印刷する

未来の商品へとつなげる研究開発テーマのアイディア創出法

講師名 川崎 響子
講師名よみ かわさききょうこ
肩書き 技術開発戦略コンサルタント
都道府県 東京都

プラン詳細

タイトル・演題 未来の商品へとつなげる研究開発テーマのアイディア創出法
スタイル区分 研修
想定する受講者区分 中堅社員
受講者の説明 商品開発、研究開発部門のリーダー、開発担当者
受講者へ提供する価値
・伝えたい事
昨今、商品開発やR&Dのリーダー・開発担当者が自ら商品へとつながる研究開発テーマを設定することが求められるようになりました。
本セミナーでは、既存事業の開発と並行しつつ、小リソースで無理なく新しい研究開発テーマのアイディアを発想する方法を紹介します。
主にアイディア発想の基本手順である情報収集の取り組み方やマーケット分析方法、研究開発テーマの効果を表現する「研究開発テーマストーリー」の作成方法を解説します。
また、難易度が高い未知なるターゲットの設定方法をはじめ、「コア技術」と「市場ニーズ」を定義しながら仮説検証で進める研究開発テーマ推進フローについて、講義とワークを通して習得することができます。
その他、アイディアを最小リソースで「形」にするために効果がある「シンプル技術戦略」の概要や開発推進への適用方法、次の開発ステップへ進めるために社内りん議が通すコツなど事例を用いて解説します。
講演内容・概要 区分: ものづくり・生産・製造
1. 研究開発のリーダー・開発者によるアイディア発想が期待される理由

1-1 製造業・テクノロジー企業を取り巻く環境の変化

1-2 日本企業が抱える課題

1-3 イノベーションを起こす技術

1-4 ゼロベースで新規事業・新商品を創出するための第一歩とは

1-5 新商品を創出するための開発フロー


2. 新規事業・新商品のためのアイディアとは

2-1 期待されるアイディアの3つの条件

2-2 負を解消するアイディア事例

2-3 「技術シーズ」の棚卸し方法

2-4 「市場ニーズ」の調査・分析方法

2-5 ゴール仮設定による推進の重要性


3. アイディア発想のタネ収集

3-1 情報収集の習慣化の取り組み法
3-2 狙いのターゲットに応じたマクロ分析・ミクロ分析のコツ

3-3 データベースによる取得情報の管理法

3-4 取得情報を活かす共有方法


4. 研究開発テーマのアイディア発想法

4-1 アイディア創出の基本:目的の明確化

4-2 発散と収束を繰り返すことでアイディアは磨かれる

4-3 アイディア発想法:ブレインストーミング

4-4 アイディア発想法:マインドマップ

4-5 アイディア発想法:オズボーンのチェックリスト

5. 研究開発テーマのアイディア評価法

5-1 アイディアを収束するための3つの原則

5-2 主観性と客観性の組み合わせ評価

5-3 アイディア評価法:KJ法

5-4 アイディア評価法:マトリクス法

5-5 アイディア評価法:未来ストーリー法


6. 研究開発テーマアイディア効果の見える化、開発推進法

6-1 シンプルに「アイディア」の効果を伝えるコツ

6-2 A4一枚で作る「シンプル技術戦略」の概要

6-3 最小リソースで実現するプロトタイピングを使った価値提案法

6-4 次ステージ・りん議を通す企画のまとめ方、提案事例

6-5 次ステージにつなぐ開発推進のポイント
  • 主催者の方はこちら
  • 講師・出演者の方はこちら
  • マンガでわかる「SBマーケット」
  • SBコンシェル
ご利用者の声
  • 毎回、講師の選定が大変なストレスでしたが、どんな講師が応募してくれるだろう?と逆に楽しみに・・・ (福祉団体)
  • 講師募集から開催日まで時間がなかったにもかかわらず、すぐにメールが何通もきまして講師の層・・・ (業界団体)
  • いつも講師を探すのに苦労していましたが、今回は講師から、こちらの希望・条件にあわせて提案を・・・ (製造業)
  • 短期間で複数のセミナー案を企画しなくてはいけないので、毎回ネタに困っていました。講師の・・・ (OA機器販売)
  • 全国規模での「講演依頼」の内容・ニーズがよく分かり、講師側としての新たな勉強の意欲が・・・ (コンサルタント)
  • >>もっと見る
システムブレーンからのお知らせ
  • 2021年08月31日
    「SBマーケット」サービス終了のお知らせ


    この度、急激な変革期を鑑み、2021年9月末日を以て「SBマーケットサービス」を終了させていただく事となりました。

    ●9月末日をもって、新規の講師募集案件は受付終了となります。

    ●既に講師募集を開始された案件、講師が決定している案件につきましては、10月以降もSBマイページでのやり取りを重ねていただき、開催終了まで進行していただけます。

    長らく当サービスをご活用頂きました主催者様、講師の方々に深く御礼申し上げます。
    今後は、「SBコンシェル」サービスに注力して、オンライン開催を含めた皆様の多様なご要望にお応えしていく所存です。

    突然のご案内となり誠に申し訳ございません。何卒ご理解・ご容赦いただきますようお願い申し上げます。