印刷する

【安全・快適】に仕事をする
~プロボクサー式カンタン体改善法~

講師名 長野憲次
講師名よみ ながのけんじ
肩書き 元 プロボクサー、健康経営エキスパートアドバイザー、パーソナルトレーナー
都道府県 兵庫県

プラン詳細

タイトル・演題 【安全・快適】に仕事をする
~プロボクサー式カンタン体改善法~
スタイル区分 講演
想定する受講者区分 製造職
受講者の説明 安全大会参加者の方
労働組合員の方
従業員の健康レベルを向上させたい企業
受講者へ提供する価値
・伝えたい事
安全に健やかに仕事をするために重要なのは、
メンタルの安定と体力の充実が必要不可欠ですが、
それを保つのは容易なことではありません。

「年齢を重ねるごとに体力が落ちたのを実感する」
「メンタルのコントロールっていまいちわからない」
このように体力の低下を感じたり疲れやすくなったという
方も少なくないのではないかと思います。

そんな方にオススメなのが、
⑴体の使い方(姿勢)を変える
⑵休養の質を上げる
という2つの方法です。

まず⑴ですが、
筋力や体力は年齢によって低下するのは避けられませんので
いかにして筋肉への負担を減らすか。
いかに負担の少ない体の使い方ができるかという考え方が重要です。

これはボクサー時代にラウンド後半になって疲れても、
動きの質を落とさないようにするにはどうすればいいのかを
研究していた経験を基にお伝えします。
(腰痛に悩む介護職の方に実施したところ、7割の方の腰痛が改善されました)

次に⑵ですが、
ただ休む休養ではなく、
「積極的回復」を推奨します。
積極的回復とは軽い運動を行ったり、
呼吸法などで自ら心と体を整えていく方法です。

これらの内容を、
プロボクサー時代の失敗談や、
パーソナルトレーナーとして経験した事例などをおりまぜながら
わかりやすく実践形式でお伝えいたします。
講演内容・概要 区分: 健康
⑴なぜ体の動きや姿勢が健康に大切なのか (お話)

⑵体チェック(実践)
・体の動きチェック
・姿勢チェック
・呼吸チェック

体重、体脂肪、血圧など数字で見えるものは把握できますが、
関節の動きや姿勢などチェックする機会は少ないかと思います。
それらを把握することで疲れの原因を明確にする事が可能です。

⑶エクササイズ(実践)
・その場で簡単ストレッチ 〜各関節の動きをスムーズに〜
・すぐに効果を実感できる呼吸法

⑷再チェック(実践)
・体の動きチェック
・姿勢チェック
・呼吸チェック
はじめに比べて動きが良くなったことが実感でき、
健康意識の向上に繋げていきます。

⑸グループディスカッション
・健康について
・今から行動に繋げるには
根拠・関連する活動歴 プロボクサー時代のケガの経験がキッカケとなり、
体の健康のスペシャリストであるパーソナルトレーナーとして9年間従事。

体のことだけでなく、
自身のADHDを克服したストレスマネジメント方法などを多数お伝えしてきました。
  • 主催者の方はこちら
  • 講師・出演者の方はこちら
  • マンガでわかる「SBマーケット」
  • SBコンシェル
ご利用者の声
  • 毎回、講師の選定が大変なストレスでしたが、どんな講師が応募してくれるだろう?と逆に楽しみに・・・ (福祉団体)
  • 講師募集から開催日まで時間がなかったにもかかわらず、すぐにメールが何通もきまして講師の層・・・ (業界団体)
  • いつも講師を探すのに苦労していましたが、今回は講師から、こちらの希望・条件にあわせて提案を・・・ (製造業)
  • 短期間で複数のセミナー案を企画しなくてはいけないので、毎回ネタに困っていました。講師の・・・ (OA機器販売)
  • 全国規模での「講演依頼」の内容・ニーズがよく分かり、講師側としての新たな勉強の意欲が・・・ (コンサルタント)
  • >>もっと見る
システムブレーンからのお知らせ
  • 2021年08月31日
    「SBマーケット」サービス終了のお知らせ


    この度、急激な変革期を鑑み、2021年9月末日を以て「SBマーケットサービス」を終了させていただく事となりました。

    ●9月末日をもって、新規の講師募集案件は受付終了となります。

    ●既に講師募集を開始された案件、講師が決定している案件につきましては、10月以降もSBマイページでのやり取りを重ねていただき、開催終了まで進行していただけます。

    長らく当サービスをご活用頂きました主催者様、講師の方々に深く御礼申し上げます。
    今後は、「SBコンシェル」サービスに注力して、オンライン開催を含めた皆様の多様なご要望にお応えしていく所存です。

    突然のご案内となり誠に申し訳ございません。何卒ご理解・ご容赦いただきますようお願い申し上げます。