する注意喚起や連絡事項を伝達する場合、注意を払って聞いていただくことが重要です。
しかし現在のコミュニケーションは「一方通行」になりがち。
「伝える人」が自分の伝えたいことだけを一方的に話しても「聴く人」の心には届きません。コミュニケーションはキャッチボールとよく言われますが、これにたとえるなら、相手に向かってではなく壁に向かってボールを投げている状態です。
会話のキャッチボールをし、相手に興味を持って聴いてもらうには、相手の無意識に訴えかける必要があります。
相手が耳を閉じてしまうのは「なんとなく」という感覚です。「なんとなく好き」な話は積極的に聴き、「なんとなく嫌い」な話には耳が閉じてしまうからです。
この「なんとなく」というのが無意識の働きなのです。
この講演では、相手の無意識に好かれ結果として「安全意識が高まる話に耳を傾けてしまう」コミュニケーションの方法について、具体的な手法から絶対にやってはいけない注意事項まで、すぐに使える形でお届けします。
講演内容・概要 区分: コミュニケーション
①相手の興味を惹きつける「アイヅチの打ち方」
②相手の共感を得る「表情の作り方」
③雑談をしながら打ち解ける「共通項ディグ」
④敵対せずに要望を通す「はいそして」
⑤本音を引き出す「仮にクエスチョン」

*90分~120分を想定したプランです。講演時間にあわせての相談も可能です。
根拠・関連する活動歴 繁華街の裏路地にオープンした7坪の眼鏡店を、全国に熱いファンを持つブランドに成長させました。
消費者心理学や行動経済学などビジネス心理に基づいたその取組みが話題を呼び、テレビや新聞などマスコミ取材数は100を超え、1,500社が集うマーケティング団体で年間最優秀賞を受賞しています。
現在は講師として3万人以上に自信を成功に導いたコミュニケーション術を伝え、倒産寸前のIT会社が年商1億円を超えたり、スタッフ不足に苦しんでいた治療院が採用率100%を達成するなど、多くの成功例を生んでいます。
また、私の個人的な話ですが、母方の祖父が私の地元の名古屋で土木業を興した人物でした。その関係で幼少期には土木関係の皆さまに可愛がっていただき、いまなお感謝しております。
  • 主催者の方はこちら
  • 講師・出演者の方はこちら
  • マンガでわかる「SBマーケット」
  • SBコンシェル
ご利用者の声
  • 毎回、講師の選定が大変なストレスでしたが、どんな講師が応募してくれるだろう?と逆に楽しみに・・・ (福祉団体)
  • 講師募集から開催日まで時間がなかったにもかかわらず、すぐにメールが何通もきまして講師の層・・・ (業界団体)
  • いつも講師を探すのに苦労していましたが、今回は講師から、こちらの希望・条件にあわせて提案を・・・ (製造業)
  • 短期間で複数のセミナー案を企画しなくてはいけないので、毎回ネタに困っていました。講師の・・・ (OA機器販売)
  • 全国規模での「講演依頼」の内容・ニーズがよく分かり、講師側としての新たな勉強の意欲が・・・ (コンサルタント)
  • >>もっと見る
システムブレーンからのお知らせ
  • 2020年01月01日
    あけましておめでとうございます
    お陰様で弊社の新サービス「SBマーケット」も10年目となりました。皆さんの日頃のご支援、ご協力に心より感謝申し上げます。
    今年も宜しくお願いいたします。
  • 2019年07月05日
    募集内容の書き方など、お気軽にご相談下さい。
    初めてSBマーケットをご利用される方の多くが、「講師募集の内容は、どんな事を書いたら良いのだろう?」と悩まれます。
    そうした際にはお気軽に事務局までご相談下さい。
    講師からの良いご提案が多く集まるように、募集内容のアドバイスや加筆なども行っております。
  • 2019年04月01日
    新年度です!
    多くの団体様にとって、4月は新年度の事業・催事の準備を進められる時期かと思います。外部から講師を招いての講演会・研修・セミナーなどお考えでしたら、ぜひ当サービス「SBマーケット」をご活用下さい。
     実力ある講師の方々が、皆様のお役に立つ「ご提案」をしていただけます!

    ※詳しくは、「マンガでわかるSBマーケット」をご覧ください。