印刷する

「フィンテック時代の資産運用方法」

講師名 太田 創
講師名よみ おおたつくる
肩書き 一般社団法人日本つみたて投資協会 代表理事
都道府県 東京都

プラン詳細

タイトル・演題 「フィンテック時代の資産運用方法」
スタイル区分 講演
想定する受講者区分 資産家
受講者の説明 20代以上の方に向け、来るフィンテック時代にどのような金融リテラシーを付けたらいいかを解説。
単に金融用語を理解するのにとどまらず、さまざまな金融機関やガジェットを使いこなすための金融ビヘイビアを解説します。
受講者へ提供する価値
・伝えたい事
もう金融機関の店頭に行く時代は終わりました。金融機関に相談するのではなく、これからはみなさま自信が能動的に行動しないと、この低金利時代で資産運用はできません。
ここの勘所をご教示いたします。
講演内容・概要 区分: ライフプラン
① フィンテックとは ~難しい概念ではない~
② 新しい金融サービスを使いこなそう
③ コストに厳しく
④ フィンテック時代の資産運用方法
根拠・関連する活動歴 <ご参考:太田 創 職歴等>
・1985年3月:関西学院大学 経済学部卒
1985年:三菱銀行(現・三菱UFJ銀行)入社
小岩支店、語学留学(イタリア 1.5年)、海外資金証券・投信業務(ロンドン
5年/サンパウロ4年)、現・三菱UFJ国際投信、個人部(本部)
2000年:シティグループ(米国)
 (国内:個人資産運用部門、プライベートバンク部門、証券部門)
2006年:UBSウェルス・マネジメント(スイス)
 (国内:投資信託企画・営業推進部門)
2007年:フィデリティ投信(米国)
 (投資信託・商品企画部長)
・2015年:GCIアセット・マネジメント
 (投資信託部門 執行役員そ)
2019年8月:一般社団法人 日本つみたて投資協会 設立

<メディア・出稿/寄稿>
メディア:テレビ:TV東京 ワールドビジネスサテライト/日経CNBC
ラジオ:ラジオ日経 新聞:日本経済新聞/日本証券新聞、など 
雑誌:週刊東洋経済/週刊エコノミスト/週刊ダイヤモンド/日経マネー/東洋経済オンライン/プレジデント・ウーマン/週刊SPA!/ファンド情報/ニッキン・ファンド情報、など
連載・執筆:LIMO(Yahoo!ニュース)/幻冬舎ゴールドオンライン/パンローリングブログ(ほぼ日刊)/日経マネー、など

<著作>
毎月3万円で3000万円の「プライベート年金」をつくる 米国つみたて投資
お金持ち入門
ETF投資入門 上場投信・徹底活用ガイド
筋肉バンカー沢村大輔 《誕生編》
筋肉バンカー沢村大輔 《円安編》
DVD ETF(上場投信)投資術~戦術、リスク管理、売買タイミング~
株・3ヶ月で年収の半分を稼いだ南山式投資術―誰でも1分で見つけられる有望銘柄
7戦7勝・10万円から始める南山式ETF〈上場投信〉投資術
講師が準備するもの パワーポイント(ソフトコピー)
  • 主催者の方はこちら
  • 講師・出演者の方はこちら
  • マンガでわかる「SBマーケット」
  • SBコンシェル
ご利用者の声
  • 毎回、講師の選定が大変なストレスでしたが、どんな講師が応募してくれるだろう?と逆に楽しみに・・・ (福祉団体)
  • 講師募集から開催日まで時間がなかったにもかかわらず、すぐにメールが何通もきまして講師の層・・・ (業界団体)
  • いつも講師を探すのに苦労していましたが、今回は講師から、こちらの希望・条件にあわせて提案を・・・ (製造業)
  • 短期間で複数のセミナー案を企画しなくてはいけないので、毎回ネタに困っていました。講師の・・・ (OA機器販売)
  • 全国規模での「講演依頼」の内容・ニーズがよく分かり、講師側としての新たな勉強の意欲が・・・ (コンサルタント)
  • >>もっと見る
システムブレーンからのお知らせ
  • 2019年04月01日
    新年度です!
    多くの団体様にとって、4月は新年度の事業・催事の準備を進められる時期かと思います。外部から講師を招いての講演会・研修・セミナーなどお考えでしたら、ぜひ当サービス「SBマーケット」をご活用下さい。
     実力ある講師の方々が、皆様のお役に立つ「ご提案」をしていただけます!

    ※詳しくは、「マンガでわかるSBマーケット」をご覧ください。
  • 2019年01月01日
    あけましておめでとうございます
    お陰様で弊社の新サービス「SBマーケット」も9年目となりました。皆さんの日頃のご支援、ご協力に心より感謝申し上げます。
    今年も宜しくお願いいたします。
  • 2018年07月05日
    募集内容の書き方など、お気軽にご相談下さい。
    初めてSBマーケットをご利用される方の多くが、「講師募集の内容は、どんな事を書いたら良いのだろう?」と悩まれます。
    そうした際にはお気軽に事務局までご相談下さい。
    講師からの良いご提案が多く集まるように、募集内容のアドバイスや加筆なども行っております。