印刷する

中高年起業の成功確率を上げる、マイクロM&Aという選択
~ マイクロM&Aを知らずに独立起業すると失敗を招く3つの理由 ~

講師名 中山幸利
講師名よみ なかやまゆきとし
肩書き マイクロM&Aアドバイザー
中高年起業アドバイザー
小規模事業者継承アドバイザー
都道府県 東京都

プラン詳細

タイトル・演題 中高年起業の成功確率を上げる、マイクロM&Aという選択
~ マイクロM&Aを知らずに独立起業すると失敗を招く3つの理由 ~
スタイル区分 講演
想定する受講者区分 管理職
受講者の説明 ・想いはあるが、起業へ踏み出せずお悩みの中高年の方
・これからの働き方に不安を抱いている中高年の方
・起業したいが、やりたいことが分からず悶々としている中高年の方
・マイクロM&Aに興味はあるが、自分には手を出せないと思っていらっしゃる中高年の方
・事業承継は困難と諦めかけている中小規模企業経営者様
受講者へ提供する価値
・伝えたい事
昨今、サラリーマンの方の起業に対する意識に変化が表れているように見受けられます。
会社員としての就業可能年数よりも、まだまだ働きたいと思う年数がより延びている事まず挙げられると思います。特に中高年にとっては身近に迫る切実な問題です。この様な背景から、改めて独立・起業は出来ないものかと考えられている中高年の方が多くいらっしゃいます。しかし現実は、起業のハードルは高く感じられ、具体的な行動に結びつかないのです。
 
 かく言う私も、40代前半で会社を飛び出し、起業を試みましたが見事に失敗し、その後サラリーマン
に戻ってからは、益々独立のハードルを高く感じておりました。それでも40代であれば会社員として
は旬の期間、相応の充実感がありました。しかし50代になると徐々に環境が変わってきていると感じ始
めました。役職定年、定年退職とサラリーマンの終わりが見えてきたことです。自分はまだまだ働けるし
仕事もしたいと、切羽詰まる様な葛藤がありました。ですが就社の期間は有限です。その様な中、独立起
業が出来ないものかと、再度頭を擡げました。40代の時とは全く違うもので、せざる得ないというもの
が原動力でした。ですが、人脈も営業力も豊富ではない自分と、過去の失敗のトラウマが有る者にとって
どうすれば良いのかと模索しているとき、ふと立ち寄った書店で、個人でも事業の継承ができるマイクロ
M&Aというものが有ると知りました。よし、これにかけてみようと早速手当たり次第に当たってみなし
た。しかし、実際は個人という事もあったためか返答も頂けず、交渉にも着けない案件も多々ありました。
また、交渉に進んだとしても、財務状況、負債状況、経営状況の詳細は掴みにくく猜疑心の塊となる始末
でした。その後、何十社へと当たったでしょうか、ようやく昨年に小規模事業社の買収が叶い、事業継承
し独立を果たすこととなりました。

成約に至るまでの間、専門家に依頼すると高額の為、案件によっては二の足を踏んでしまい、せっかくの好案件を逃してしまう事もありました。
手軽に相談ができ、助言をもらえる方が居れば判断の手助けになると常に思っておりました。そのような当時の私と同じような悩みをお持ちの方々の手助けとなればとの想いから、今年に入り中高年の方向けに、マイクロM&A特化型の起業支援アドバイザー事業を始めました。
 
起業するのであれば、やはり成功確率が高ければ、本人もご家族にとっても精神的にも負担が少なくて済みます。この成功確率を上げる手段の一つに、既存事業の買収が挙げられます。マイクロM&Aは個人が主体になり小規模事業の買収を行えるものです。 小規模事業で後継者不足による廃業を余儀なくされる事業の半数は黒字事業です。事業数からすれば圧倒的に承継者が不足している事となります。

また、成約後も当初は会社員との副業ベースでの事業運営という二束の草鞋でスタートさせました。
如何にリスクマネージメントを取りながら独立を果たせるか、といったプロセスも交えてお話させて頂きます。内容は半歩先を行く者からのメッセージとして、リアルに感じ取って頂けるものと確信しており、是非とも活かせる事案を持ち帰っていただきたいと思っております。
講演内容・概要 区分: その他ビジネストピック
1.マイクロM&Aを2つの側面から『理解する』

