印刷する

離職を防ぐ働きやすい環境づくり 
1 on 1を取り入れた職場のコミュニケーション術

講師名 小林 毅
講師名よみ こばやしたけし
肩書き 人材コンサルタント
国家資格キャリアコンサルタント
都道府県 千葉県

プラン詳細

タイトル・演題 離職を防ぐ働きやすい環境づくり 
1 on 1を取り入れた職場のコミュニケーション術
スタイル区分 講演
想定する受講者区分 管理職
受講者の説明 経営者、管理職
受講者へ提供する価値
・伝えたい事
高齢化が進み、労働人口が激減していく中、中小企業の人材不足は絶望的な事態となっています。採用環境が厳しい現状下に、更に定着率が高い状況となれば、次世代を担う人材が育たず、企業経営が成り立たなくなります。そのためには従業員の定着率を上げることが重要で、より働きやすい職場環境づくりが急務となっています。
本セミナーでは、『働き方改革』が進み、従来の職場でのコミュニケーションが大きく変化していく中、経営者と社員、管理職と部下との新しい時代にふさわしい関係性を学び『働きやすい職場づくり」を実現することを目的とします。
講演内容・概要 区分: 人材・組織マネージメント
①間違いだらけの職場コミュニケーション
・このくらいはわかるだろう、と察する力を部下にもとめてしまうことの弊害
・世代間ギャップを考えず、俺の時代はな・・・と我流を強要することの弊害
②今の若い世代が考えている働き方について
・飽食世代が持つ「欲がない人生」を知る
・ライフキャリアとジョブキャリアの違いを知り、今どきの人生観を理解する
③管理職が陥りがちな「自分=正義」の危険な図式
・大勢の前で「部下を叱咤激励」はただのパワハラとなってしまう危険性
・「赤提灯」で部下の本音を知ろうとしても、誰もついてこない
④傾聴の姿勢を持つ
・部下の気持ちに寄り添い「傾聴の大切さ」を知り、知・情・意を捉える
・答えを押し付けるのではなく、意思決定ができるよう働きかける
⑤ケーススタディ、ロールプレイを通じて、相談の重要性を理解する
・起こりがちな事例を検証し、どのように対応するべきかを検討する
・ロールプレイを行い、成果を肌で感じてもらう
⑥職場定着率を向上させるマネジメントを知る
・モチベーションを上げ、労働生産性を上げる
・職場環境の改善で定着率を上げ、強い組織を作る
根拠・関連する活動歴 人材ビジネスに15年強携わり、多くの求人企業、求職者をサポートする。転職を考えるきっかけは、待遇面や企業の将来性も大きいが、職場環境への不満や上司とのコミュニケーション不足もかなり大きいことがわかる。
転職すれば問題が解決する訳では決してなく、むしろコミュニケーションの機会を増やすだけで、大きく問題改善へ向かうことが実証されている。国が推進するキャリアコンサルタント制度導入も、職場定着、労働生産性向上が大きな目的となっている。

国家資格キャリアコンサルタント
  • 主催者の方はこちら
  • 講師・出演者の方はこちら
  • マンガでわかる「SBマーケット」
  • SBコンシェル
ご利用者の声
  • 毎回、講師の選定が大変なストレスでしたが、どんな講師が応募してくれるだろう?と逆に楽しみに・・・ (福祉団体)
  • 講師募集から開催日まで時間がなかったにもかかわらず、すぐにメールが何通もきまして講師の層・・・ (業界団体)
  • いつも講師を探すのに苦労していましたが、今回は講師から、こちらの希望・条件にあわせて提案を・・・ (製造業)
  • 短期間で複数のセミナー案を企画しなくてはいけないので、毎回ネタに困っていました。講師の・・・ (OA機器販売)
  • 全国規模での「講演依頼」の内容・ニーズがよく分かり、講師側としての新たな勉強の意欲が・・・ (コンサルタント)
  • >>もっと見る
システムブレーンからのお知らせ
  • 2019年04月01日
    新年度です!
    多くの団体様にとって、4月は新年度の事業・催事の準備を進められる時期かと思います。外部から講師を招いての講演会・研修・セミナーなどお考えでしたら、ぜひ当サービス「SBマーケット」をご活用下さい。
     実力ある講師の方々が、皆様のお役に立つ「ご提案」をしていただけます!

    ※詳しくは、「マンガでわかるSBマーケット」をご覧ください。
  • 2019年01月01日
    あけましておめでとうございます
    お陰様で弊社の新サービス「SBマーケット」も9年目となりました。皆さんの日頃のご支援、ご協力に心より感謝申し上げます。
    今年も宜しくお願いいたします。
  • 2018年07月05日
    募集内容の書き方など、お気軽にご相談下さい。
    初めてSBマーケットをご利用される方の多くが、「講師募集の内容は、どんな事を書いたら良いのだろう?」と悩まれます。
    そうした際にはお気軽に事務局までご相談下さい。
    講師からの良いご提案が多く集まるように、募集内容のアドバイスや加筆なども行っております。