印刷する

爆笑!認知症介護体験談 認知星人じーじ

講師名 黒川玲子
講師名よみ くろかわれいこ
肩書き 介護のための接遇マナーインストラクター
コラムニスト
都道府県 埼玉県

プラン詳細

タイトル・演題 爆笑!認知症介護体験談 認知星人じーじ
スタイル区分 講演
受講者の説明 「認知症」に漠然とした不安を抱いている方。親や祖母・祖父の認知症でお困りの方。自分が認知症になったらどうしたらいいのか不安を抱いている方。
「介護」が暗い、辛いというイメージをお持ちの方。「介護」の事は全く知らないけど、先行きに不安を抱いている方。とにかく笑いたい方!
受講者へ提供する価値
・伝えたい事
とかく、認知症介護は暗い、辛い、大変。もし親がそうなったらどうしよう・・・自分がそうなったらどうしよう!と思っている方へ、認知症の父を「認知星人」だと思った日から、大変なはずの認知症介護を楽しんでいる体験談。発想の転換から、見える世界が180度変わることを伝えたい。日頃職場内での人間関係で悩んでいる人にも「なるほど、そうゆうことか」とも思って頂ける内容。
講演内容・概要 2年前まで元気だった父が、ある日突然「アルツハイマー型の認知症に」。訳の解らない行動や、訳のわからないことを言って、家族を困らせる父。父の認知症を受け入れられずイライラする介護者。しかし、ある日、父が訳の解らない行動をする前に、あるポーズをすることを発見。そのポーズはまさしく、認知星と交信しているように見えた。その日を境に「じーじは認知星人に変身すると、訳のわからない行動をするんだ」と思ってから、じーじの日々の行動に対して、怒るどころか、面白くなってきた。あの手この手を使って介護者を翻弄するじーじに対して、介護者は「地球防衛軍」に変身して、じーじの行動を治めてしまう。
とにかく笑えて楽しいお話しです。
根拠・関連する活動歴 ・2001年より成長期の大手介護事業会社において、事業所への指導、ヘルパー1級・2級養成講座を立ち上げ、講座の運営に係わる介護のプロ
・2019年4月より、埼玉新聞にて毎週水曜日「認知星人じーじ 楽しい介護実践中」のコラム掲載中
・2020年6月海竜社より書籍化決定
【資格】
東京都福祉サービス第三者評価員 評価者(H1501049)
訪問介護員 2級/認知症介助士
医療福祉接遇インストラクター/終活カウンセラー
主催者に準備を
お願いする物
なし
講師が準備するもの なし
  • 主催者の方はこちら
  • 講師・出演者の方はこちら
  • マンガでわかる「SBマーケット」
  • SBコンシェル
ご利用者の声
  • 毎回、講師の選定が大変なストレスでしたが、どんな講師が応募してくれるだろう?と逆に楽しみに・・・ (福祉団体)
  • 講師募集から開催日まで時間がなかったにもかかわらず、すぐにメールが何通もきまして講師の層・・・ (業界団体)
  • いつも講師を探すのに苦労していましたが、今回は講師から、こちらの希望・条件にあわせて提案を・・・ (製造業)
  • 短期間で複数のセミナー案を企画しなくてはいけないので、毎回ネタに困っていました。講師の・・・ (OA機器販売)
  • 全国規模での「講演依頼」の内容・ニーズがよく分かり、講師側としての新たな勉強の意欲が・・・ (コンサルタント)
  • >>もっと見る
システムブレーンからのお知らせ
  • 2021年08月31日
    「SBマーケット」サービス終了のお知らせ


    この度、急激な変革期を鑑み、2021年9月末日を以て「SBマーケットサービス」を終了させていただく事となりました。

    ●9月末日をもって、新規の講師募集案件は受付終了となります。

    ●既に講師募集を開始された案件、講師が決定している案件につきましては、10月以降もSBマイページでのやり取りを重ねていただき、開催終了まで進行していただけます。

    長らく当サービスをご活用頂きました主催者様、講師の方々に深く御礼申し上げます。
    今後は、「SBコンシェル」サービスに注力して、オンライン開催を含めた皆様の多様なご要望にお応えしていく所存です。

    突然のご案内となり誠に申し訳ございません。何卒ご理解・ご容赦いただきますようお願い申し上げます。