印刷する

イライラしない笑顔の子育て
アンガーマネジメント活用術

講師名 安達仁彦
講師名よみ あだちきみひこ
肩書き North-Daddy 代表
(一社)日本アンガーマネジメント協会 アンガーマネジメントコンサルタント
都道府県 北海道

プラン詳細

タイトル・演題 イライラしない笑顔の子育て
アンガーマネジメント活用術
スタイル区分 講演
想定する受講者区分 保護者(全般)
受講者の説明 保育士、幼稚園教諭、保護者、PTA
受講者へ提供する価値
・伝えたい事
ここのところ、高い注目を集めているアンガーマネジメント。


アンガーマネジメントは、怒らなくなるではありません。
「怒る必要のある事」と「怒る必要に無い事」を
上手に切り分けられるようになります。


「子供は褒めて育てる。」
という子育て志向が根強い現代です。

子どもを「褒めること」それは本当に大切で
とても素晴らしいことです。しかしながら、
それを意識しすぎることで「叱ること」に対して
罪悪感を覚え、叱ることを控えた保護者さんが
増えたことも事実であり、

「叱りたくないのにまた叱ってしまった・・・」
「褒める子育てができない、私は親失格だ…」
と言う保護者さんの声を沢山耳にしております。

何度も申しますが、「褒めること」それはとても大切なことです…
ですが、「叱ること」も同じくらい大切なことなのです。


と言っても、その「叱る」が上手にできない。
気が付いたら子どもを機嫌で怒っていた。
どうしても感情的になってしまい、思いが伝わらない。
なんて事ありませんか?


アンガーマネジメントでは、
子どもに上手に伝わる叱り方も同時に学ぶ事ができます。


必要のない怒りは上手に回避して、
必要な時に上手に伝えられる。
そんな笑顔の子育てのために
アンガーマネジメントを活用してみませんか?
講演内容・概要 区分: 教育・青少年育成
<約90分程度の例です>
・オリエンテーション
・感情のコントロール
・普段、どんな怒り方をしていますか?
・怒りのメカニズム(怒りの感情の仕組み)
・怒りを整理するための三つの暗号
・伝え方を入れ替えてみましょう。
・怒る時のNGワード
・ロールプレイ
根拠・関連する活動歴 一般社団法人日本アンガーマネジメント協会認定
アンガーマネジメント・コンサルタント
キッズインストラクター・トレーナー

トレーナーとして、子ども達にアンガーマネジメントを伝える
キッズインストラクターを養成している北海道№1イクメン講師です。
主催者に準備を
お願いする物
・プロジェクター(可能であれば連動されたPC)
・スクリーン又はホワイトボード(無くても可)
講師が準備するもの ・パワーポイントのデータ
・PC(主催者様にて準備不能な場合)
  • 主催者の方はこちら
  • 講師・出演者の方はこちら
  • マンガでわかる「SBマーケット」
  • SBコンシェル
ご利用者の声
  • 毎回、講師の選定が大変なストレスでしたが、どんな講師が応募してくれるだろう?と逆に楽しみに・・・ (福祉団体)
  • 講師募集から開催日まで時間がなかったにもかかわらず、すぐにメールが何通もきまして講師の層・・・ (業界団体)
  • いつも講師を探すのに苦労していましたが、今回は講師から、こちらの希望・条件にあわせて提案を・・・ (製造業)
  • 短期間で複数のセミナー案を企画しなくてはいけないので、毎回ネタに困っていました。講師の・・・ (OA機器販売)
  • 全国規模での「講演依頼」の内容・ニーズがよく分かり、講師側としての新たな勉強の意欲が・・・ (コンサルタント)
  • >>もっと見る
システムブレーンからのお知らせ
  • 2018年01月01日
    あけましておめでとうございます
    お陰様で弊社の新サービス「SBマーケット」も9年目となりました。皆さんの日頃のご支援、ご協力に心より感謝申し上げます。
    今年も宜しくお願いいたします。
  • 2017年07月05日
    募集内容の書き方など、お気軽にご相談下さい。
    初めてSBマーケットをご利用される方の多くが、「講師募集の内容は、どんな事を書いたら良いのだろう?」と悩まれます。
    そうした際にはお気軽に事務局までご相談下さい。
    講師からの良いご提案が多く集まるように、募集内容のアドバイスや加筆なども行っております。
  • 2017年04月01日
    新年度です!
    多くの団体様にとって、4月は新年度の事業・催事の準備を進められる時期かと思います。外部から講師を招いての講演会・研修・セミナーなどお考えでしたら、ぜひ当サービス「SBマーケット」をご活用下さい。
     実力ある講師の方々が、皆様のお役に立つ「ご提案」をしていただけます!

    ※詳しくは、「マンガでわかるSBマーケット」をご覧ください。