にしゃんた

講師名 にしゃんた
講師名よみ にしゃんた
肩書き 羽衣国際大学教授・タレント
都道府県 京都府

片道切符と7万円だけを握りしめて高校生の時に来日し、苦学生を経験しながら、大学の教授まで登りつめた。「ミスターダイバーシティ」と称されるほど多数の顔をもち合わせている。大学で教鞭やメディア出演と合わせて主に「ダイバーシティの語り部」として全国で精力的に講演活動を行なっている。

プロフィール

親日国スリランカ、世界遺産キャンディ市生まれ。高校生の時に留学のため、父が家を担保に借りた7万円と片道切符を手に来日、第二の人生がスタート。
来日1年で、日本語能力試験1級試験に合格し、留学生第一号となる新聞奨学生(読売)をしながら文武両道の大学生生活を送る。在学中は全国空手道連盟公認四段、公認指導員や審判員資格を取得。また多数の弁論大会で優勝し"スピコン荒らし"とあだ名がつく。
大学を学部総代で卒業し、2つの修士号と博士号を取得。日本国籍取得。日本で得度授戒。
タレント活動としては、近未来の日本を描いた映画『地球のヘソ』で主演。ワッハ上方で高座デビューし、「初代社会人落語日本一決定戦」準優勝で異色の落語家として注目され、フジテレビ「ペケポン」などで人気となる。
スリランカ人、教授、落語家、空手家、講演家、タレント、随筆家、子そだて父、僧など多くの顔をもち合わせ、その意味で「Mr.ダイバーシティ」などと言われることも。
現在は主に、羽衣国際大学で教授として務める傍ら、テレビ・ラジオなどで活躍。情報・報道番組のコメンテーターからバラエティ番組まで幅広く、「Yahoo!ニュース」などの書き手でもある。
さらに全国各地で「違いを楽しみ、力に変える」(多様性と包摂:Diversity & Inclusion)をテーマとする「ダイバーシティ・スピーカー(多様性の語り部)」として講演活動を行う。
ボランティアで献血推進活動に積極的に取り組んでいる。HP http://nishan.jp/
■ 現在出演中の番組
・TOKYO MX「モーニングCROSS」・ニッポン放送「垣花正のあなたとハッピー」
・フジテレビ系列「テレビ寺子屋」・フジテレビ「バイキング」
■ 過去出演の番組
「世界一受けたい授業」「笑っていいとも」「ペケ×ポン」「Mr.サンデー」、「世界ふしぎ発見!」「Nスタ」「クローズアップ現代」「視点・論点」「ラジオ深夜便」、「未来世紀ジパング」「Qさま!」など
■ 主な著書
『日本で知った「幸せ」の値段』、『留学生が愛した国・日本』など

出身校

立命館大学 経営学部
名城大学 商学研究科
龍谷大学 経済学研究科
山口県立大学 国際文化学部 准教授
羽衣国際際

にしゃんたが提案するプラン

主催者登録はこちら(無料)
  • 主催者の方はこちら
  • 講師・出演者の方はこちら
  • マンガでわかる「SBマーケット」
  • SBコンシェル
ご利用者の声
  • 毎回、講師の選定が大変なストレスでしたが、どんな講師が応募してくれるだろう?と逆に楽しみに・・・ (福祉団体)
  • 講師募集から開催日まで時間がなかったにもかかわらず、すぐにメールが何通もきまして講師の層・・・ (業界団体)
  • いつも講師を探すのに苦労していましたが、今回は講師から、こちらの希望・条件にあわせて提案を・・・ (製造業)
  • 短期間で複数のセミナー案を企画しなくてはいけないので、毎回ネタに困っていました。講師の・・・ (OA機器販売)
  • 全国規模での「講演依頼」の内容・ニーズがよく分かり、講師側としての新たな勉強の意欲が・・・ (コンサルタント)
  • >>もっと見る
システムブレーンからのお知らせ
  • 2018年01月01日
    あけましておめでとうございます
    お陰様で弊社の新サービス「SBマーケット」も9年目となりました。皆さんの日頃のご支援、ご協力に心より感謝申し上げます。
    今年も宜しくお願いいたします。
  • 2017年07月05日
    募集内容の書き方など、お気軽にご相談下さい。
    初めてSBマーケットをご利用される方の多くが、「講師募集の内容は、どんな事を書いたら良いのだろう?」と悩まれます。
    そうした際にはお気軽に事務局までご相談下さい。
    講師からの良いご提案が多く集まるように、募集内容のアドバイスや加筆なども行っております。
  • 2017年04月01日
    新年度です!
    多くの団体様にとって、4月は新年度の事業・催事の準備を進められる時期かと思います。外部から講師を招いての講演会・研修・セミナーなどお考えでしたら、ぜひ当サービス「SBマーケット」をご活用下さい。
     実力ある講師の方々が、皆様のお役に立つ「ご提案」をしていただけます!

    ※詳しくは、「マンガでわかるSBマーケット」をご覧ください。