印刷する

消費者志向経営の実践
~消費者の声を聴き、SDGsの目標達成につなげる~

講師名 齊木茂人
講師名よみ さいきしげと
肩書き クレーム対応コンサルタント
カスタマーハラスメント対応コンサルタント
消費者志向経営推進コンサルタント
都道府県 千葉県

プラン詳細

タイトル・演題 消費者志向経営の実践
~消費者の声を聴き、SDGsの目標達成につなげる~
スタイル区分 講演
想定する受講者区分 経営幹部
受講者の説明 ・SDGs経営と消費者志向経営に関心がある方 
・消費者や社会に目を向けた経営を検討している方
・中長期的に企業を発展させたい方 
・プロダクトアウトからマーケットインの視点に切り替え、商品・サービスの改善開発を目指していてる方 
・自らが主体となって企業を変えて行くマインドを持つ方
受講者へ提供する価値
・伝えたい事
企業価値を高め継続して成長させる。そのためには消費者視点に立ち、消費者志向経営の実践による“もの作り”が求められています。お得意先の先にある消費者の声を聴くことなく存続は厳しいとまで言われています。

・経営を取り巻く環境の変化、時代の要請がつかめる          
・先進的企業の取り組みを知り、できることから自社に可能な落とし込みができる
・消費者、社会からの信頼が高まり、商品ブランドや企業ブランドの価値が向上できる
・受講者が主体となって経営を変革できる
講演内容・概要 区分: 経営戦略・事業計画
1.あるべきお客様対応部門
 ・最も大事なマネジメント  "メンバーファースト" 
 ・お客様対応部門のミッション
 ・仕事の領域、組織の位置づけ

2.応対品質向上 
 ・なぜ応対品質向上が必要か
 ・メンバーの目標 社外資格・コンクール挑戦 
 ・組織としての目標 KPIの設定 3.未来につながる仕組みづくり

3.未来につながる仕組みづくり
 ・VOC(Voice Of Customer)活動のすすめかた
 ・消費者志向自主宣言のすすめ
 ・未来に向けた経営計画
根拠・関連する活動歴 ・日本ハムにて「消費者志向自主宣言」を2017年に宣言(国内2番目)主担当として推進した
・消費者志向経営について企業・団体・行政・大学において講義・講演(約30回/5年間)
・VOC活動の推進 グループインタビュー指導  2018年はタイにてマーケティング消費者リサーチ実践) モニター制度の活用促進を行った

■講演実績
・2016年 日本規格協会 標準化と品質管理全国大会「お客様の声を活かす~品質№1経営を目指して~」約500名参加 東京大会・四国大会・東北大会と好評につき、3年連続で開催  
・2018年 徳島県・消費者庁 消費者志向経営推進シンポジウム「消費者志向自主宣言企業におけるフォローアップ活動」約200名参加  徳島新聞に掲載された
・2019年 大手スポーツアパレル企業 「お客様の声を活かす」約80名参加 
・その他 大手食品企業・食品関連の協会・神戸大学・関西学院大学・大東文化大学・大阪経済大学などにて講演。
主催者に準備を
お願いする物
プロジェクター、スクリーン、マイク
講師が準備するもの パソコン、レーザーポインター
  • 主催者の方はこちら
  • 講師・出演者の方はこちら
  • マンガでわかる「SBマーケット」
  • SBコンシェル
ご利用者の声
  • 毎回、講師の選定が大変なストレスでしたが、どんな講師が応募してくれるだろう?と逆に楽しみに・・・ (福祉団体)
  • 講師募集から開催日まで時間がなかったにもかかわらず、すぐにメールが何通もきまして講師の層・・・ (業界団体)
  • いつも講師を探すのに苦労していましたが、今回は講師から、こちらの希望・条件にあわせて提案を・・・ (製造業)
  • 短期間で複数のセミナー案を企画しなくてはいけないので、毎回ネタに困っていました。講師の・・・ (OA機器販売)
  • 全国規模での「講演依頼」の内容・ニーズがよく分かり、講師側としての新たな勉強の意欲が・・・ (コンサルタント)
  • >>もっと見る
システムブレーンからのお知らせ
  • 2021年08月31日
    「SBマーケット」サービス終了のお知らせ


    この度、急激な変革期を鑑み、2021年9月末日を以て「SBマーケットサービス」を終了させていただく事となりました。

    ●9月末日をもって、新規の講師募集案件は受付終了となります。

    ●既に講師募集を開始された案件、講師が決定している案件につきましては、10月以降もSBマイページでのやり取りを重ねていただき、開催終了まで進行していただけます。

    長らく当サービスをご活用頂きました主催者様、講師の方々に深く御礼申し上げます。
    今後は、「SBコンシェル」サービスに注力して、オンライン開催を含めた皆様の多様なご要望にお応えしていく所存です。

    突然のご案内となり誠に申し訳ございません。何卒ご理解・ご容赦いただきますようお願い申し上げます。