  ・マイクロM&A市場の現状
    市場規模
    仲介市場
    様々なプレーヤーの存在

  ・埋もれている宝の存在
    黒字廃業
    売却に出てこない事情とは

2.マイクロM&Aが、中高年の独立起業に最適な3つの理由
  ゼロイチ起業で最も苦労するものが既に揃っている

   ・顧客が存在する
     既にリピーターがいる
     売上げがある

   ・事業が成り立っている
     既に運営されている
     実績がある

   ・使えるリソースがある
     前事業主のリソースがある
     事業そのもののリソースがある

3.マイクロM&A、飛びついてはいけない3つの事由
   明示的な価値と暗示的な価値を捉える

   ・安いからと、飛びつく
    安価な提示金額に潜む危険な理由
    集客・営業ができていない
    損益分岐点を超えない

   ・今後黒字になる見込みだからと、飛びつく
    今後とはいつなのか
    当初の見込みと現実のギャップ

   ・楽そうだからと、飛びつく
     継続性の疑義
     汎用性はあるのか
根拠・関連する活動歴 自分自身の実体験を通しても言える事ですが、起業するのであれば、やはり成功確率が高ければ、本人もご家族にとっても精神的にも負担が少なくて済みます。この成功確率を上げる手段の一つに、既存事業の買収が挙げられます。マイクロM&Aは個人が主体になり小規模事業の買収を行えるものです。 小規模事業で後継者不足による廃業を余儀なくされる事業の半数は黒字事業です。事業数からすれば圧倒的に承継者が不足している事となります。

また、成約後も当初は会社員との副業ベースでの事業運営という二束の草鞋でスタートさせました。
如何にリスクマネージメントを取りながら独立を果たせるか、といったプロセスも交えてお話させて頂きます。内容は半歩先を行く者からのメッセージとして、リアルに感じ取って頂けるものと確信しております。
  • 主催者の方はこちら
  • 講師・出演者の方はこちら
  • マンガでわかる「SBマーケット」
  • SBコンシェル
ご利用者の声
  • 毎回、講師の選定が大変なストレスでしたが、どんな講師が応募してくれるだろう?と逆に楽しみに・・・ (福祉団体)
  • 講師募集から開催日まで時間がなかったにもかかわらず、すぐにメールが何通もきまして講師の層・・・ (業界団体)
  • いつも講師を探すのに苦労していましたが、今回は講師から、こちらの希望・条件にあわせて提案を・・・ (製造業)
  • 短期間で複数のセミナー案を企画しなくてはいけないので、毎回ネタに困っていました。講師の・・・ (OA機器販売)
  • 全国規模での「講演依頼」の内容・ニーズがよく分かり、講師側としての新たな勉強の意欲が・・・ (コンサルタント)
  • >>もっと見る
システムブレーンからのお知らせ
  • 2019年04月01日
    新年度です!
    多くの団体様にとって、4月は新年度の事業・催事の準備を進められる時期かと思います。外部から講師を招いての講演会・研修・セミナーなどお考えでしたら、ぜひ当サービス「SBマーケット」をご活用下さい。
     実力ある講師の方々が、皆様のお役に立つ「ご提案」をしていただけます!

    ※詳しくは、「マンガでわかるSBマーケット」をご覧ください。
  • 2019年01月01日
    あけましておめでとうございます
    お陰様で弊社の新サービス「SBマーケット」も9年目となりました。皆さんの日頃のご支援、ご協力に心より感謝申し上げます。
    今年も宜しくお願いいたします。
  • 2018年07月05日
    募集内容の書き方など、お気軽にご相談下さい。
    初めてSBマーケットをご利用される方の多くが、「講師募集の内容は、どんな事を書いたら良いのだろう?」と悩まれます。
    そうした際にはお気軽に事務局までご相談下さい。
    講師からの良いご提案が多く集まるように、募集内容のアドバイスや加筆なども行っております。