印刷する

DXによるビジネスをどう考えるか。

講師名 海野恵一
講師名よみ うんのけいいち
肩書き 海野塾 塾長、元 アクセンチュア 代表取締役
都道府県 東京都

プラン詳細

タイトル・演題 DXによるビジネスをどう考えるか。
スタイル区分 講演
受講者の説明 経営者 管理者 営業
受講者へ提供する価値
・伝えたい事
DXの考え方を利用して企業を活性化させたい。
DXを顧客に売るための考え方を模索したい。
講演内容・概要 アリババの世界は技術がすごいのではない。
IoTとかAIの一つ一つは大きな変革ではない。ただ、積み重ねた結果が大変革になる。
IOTとAIの本質はものからデータ、そしてサービスを顧客に提供することにある。
顧客にどういう未来を売るのか。
IoTやAI を直接、売ってはいけない。顧客の問題を解決しなければならない。
トラクターメーカーのJohn Deereは農家にライセンスを売っているだけだ。
テスラは車を売っても手放してはない。
ロボットが数年で車椅子を不要にする。
ルンバによって家庭のIoTとAIは加速する。
家庭のIoTは先端技術ばかりではない。
Akerunは技術で勝ったのではない。
中国平安保険は顔認証を融資の判断の材料にしている。
西側諸国では個人情報が制約されるので、属人的な情報の管理はできなくなるが、匿名で行うことは出来る。
中国は5Gを利用してすべての企業をIoTでつなげてしまい、国家がすべてを管理する。
2025年までにIoTの機器は250億個になるが企業が繋げるかどうかはわからない。
5G IoTのMarketは巨大だが、日本の企業は縦割り社会なので、簡単ではない。
中国ではキャッシュレスがITの革新を牽引しているが、日本はそうならない。
中国にはプライバシーがないので、個人の領域へのIoTやAIの導入が簡単にできる。
今のままだとホアウェイと他の5G技術との相互乗り入れを考えなければならない。
どこからでもハッキングされる可能性が出てくる。
企業のシステムバグが目立つようになる。
今なぜSDGSなのか?何が社会に貢献できるのか。それがどう利益に結びつくのか。
競合がでかすぎるが、圧倒されてはいけない。
彼らの投資金額には勝てない。しかし、勝負に負けたのではない。
日本が得意としていた産業も安泰ではない。
なにかすごい戦略が必要なのではない。
あとは必ず勝てるという信念が必要だ。
根拠・関連する活動歴 元アクセンチュア代表取締役
大企業向けの講演多数
主催者に準備を
お願いする物
プロジェクター
講師が準備するもの パワーポイント
  • 主催者の方はこちら
  • 講師・出演者の方はこちら
  • マンガでわかる「SBマーケット」
  • SBコンシェル
ご利用者の声
  • 毎回、講師の選定が大変なストレスでしたが、どんな講師が応募してくれるだろう?と逆に楽しみに・・・ (福祉団体)
  • 講師募集から開催日まで時間がなかったにもかかわらず、すぐにメールが何通もきまして講師の層・・・ (業界団体)
  • いつも講師を探すのに苦労していましたが、今回は講師から、こちらの希望・条件にあわせて提案を・・・ (製造業)
  • 短期間で複数のセミナー案を企画しなくてはいけないので、毎回ネタに困っていました。講師の・・・ (OA機器販売)
  • 全国規模での「講演依頼」の内容・ニーズがよく分かり、講師側としての新たな勉強の意欲が・・・ (コンサルタント)
  • >>もっと見る
システムブレーンからのお知らせ
  • 2020年01月01日
    あけましておめでとうございます
    お陰様で弊社の新サービス「SBマーケット」も10年目となりました。皆さんの日頃のご支援、ご協力に心より感謝申し上げます。
    今年も宜しくお願いいたします。
  • 2019年07月05日
    募集内容の書き方など、お気軽にご相談下さい。
    初めてSBマーケットをご利用される方の多くが、「講師募集の内容は、どんな事を書いたら良いのだろう?」と悩まれます。
    そうした際にはお気軽に事務局までご相談下さい。
    講師からの良いご提案が多く集まるように、募集内容のアドバイスや加筆なども行っております。
  • 2019年04月01日
    新年度です!
    多くの団体様にとって、4月は新年度の事業・催事の準備を進められる時期かと思います。外部から講師を招いての講演会・研修・セミナーなどお考えでしたら、ぜひ当サービス「SBマーケット」をご活用下さい。
     実力ある講師の方々が、皆様のお役に立つ「ご提案」をしていただけます!

    ※詳しくは、「マンガでわかるSBマーケット」をご覧ください。