印刷する

市民レベルの国際交流とツーウェイツーリズムの重要性

講師名 小畑博正
講師名よみ おばたひろまさ
肩書き おばっぴーツーリズム総研代表
ハイパートラベルクリエーター
嵯峨美術大学芸術学部デザイン学科教授
都道府県 兵庫県

プラン詳細

タイトル・演題 市民レベルの国際交流とツーウェイツーリズムの重要性
スタイル区分 講演
想定する受講者区分 成人一般
受講者の説明 地方自治体、観光協会、観光関連団体、民間交流団体、教育関連(高校、PTA等)、地域においてこれから観光に取り組もうとお考えの組織、団体、個人。
受講者へ提供する価値
・伝えたい事
地方創生を推進する手段として多くの地域が観光を活用して取り組んでいます。しかしながら自らの価値を本当にその地域が理解しての取り組みとなっているでしょうか?間違った、独善的な、自己満足なだけの取り組みとなっていないでしょうか?観光をスタートアップさせるにあたり、まずは世界を見ること、そしてその上で自らの足元を知見をもって見つめ直すことが重要ではないでしょうか。そのためにも市民レベルでの交際交流を踏まえて観光に取り組むスタンスが大切です。「おもてなし」をする上で、「おもてなし」を受ける経験になるツーウェイツーリズムの重要性を提案していくこととします。
講演内容・概要 区分: 国際化・グローバル
講演の流れ(進行例)
1.プロローグ 観光とは?観光に取り組むということ。
2.観光の持つ様々な側面(観光の功罪)
3.世界の優れた観光資源(事例を明示して説明)
4.世界を視野に自らの足元を見つめなおすこと
5.地域の価値を再確認するツーウェイツーリズムの重要性
6.まとめ
※自己紹介を兼ねた過去のテレビ出演等のDVD映像上映(約10分)
根拠・関連する活動歴 「こんなものが観光に?」「こんなところで観光?」、現在の日本各地で地方創生を観光を手段として取り組んでいる地域が数多くみられます。しかしながら、残念ではありますが独りよがりの独善的な自己満足的な取り組みとなっているケースが散見されます。どの地域の観光資源も工夫と打ち出し方で素晴らしいものになるポテンシャルを備えながら、間違った方向性でのアウトプットになっているということです。まずは世界の先進事例を見て、自らの足元を見つめなおすことが求められているのではないでしょうか?
主催者に準備を
お願いする物
スクリーン、プロジェクター、DVDプレーヤー
講師が準備するもの PC
  • 主催者の方はこちら
  • 講師・出演者の方はこちら
  • マンガでわかる「SBマーケット」
  • SBコンシェル
ご利用者の声
  • 毎回、講師の選定が大変なストレスでしたが、どんな講師が応募してくれるだろう?と逆に楽しみに・・・ (福祉団体)
  • 講師募集から開催日まで時間がなかったにもかかわらず、すぐにメールが何通もきまして講師の層・・・ (業界団体)
  • いつも講師を探すのに苦労していましたが、今回は講師から、こちらの希望・条件にあわせて提案を・・・ (製造業)
  • 短期間で複数のセミナー案を企画しなくてはいけないので、毎回ネタに困っていました。講師の・・・ (OA機器販売)
  • 全国規模での「講演依頼」の内容・ニーズがよく分かり、講師側としての新たな勉強の意欲が・・・ (コンサルタント)
  • >>もっと見る
システムブレーンからのお知らせ
  • 2021年08月31日
    「SBマーケット」サービス終了のお知らせ


    この度、急激な変革期を鑑み、2021年9月末日を以て「SBマーケットサービス」を終了させていただく事となりました。

    ●9月末日をもって、新規の講師募集案件は受付終了となります。

    ●既に講師募集を開始された案件、講師が決定している案件につきましては、10月以降もSBマイページでのやり取りを重ねていただき、開催終了まで進行していただけます。

    長らく当サービスをご活用頂きました主催者様、講師の方々に深く御礼申し上げます。
    今後は、「SBコンシェル」サービスに注力して、オンライン開催を含めた皆様の多様なご要望にお応えしていく所存です。

    突然のご案内となり誠に申し訳ございません。何卒ご理解・ご容赦いただきますようお願い申し上げます。