康 光岐

講師名 康 光岐
講師名よみ こうみつき
肩書き むすひの心を語るパワフル伝道師
創風作家・暦研究家
都道府県 愛知県

30年以上に亘り、風水・暦・陰陽五行・易学を学ぶ。古事記・神話・暦・陰陽五行思想、日本の行事に籠められた先人達の想いを酌み取り、日本の風土・慣習・むすひの精神を生活に活かすことで、自分の氣を湧かす事ができると提唱。非常にパワフルで、力強い言葉には説得力がある。

プロフィール

■職歴・経歴
1946年生まれ
1976年頃 大病を機に、自然の理である陰陽五行・易学・風水・暦を学ぶ。
「自然の理をまとめた、東洋・日本の先人達の知恵からそこに籠めた心を知れば、 現代人の我々も、そこに心を置くことが出来ます。お互いが活かしあい、手を結び、大きな「和の心」で支え合う。この気持ちが日本の大和の心です。自然を感じ、節目を大切にし、感謝する。そうすることで誰もが自分らしく輝く事が出来る」と提唱。また、講演・執筆を展開し、作品作りにもその思いが反映されている。
2003年 古事記一人語り『康光岐脚本・出演』(財)大阪府民家集落博物館
2004年 中日新聞・瑞穂フォーラム連載開始
光岐庵 主宰、ことのはライブ 主宰。
2013年 三重県いなべ市を舞台にした短編映画「いなべ」に出演。沖縄国際映画際にも出品される。
■指導内容
「生き方」をテーマにした講演も多く、その力強い言葉には定評がある。日本人としての根っこである「活き活きとした力」。その力を取り戻すために、いかに今の暮らしの中に日本人の古くからの習慣・心性が定着するかの大切さを指導。社会が「自分を活かし、周りを活かす」日本人の心性を取り戻す意識が必要であると提唱。「和みの心を大切になさい」「言葉の命を感じなさい」「季節も、人生も、節目を大切になさい」「生かされている命を活かし、悦びを味わう仕事・暮らしをなさい」「七つの「氣」を上手く活用なさい」等。
■著書
『今、伝えたいことば 残したいことば』(風媒社)
『幸せを呼ぶ日本のしきたり』(KADOKAWA 中経出版)
『日本の暦といきるていねいな暮らし』(あさ出版)
■マスコミ活動ほか
・東海ラジオ「源石和輝モルゲン!!」レギュラーコーナー「康光岐の心湧くワク愛ことば」(月~金曜)
・エフエムポートウェイブ、エフエムラジオ・ラブィート原稿提供
・ラジオ大阪「OBCスペシャル」ゲスト出演
・ラジオ関西「こんにちよ~原田伸郎です」ゲスト出演
・東海ラジオ「小島コラム」「サタデーパークアマチン通り」「ブランニューR」ゲスト出演
・中日新聞・瑞穂フォーラム、名古屋流行発信・埼玉新聞・みなとQ等 誌面への原稿提供
・啓光学園ラグビー部全国優勝記念書籍への原稿提供
・関西電力ホームページへの原稿提供・住宅情報関西版(リクルート)原稿提供

講演

参考動画

主催者登録はこちら(無料)
  • 主催者の方はこちら
  • 講師・出演者の方はこちら
  • マンガでわかる「SBマーケット」
  • SBコンシェル
ご利用者の声
  • 毎回、講師の選定が大変なストレスでしたが、どんな講師が応募してくれるだろう?と逆に楽しみに・・・ (福祉団体)
  • 講師募集から開催日まで時間がなかったにもかかわらず、すぐにメールが何通もきまして講師の層・・・ (業界団体)
  • いつも講師を探すのに苦労していましたが、今回は講師から、こちらの希望・条件にあわせて提案を・・・ (製造業)
  • 短期間で複数のセミナー案を企画しなくてはいけないので、毎回ネタに困っていました。講師の・・・ (OA機器販売)
  • 全国規模での「講演依頼」の内容・ニーズがよく分かり、講師側としての新たな勉強の意欲が・・・ (コンサルタント)
  • >>もっと見る
システムブレーンからのお知らせ
  • 2019年04月01日
    新年度です!
    多くの団体様にとって、4月は新年度の事業・催事の準備を進められる時期かと思います。外部から講師を招いての講演会・研修・セミナーなどお考えでしたら、ぜひ当サービス「SBマーケット」をご活用下さい。
     実力ある講師の方々が、皆様のお役に立つ「ご提案」をしていただけます!

    ※詳しくは、「マンガでわかるSBマーケット」をご覧ください。
  • 2019年01月01日
    あけましておめでとうございます
    お陰様で弊社の新サービス「SBマーケット」も9年目となりました。皆さんの日頃のご支援、ご協力に心より感謝申し上げます。
    今年も宜しくお願いいたします。
  • 2018年07月05日
    募集内容の書き方など、お気軽にご相談下さい。
    初めてSBマーケットをご利用される方の多くが、「講師募集の内容は、どんな事を書いたら良いのだろう?」と悩まれます。
    そうした際にはお気軽に事務局までご相談下さい。
    講師からの良いご提案が多く集まるように、募集内容のアドバイスや加筆なども行っております。