印刷する

企業(社員)・行政(職員)における人材育成・社員教育のための資格取得への道
~働きながら資格取得するためのポイントとは~

講師名 齋藤進一
講師名よみ さいとうしんいち
肩書き 介護福祉建築家
やすらぎ介護福祉設計 代表
都道府県 埼玉県

プラン詳細

タイトル・演題 企業(社員)・行政(職員)における人材育成・社員教育のための資格取得への道
~働きながら資格取得するためのポイントとは~
スタイル区分 講演
想定する受講者区分 従業員全般
受講者の説明 企業にお勤めの従業員の皆様

役所にお勤めの皆様

PTA・学校関係者や受験生の皆様
受講者へ提供する価値
・伝えたい事
社員教育や人材育成または社員保有資格数のため、資格取得が必須になっている企業や行政・役所も多いのではないでしょうか。

資格を取っても給与に少ない手当が付くだけと諦める社員さんも少なくないと思いますが、もし看板のある企業や行政を離れたときに「ただの人」になるか「技術や知識を持った資格者」になるかは貴方次第です。

受験させる側も社員・職員にどのようにアドバイスすればよいか分からない声も良く聞きますのでお役に立てれば幸いです。

大人だけでなく学生さんの受験勉強にも通じる内容です。
講演内容・概要 区分: 人材・組織マネジメント
(内容)   講演時間 1時間~1時間半


1.資格種別を確認しましょう

  国家資格

  公的資格 

  民間資格

2.合格率の数値と実際の難しさの違い

  ・好きな分野と苦手な分野

  ・試験時間と試験開始時間

  ・マークシートと筆記

3.資格はその分野の門を開いてくれるカギのようなもの

  ・資格取得したから食べれるわけではないが持っていなければ始まらない

  ・企業内・行政庁舎内で資格取得が命ぜられたら・・

  ・実はこんなに世界が広がる

4.資格試験勉強のノウハウ

  ・独学か通学か  モチベーションを保てるスケジュールの立てかた

  ・机に何時間座って居られますか

  ・仕事をしながらいつ勉強できるのか

  ・朝型と夜型

  ・インプット(暗記)が苦手な人の対処法

5.試験前日にすべきこと

  ・前日の持ち物準備で当日の安心感が変わる
  「持参すると安心できる持ち物リスト」

  ・徹夜厳禁  試験開始3時間前には起きる

6.試験当日にすべきこと

  ・本番に強い人と弱い人の違い

  ・会場や雰囲気に呑まれない対策

  ・試験開始後にすべきこと 得意分野から解くパターン

  ・直感は当たっている 裏の読み過ぎは禁物

  ・出来ない問題があって当たり前⇒完璧主義は動揺する

  ・午前と午後にまたがる長時間の試験は、頭の切り替えが重要

7.万が一、不合格だった場合

  ・難関試験においては複数年受験が当たり前で「継続学習」がカギ

  ・レベルの優しい同種の試験も受けてみる⇒自信が持てる
根拠・関連する活動歴 約7年間、資格受験専門学校の日建学院にて1級・2級建築士受験の学科クラスや製図クラス、1級建築施工管理技士コース筆記試験担当などを通じて数多くの生徒さんと接した中で、合格しやすい人のいくつか特徴が分かりました。自身も様々な資格を取得してきた上で勉強法やモチベーションについてお伝えできればと思います。
主催者に準備を
お願いする物
プロジェクター スクリーン マイク (配布資料のコピー)
講師が準備するもの パソコン
  • 主催者の方はこちら
  • 講師・出演者の方はこちら
  • マンガでわかる「SBマーケット」
  • SBコンシェル
ご利用者の声
  • 毎回、講師の選定が大変なストレスでしたが、どんな講師が応募してくれるだろう?と逆に楽しみに・・・ (福祉団体)
  • 講師募集から開催日まで時間がなかったにもかかわらず、すぐにメールが何通もきまして講師の層・・・ (業界団体)
  • いつも講師を探すのに苦労していましたが、今回は講師から、こちらの希望・条件にあわせて提案を・・・ (製造業)
  • 短期間で複数のセミナー案を企画しなくてはいけないので、毎回ネタに困っていました。講師の・・・ (OA機器販売)
  • 全国規模での「講演依頼」の内容・ニーズがよく分かり、講師側としての新たな勉強の意欲が・・・ (コンサルタント)
  • >>もっと見る
システムブレーンからのお知らせ
  • 2021年08月31日
    「SBマーケット」サービス終了のお知らせ


    この度、急激な変革期を鑑み、2021年9月末日を以て「SBマーケットサービス」を終了させていただく事となりました。

    ●9月末日をもって、新規の講師募集案件は受付終了となります。

    ●既に講師募集を開始された案件、講師が決定している案件につきましては、10月以降もSBマイページでのやり取りを重ねていただき、開催終了まで進行していただけます。

    長らく当サービスをご活用頂きました主催者様、講師の方々に深く御礼申し上げます。
    今後は、「SBコンシェル」サービスに注力して、オンライン開催を含めた皆様の多様なご要望にお応えしていく所存です。

    突然のご案内となり誠に申し訳ございません。何卒ご理解・ご容赦いただきますようお願い申し上げます。