印刷する

ボトムアップで推進する「技術戦略と開発」入門

講師名 川崎 響子
講師名よみ かわさききょうこ
肩書き 技術開発戦略コンサルタント
都道府県 東京都

プラン詳細

タイトル・演題 ボトムアップで推進する「技術戦略と開発」入門
スタイル区分 研修
想定する受講者区分 職場リーダー
受講者の説明 研究開発部門、新規事業開発部門、商品設計部門などの管理職、リーダー、担当者
受講者へ提供する価値
・伝えたい事
商品開発部署や R&D 部署の開発者が、既存事業・商品のみにとらわれず、継続的に新しい価値を生み出すために必要な技術開発の進め方を紹介します。
既存事業の技術開発と並行しながら、短期・小リソースで進めるためにファースト・イノベーテックが推奨する「シンプル技術戦略」と開発における具体的 な活用方法を紹介します。
未来を予測しにくい現代において必要となる市場ニーズの仮説やコア技術の定義・育成について開発テーマの探索を通して進めながら、技術開発戦略・ロー ドマップへ展開する方法をワークとともに解説します。
講演内容・概要 区分: ものづくり・生産・製造
1.現状を取り巻く課題と解決への筋道
 ■製造業・テクノロジー企業を取り巻く環境の変化
 ■日本企業が抱える課題
 ■期待されるイノベーション事例  
 ■研究開発組織が目指す姿
 ■これからの新規事業・新商品立ち上げポイント
 ■技術開発の全体フロー

2.技術戦略の基礎
 ■技術戦略・ロードマップとは(経営戦略・商品企画との違い)
 ■技術戦略の役割
 ■初期開発における技術戦略の3原則
 ■継続的に価値を生み出すための技術戦略のあるべき姿

3.ボトムアップで立ち上げる「シンプル技術戦略」
 ■スピード×継続的価値作りに必要な3つのスキル
 ■「シンプル技術戦略」の目的と役割
 ■A4一枚で作る「シンプル技術戦略」の基本構成
 ■技術開発と並行して進める活動推進のポイント

4.「シンプル技術戦略」の作成方法
 ■開発テーマ設定の流れ
  ①情報収集 
  ②市場ニーズ調査 
  ③技術シーズの棚卸し・整理 
  ④アイディア創出
  ⑤アイディア評価 
  ⑥開発テーマ企画
 ■基本戦略の決定
  シンプル技術戦略7項目
【演習・ワーク】アイディア抽出から選定、基本方針作成
 ■未来への道筋を明確にするロードマップ作成方法
  ①優先順位の決定  
  ②QCD設定
  ③複数シナリオによるリスクヘッジの考え方
【演習&ワーク】「シンプル技術戦略」作成

5. 「シンプル技術戦略」を使用した技術開発事例

6.「シンプル技術戦略」を活用した技術開発、組織育成の進め方
 ■開発ステップで発生しやすいリスク・課題
 ■「シンプル技術戦略」を活用した開発推進のポイント
 ■市場探索と並行するファン育成型開発
 ■継続的な活動につなぐ開発組織・人材の育成
 ■社内起業家の育成
【演習&ワーク】「市場探索+ファン育成型開発」計画

7. 質疑応答
  • 主催者の方はこちら
  • 講師・出演者の方はこちら
  • マンガでわかる「SBマーケット」
  • SBコンシェル
ご利用者の声
  • 毎回、講師の選定が大変なストレスでしたが、どんな講師が応募してくれるだろう?と逆に楽しみに・・・ (福祉団体)
  • 講師募集から開催日まで時間がなかったにもかかわらず、すぐにメールが何通もきまして講師の層・・・ (業界団体)
  • いつも講師を探すのに苦労していましたが、今回は講師から、こちらの希望・条件にあわせて提案を・・・ (製造業)
  • 短期間で複数のセミナー案を企画しなくてはいけないので、毎回ネタに困っていました。講師の・・・ (OA機器販売)
  • 全国規模での「講演依頼」の内容・ニーズがよく分かり、講師側としての新たな勉強の意欲が・・・ (コンサルタント)
  • >>もっと見る
システムブレーンからのお知らせ
  • 2021年08月31日
    「SBマーケット」サービス終了のお知らせ


    この度、急激な変革期を鑑み、2021年9月末日を以て「SBマーケットサービス」を終了させていただく事となりました。

    ●9月末日をもって、新規の講師募集案件は受付終了となります。

    ●既に講師募集を開始された案件、講師が決定している案件につきましては、10月以降もSBマイページでのやり取りを重ねていただき、開催終了まで進行していただけます。

    長らく当サービスをご活用頂きました主催者様、講師の方々に深く御礼申し上げます。
    今後は、「SBコンシェル」サービスに注力して、オンライン開催を含めた皆様の多様なご要望にお応えしていく所存です。

    突然のご案内となり誠に申し訳ございません。何卒ご理解・ご容赦いただきますようお願い申し上げます。