印刷する

成長の加速度をUPする
「主体的」シゴト術のススメ

講師名 田中和義
講師名よみ たなかかずよし
肩書き 組織内コミュニケーション活性化コンサルタント
営業力強化コンサルタント
都道府県 滋賀県

プラン詳細

タイトル・演題 成長の加速度をUPする
「主体的」シゴト術のススメ
スタイル区分 講演
想定する受講者区分 若手・新入社員
受講者の説明 ・企業 若手従業員~中堅従業員の方々
・労働組合 若手組合員~中堅組合員の方々
受講者へ提供する価値
・伝えたい事
変化が激しい時代において、企業が求めているのは、「自ら考え、動く人材」であり、「変化に対応できる人材」です。つまり「主体性を発揮できる人材」が求められています。
経団連「2015年度新卒採用に関するアンケート調査」においても、「選考において特に重視した点」で「主体性」は「コミュニケーション能力」に次いで第2位となっています。
組合においても、若手~中堅組合員が「主体性」を発揮することで、より活性化した組織にしていきたいという要望が高まっています。この講演では、若手~中堅組合員の方々に、求められている「主体性」とはいったい何かということをご認識いただき、「主体性」の重要性と、「自分自身の主体性を鍛える方法」について学んでいただきます。
講演内容・概要 区分: モチベーション
○企業や組織で求められる「主体性」とは何か?(講義)  
 ・「主体性がある人・ない人」の違い  
 ・いま「主体性」が求められる理由
 ・経産省策定「社会人基礎力」について 
  
○主体性について考える(ワーク)
 ・受講者各自で「今までに、自分が主体的に動いたことと、その理由」を一定時間内で可能な限り思い出し、シートに記入する。
 ・隣の人と、自身がシートにまとめた内容について共有し、主体的に行動してきた時の背景や理由について語り合い、分析する。(ペアワーク)
  (自分にとって大切なこと、必要なこと、経験すべきことだから主体的に行動してきたということを
  認識する)
 ※主体的に考えて動くことの重要性を理解する。

○「主体性」を身に着ける4つの方法(講義)
  ・自分自身が置かれた状況(やるべきこと、周囲の期待)を把握する。
  ・自分で考え、自分で決める。
  ・自ら行動する。  
 ・自分の考えや思いを表明する。

○一歩を踏み出すための「セルフ・コーチング」の活用
 ・「セルフ・コーチング」の仕組み
 ・実践方法「WISDOM」モデルの解説
  (志を立てる→成功のイメージを描く→エネルギー源を探す→成功までの地図を描く→行動に移す
  →習慣化への努力)

○明日からの行動計画をまとめる(ワーク)
 ・職場や組合で「主体性」を発揮するために、明日から何をしていくのか、各自で考えをまとめていただく。
 ・数名の方に発表していただく。それを受けて講師がコメントする。
  • 主催者の方はこちら
  • 講師・出演者の方はこちら
  • マンガでわかる「SBマーケット」
  • SBコンシェル
ご利用者の声
  • 毎回、講師の選定が大変なストレスでしたが、どんな講師が応募してくれるだろう?と逆に楽しみに・・・ (福祉団体)
  • 講師募集から開催日まで時間がなかったにもかかわらず、すぐにメールが何通もきまして講師の層・・・ (業界団体)
  • いつも講師を探すのに苦労していましたが、今回は講師から、こちらの希望・条件にあわせて提案を・・・ (製造業)
  • 短期間で複数のセミナー案を企画しなくてはいけないので、毎回ネタに困っていました。講師の・・・ (OA機器販売)
  • 全国規模での「講演依頼」の内容・ニーズがよく分かり、講師側としての新たな勉強の意欲が・・・ (コンサルタント)
  • >>もっと見る
システムブレーンからのお知らせ
  • 2019年04月01日
    新年度です!
    多くの団体様にとって、4月は新年度の事業・催事の準備を進められる時期かと思います。外部から講師を招いての講演会・研修・セミナーなどお考えでしたら、ぜひ当サービス「SBマーケット」をご活用下さい。
     実力ある講師の方々が、皆様のお役に立つ「ご提案」をしていただけます!

    ※詳しくは、「マンガでわかるSBマーケット」をご覧ください。
  • 2019年01月01日
    あけましておめでとうございます
    お陰様で弊社の新サービス「SBマーケット」も9年目となりました。皆さんの日頃のご支援、ご協力に心より感謝申し上げます。
    今年も宜しくお願いいたします。
  • 2018年07月05日
    募集内容の書き方など、お気軽にご相談下さい。
    初めてSBマーケットをご利用される方の多くが、「講師募集の内容は、どんな事を書いたら良いのだろう?」と悩まれます。
    そうした際にはお気軽に事務局までご相談下さい。
    講師からの良いご提案が多く集まるように、募集内容のアドバイスや加筆なども行っております。