印刷する

「取材者マインド」で仕事も人生も豊かに

講師名 吉田光宏
講師名よみ よしだみつひろ
肩書き ジャーナリスト、PRプランナー
都道府県 広島県

プラン詳細

タイトル・演題 「取材者マインド」で仕事も人生も豊かに
スタイル区分 講演
想定する受講者区分 成人一般
受講者の説明 モチベーションアップが期待される社員研修などの受講者
収益増や知名度アップにつながるPRに興味を持っている経営者
「伝わる」文章を上手に書きたい人
新聞記者や刑事もののテレビドラマや映画が好きな人
受講者へ提供する価値
・伝えたい事
ICTやAIなどテクノロジーの進化や価値観の多様化が急速に進む中、柔軟な創造力とスピード感のある行動力がなければ生き残れない。現代社会には莫大な情報があふれ、その多くは発信者の価値観が込められているが、「自分の目で本質を見極める」ことこそイノベーションを可能にし、自分らしい生き方を可能にすることを訴えたい。豊富な情報と考える力を両輪にし、知的好奇心を推進力にするのが「取材者マインド」である。
取材・執筆に加え、メディア露出成功率95%以上のPR支援のコンサルティングや出版の仕事についても「取材力」の大切さを訴える。
講演内容・概要 区分: 意識改革
<取材などで体験した失敗やエピソードの紹介>
・ 偽造貨幣事件が幻のスクープに
・ 発砲事件犯人の連行写真スクープがどうしてできたか
・ 顔写真入手のためのあくなき執念
・ 直売所成功の理由を聞いて「!」
・ 人気作家の「とんでもない過去」に共感
・ 英語が通じないロシアでジェスチャー会話
・ 記者クラブでの発表に、どこの社も現れなかった顛末
<進行>
これまでの取材活動の実体験を示し、失敗と成功を繰り返しながらノウハウを蓄積していったことを紹介する。さらに、そうした経験が現在のPR支援や出版の活動につながっていることへ展開する。できるだけ主催者の業種や関連する分野などにふさわしい取材テーマを盛り込む。
パワーポイントを使用し、話の内容が事実である「証拠」の写真やYoutube動画など視覚・聴覚に訴える。
根拠・関連する活動歴 新聞配達(中学生時代)、新聞部部長(高校生時代)、新聞社入社、独立と取材と執筆の生活を続け、PR支援、出版の仕事に広げている現在まで「取材する視点」を持ち続けてきた。
仕事とは別に、忠臣蔵や松尾芭蕉など元禄期の出来事、人物について史実を確認するための取材旅行を続けている。
主催者に準備を
お願いする物
プロジェクター
講師が準備するもの パソコン
新聞配達(中学生時代)、新聞部部長(高校生時代)、新聞社入社、独立と取材と執筆の生活を続け、現在はPR支援、出版の仕事にも取り組んでおり、常に「取材する視点」を持ち続けてきた。 忠臣蔵や松尾芭蕉など元禄期の出来事、人物について史実を確認するための取材旅行を続けている。
  • 主催者の方はこちら
  • 講師・出演者の方はこちら
  • マンガでわかる「SBマーケット」
  • SBコンシェル
ご利用者の声
  • 毎回、講師の選定が大変なストレスでしたが、どんな講師が応募してくれるだろう?と逆に楽しみに・・・ (福祉団体)
  • 講師募集から開催日まで時間がなかったにもかかわらず、すぐにメールが何通もきまして講師の層・・・ (業界団体)
  • いつも講師を探すのに苦労していましたが、今回は講師から、こちらの希望・条件にあわせて提案を・・・ (製造業)
  • 短期間で複数のセミナー案を企画しなくてはいけないので、毎回ネタに困っていました。講師の・・・ (OA機器販売)
  • 全国規模での「講演依頼」の内容・ニーズがよく分かり、講師側としての新たな勉強の意欲が・・・ (コンサルタント)
  • >>もっと見る
システムブレーンからのお知らせ
  • 2019年04月01日
    新年度です!
    多くの団体様にとって、4月は新年度の事業・催事の準備を進められる時期かと思います。外部から講師を招いての講演会・研修・セミナーなどお考えでしたら、ぜひ当サービス「SBマーケット」をご活用下さい。
     実力ある講師の方々が、皆様のお役に立つ「ご提案」をしていただけます!

    ※詳しくは、「マンガでわかるSBマーケット」をご覧ください。
  • 2019年01月01日
    あけましておめでとうございます
    お陰様で弊社の新サービス「SBマーケット」も9年目となりました。皆さんの日頃のご支援、ご協力に心より感謝申し上げます。
    今年も宜しくお願いいたします。
  • 2018年07月05日
    募集内容の書き方など、お気軽にご相談下さい。
    初めてSBマーケットをご利用される方の多くが、「講師募集の内容は、どんな事を書いたら良いのだろう?」と悩まれます。
    そうした際にはお気軽に事務局までご相談下さい。
    講師からの良いご提案が多く集まるように、募集内容のアドバイスや加筆なども行っております。