印刷する

人生をいきいきと歩んでいくための認知行動療法
~過酷な環境をやり過ごすスキルを身につけよう!!~

講師名 山田文紀
講師名よみ やまだふみのり
肩書き 心理カウンセラー(臨床心理士)
医学博士
都道府県 神奈川県

プラン詳細

タイトル・演題 人生をいきいきと歩んでいくための認知行動療法
~過酷な環境をやり過ごすスキルを身につけよう!!~
スタイル区分 研修
想定する受講者区分 成人一般
受講者の説明 認知行動療法はうつ病や不安症の予防、治療、再発防止に有効性が証明されている心理療法である。落ち込みや不安を抱えると人は、活動が抑制されて、生産性が落ちてしまいます。人生を意欲的に生きていきたい方、人間関係で悩んでいる方、人生全般の質を高めたい方におすすめです。したがって、想定する受講者は、子どもから高齢者までが対象です。
受講者へ提供する価値
・伝えたい事
自分を認めてくれない上司、思い通りにならない部下、あるいは子どもたち、要求ばかりしてくる妻、通勤電車の中の腹立たしい人たちなど、人は自分以外に問題の所在を認めがちです。しかし、人がコントロールできるのは、自分の考え方(認知)と行動です。コントロールが難しい自分以外に変化を期待すると失望する機会が増え、高ストレス状態になります。認知行動療法は、変えることが出来る自分の認知と行動に焦点を当てた心理療法です。この技法と理論を学ぶことで驚くほど、あなたを取り巻く状況は変わるのです。
講演内容・概要 区分: メンタルヘルス
①心理教育:認知行動療法とは何か、概略、実践例と有効性のメカニズムについて体験的に理解していただきます。

②実践編:実際に参加者に認知行動療法を体験していただきます。問題の特定と適応的な認知(考え方、イメージ)と行動の実践法を学びます。

③日常生活に学んだスキルを組み込む仕掛けづくり

このように、認知行動療法を「知る」、「できるようになる」、「日常生活の中で実践する」この3段階で身に着けます。特に③が大切です。認知行動療法が効かないと言われる方の多くが③で失敗しています。これでは、「車を修理するためにカーショップへ行き、道具や部品を買って、それらを全部、レジへ置いてくるようなもので、車は修理できません」」 「」の部分をメタファー(隠喩)といいます。講座のなかでこのようなメタファーを多く使い、わかりやすく解説します。
根拠・関連する活動歴 勤務する精神科クリニックのデイケアで毎週1回、1時間の認知行動療法に基づいたリワークプログラムを10年間担当している。
主催者に準備を
お願いする物
参加者分の資料コピーとプリント、プロジェクター、PC、マイク、
講師が準備するもの USB、PC
  • 主催者の方はこちら
  • 講師・出演者の方はこちら
  • マンガでわかる「SBマーケット」
  • SBコンシェル
ご利用者の声
  • 毎回、講師の選定が大変なストレスでしたが、どんな講師が応募してくれるだろう?と逆に楽しみに・・・ (福祉団体)
  • 講師募集から開催日まで時間がなかったにもかかわらず、すぐにメールが何通もきまして講師の層・・・ (業界団体)
  • いつも講師を探すのに苦労していましたが、今回は講師から、こちらの希望・条件にあわせて提案を・・・ (製造業)
  • 短期間で複数のセミナー案を企画しなくてはいけないので、毎回ネタに困っていました。講師の・・・ (OA機器販売)
  • 全国規模での「講演依頼」の内容・ニーズがよく分かり、講師側としての新たな勉強の意欲が・・・ (コンサルタント)
  • >>もっと見る
システムブレーンからのお知らせ
  • 2021年08月31日
    「SBマーケット」サービス終了のお知らせ


    この度、急激な変革期を鑑み、2021年9月末日を以て「SBマーケットサービス」を終了させていただく事となりました。

    ●9月末日をもって、新規の講師募集案件は受付終了となります。

    ●既に講師募集を開始された案件、講師が決定している案件につきましては、10月以降もSBマイページでのやり取りを重ねていただき、開催終了まで進行していただけます。

    長らく当サービスをご活用頂きました主催者様、講師の方々に深く御礼申し上げます。
    今後は、「SBコンシェル」サービスに注力して、オンライン開催を含めた皆様の多様なご要望にお応えしていく所存です。

    突然のご案内となり誠に申し訳ございません。何卒ご理解・ご容赦いただきますようお願い申し上げます。