印刷する

スマート農業の現場から
~最先端の取り組み事例と今後の課題~

講師名 波田大専
講師名よみ はだだいせん
肩書き 松下政経塾 第39期生
都道府県 北海道

プラン詳細

タイトル・演題 スマート農業の現場から
~最先端の取り組み事例と今後の課題~
スタイル区分 講演
想定する受講者区分 行政職員
受講者の説明 農業者の方/JA職員の方/自治体・行政関係者の方(農政課、農務課など)/地方議会関係者の方/農村部の青年会議所や商工会議所の方/その他/
受講者へ提供する価値
・伝えたい事
最先端のロボット技術やICTを活用したスマート農業の普及状況について、これまで現場で得た最新の取り組み状況を体系的にまとめてお話させて頂きます。具体的な製品・技術の紹介から導入事例、普及に向けた課題についてご紹介致します。
講演内容・概要 区分: 農業・農政
【内容概略】
1.農業現場の労働力不足の現状
 日本の基幹的農業従事者数の推移
  2000年:240万人 ⇒ 2019年:140万人 ⇒ 2040年:35万人(推計)
  これから農業現場の労働者不足はいっそう激甚的な局面に突入

2.スマート農業の導入効果
 ・ロボットトラクターは自動運転、誤差2.5cmの精度(1台約1,300万円)
 ・農薬散布ドローンではこれまで1日がかりだった作業が1時間で完了(1台約100万円~300万円)
 ・最新型ドローンは前方のカメラで生育状況や病害発生を分析し、後方の散布機でピンポイント散布が可能(完全自動飛行)
 ・水田自動給水栓は水位センサーと連動して自動で推移を一定に管理、水管理に要する作業時間を9割削減(1台約15万円)

3.スマート農業の普及に向けた課題
 ・規制緩和:ロボットトラクターによる作業や自動飛行ドローンによる農薬散布は現状では人の監視が必要
 ・国家戦略特区に指定されている兵庫県養父市での規制緩和の取組、農地取引の許可権限を農業委員会から市長の権限へ委譲

4.自治体での取組
 岐阜県:全国で初めてスマート農業推進計画を策定、スマート農業推進員の育成

【製品事例】
 ロボット農機/ドローン/水田自動給水装置/衛星リモートセンシング/他

5.植物工場の成功の秘訣
 ・全体の9割が赤字と言われる中、黒字化に成功した要因は2つ
 ・ブランド化による高価格販売(房どり、独自品種の輸入)
 ・工場排熱利用によるエネルギーコストの削減(農商工連携)


【自治体の取組事例】
 北海道岩見沢市/北海道更別村/北海道新十津川町/兵庫県養父市(国家戦略特区)/秋田県仙北市(国家戦略特区)/他


【植物工場の事例】
 全国6か所
根拠・関連する活動歴 2016年2月より、ホクレン農業協同組合連合会に新設されたスマート農業推進部署の立ち上げに従事。北海道内を中心に現場での実証試験の実施や、関連する農機メーカー、農業資材メーカー、IT事業者からスマート農業に関連する数多くの知見を得た。

2018年4月より、松下政経塾にてスマート農業の普及に向けた国や自治体の政策について研究活動に取り組む。スマート農業の最先端地域である北海道岩見沢市でのインターンシップや国家戦略特区で規制緩和に取り組む兵庫県養父市など、数多くの現場を回って多くの知見を得た。
  • 主催者の方はこちら
  • 講師・出演者の方はこちら
  • マンガでわかる「SBマーケット」
  • SBコンシェル
ご利用者の声
  • 毎回、講師の選定が大変なストレスでしたが、どんな講師が応募してくれるだろう?と逆に楽しみに・・・ (福祉団体)
  • 講師募集から開催日まで時間がなかったにもかかわらず、すぐにメールが何通もきまして講師の層・・・ (業界団体)
  • いつも講師を探すのに苦労していましたが、今回は講師から、こちらの希望・条件にあわせて提案を・・・ (製造業)
  • 短期間で複数のセミナー案を企画しなくてはいけないので、毎回ネタに困っていました。講師の・・・ (OA機器販売)
  • 全国規模での「講演依頼」の内容・ニーズがよく分かり、講師側としての新たな勉強の意欲が・・・ (コンサルタント)
  • >>もっと見る
システムブレーンからのお知らせ
  • 2020年01月01日
    あけましておめでとうございます
    お陰様で弊社の新サービス「SBマーケット」も10年目となりました。皆さんの日頃のご支援、ご協力に心より感謝申し上げます。
    今年も宜しくお願いいたします。
  • 2019年07月05日
    募集内容の書き方など、お気軽にご相談下さい。
    初めてSBマーケットをご利用される方の多くが、「講師募集の内容は、どんな事を書いたら良いのだろう?」と悩まれます。
    そうした際にはお気軽に事務局までご相談下さい。
    講師からの良いご提案が多く集まるように、募集内容のアドバイスや加筆なども行っております。
  • 2019年04月01日
    新年度です!
    多くの団体様にとって、4月は新年度の事業・催事の準備を進められる時期かと思います。外部から講師を招いての講演会・研修・セミナーなどお考えでしたら、ぜひ当サービス「SBマーケット」をご活用下さい。
     実力ある講師の方々が、皆様のお役に立つ「ご提案」をしていただけます!

    ※詳しくは、「マンガでわかるSBマーケット」をご覧ください。