吉川隆久

講師名 吉川隆久
講師名よみ よしかわたかひさ
肩書き 変革クリエイター
【企業改革・自己改革】
都道府県 奈良県

企業改革・自己改革が強く求められる時代、モチベーション向上・リーダー力アップ・営業力アップ・安全意識・CSR意識等、個人の成長が組織の変革への道と鋭く提言する。大手銀行での長年の現場体験と鋭い眼力・分析力を武器に、改革実現の具体策を指導。『日本の研修・講演部長』を目指す。

プロフィール

■職歴・経歴
1948年 奈良県生まれ。
1971年 神戸商科大学卒業後、大手都市銀行に入行。
     シンクタンクに出向。研修事業部長等を歴任。
2004年 研修事業室室長を最後に独立。
     さらなる変革を求め、自ら『変革クリエイター』を名乗る。
2005年 『変革クリエイター』の肩書き名称が商標登録認可を受ける。
     (登録第4887364号)
■活動歴
大手銀行にて情報開発、異業種交流などの世話役を務める。
シンクタンクにて経営コンサルタント部長、研修事業部長を歴任、大阪府の異業種交流活動ORDのアドバイザーに就任するなど異色のバンカー
56才自ら変革求め独立、肩書きの変革クリエイターの商標登録が待望の認可となり、全国各地で変革(組織・個人)のための意識改革をメインとした講演・研修を行う
やる気・モチベーション向上を最重要課題としてとらえ、気づきの多い内容となっている。
■講演内容
日本経済の構造的変化の中、意識改革こそが勝ち残っていく為のファクターと考え、“変革力”の重要性を説く。企業・経営者・従業員の改革意識を引き出し、自己改革実践に向けての具体的提言を示す。
講演・研修会では、常に聴講者の立場を最重視。大量の現場情報、鋭い分析、具体的な多くの事例などに基づいた内容が好評。
解りやすく、説得力のある内容、テンポの良い語り口も人気の秘訣。
風貌からは予想できない迫力と情熱にあふれる指導は、聞く者の心に火をつけ感動・元気・勇気を前面に出し、やる気を起こす講演として大好評。
■著書
『おもろい話には理由がある』(共著)

出身校

大阪府立住吉高校
兵庫県立神戸商科大学

参考動画

実績・評価

CSR意識醸成が組織の活性への近道

迫力ある講演内容でした。また、飽きさせないような
工夫もされて、充実した時間でした。
ありがとうございます。

また、機会がありましたらお願いしたいと思っております。
経営幹部に対しての内容・テーマをご提示いただけると
助かります。

2012年5月実施 企業 

平均評価: スターONスターONスターONスターONスターONスターONスターONスターONスターOFFスターOFF (1件)
主催者登録はこちら(無料)
  • 主催者の方はこちら
  • 講師・出演者の方はこちら
  • マンガでわかる「SBマーケット」
  • SBコンシェル
ご利用者の声
  • 毎回、講師の選定が大変なストレスでしたが、どんな講師が応募してくれるだろう?と逆に楽しみに・・・ (福祉団体)
  • 講師募集から開催日まで時間がなかったにもかかわらず、すぐにメールが何通もきまして講師の層・・・ (業界団体)
  • いつも講師を探すのに苦労していましたが、今回は講師から、こちらの希望・条件にあわせて提案を・・・ (製造業)
  • 短期間で複数のセミナー案を企画しなくてはいけないので、毎回ネタに困っていました。講師の・・・ (OA機器販売)
  • 全国規模での「講演依頼」の内容・ニーズがよく分かり、講師側としての新たな勉強の意欲が・・・ (コンサルタント)
  • >>もっと見る
システムブレーンからのお知らせ
  • 2020年01月01日
    あけましておめでとうございます
    お陰様で弊社の新サービス「SBマーケット」も10年目となりました。皆さんの日頃のご支援、ご協力に心より感謝申し上げます。
    今年も宜しくお願いいたします。
  • 2019年07月05日
    募集内容の書き方など、お気軽にご相談下さい。
    初めてSBマーケットをご利用される方の多くが、「講師募集の内容は、どんな事を書いたら良いのだろう?」と悩まれます。
    そうした際にはお気軽に事務局までご相談下さい。
    講師からの良いご提案が多く集まるように、募集内容のアドバイスや加筆なども行っております。
  • 2019年04月01日
    新年度です!
    多くの団体様にとって、4月は新年度の事業・催事の準備を進められる時期かと思います。外部から講師を招いての講演会・研修・セミナーなどお考えでしたら、ぜひ当サービス「SBマーケット」をご活用下さい。
     実力ある講師の方々が、皆様のお役に立つ「ご提案」をしていただけます!

    ※詳しくは、「マンガでわかるSBマーケット」をご覧ください。