松本 純

講師名 松本 純
講師名よみ まつもとじゅん
肩書き 親業訓練インストラクター
コミュニケーションアドバイザー
都道府県 神奈川県

ADHDの息子を持ち、家庭崩壊の寸前までいった母親としての経験を基に、子育てに悩む親たちを支援。親と子の愛情をどう育むか、効果的なコミュニケーションの方法を具体的に伝授。「親が愛情だと思っていても、子どもに伝わらなければ同じこと」と語り、親子関係の再生に向けて一筋の光を投げかける。

プロフィール

■活動
親業訓練講座・講演会・勉強会・相談など子育てに悩む親の支援と共に、コミュニケーション研究家として、学校の職員研修・区役所の職員研修・企業の研修など幅広く活躍。かわさきFMでは毎月「純さんの部屋」のコーナーを担当して、子育てや人間関係のコツ、コミュニケーションを使った良い関係の築き方を具体的に伝えた。コミュニケーションは全ての人間関係の鍵になるので、教育現場だけではなく、最近では子どもの人権関係や、郵政、東京電力、富士通などの労働組合での講演と研修が増えている。
■経歴
1951年 東京に生まれる
1974年 慶應義塾大学経済学部卒業
1975年 結婚して二児の母となる
1983年 南博カウンセリング研究所で学ぶ
1986年 川崎いのちの電話相談員となり5年間在籍
1991年 商社マンの夫の赴任でアメリカシアトル市に移り住む
1996年 帰国
1999年 「親業訓練講座」受講生の成功体験例として「筑紫哲也 NEWS23」に家族で出演
2000年 川崎市立有馬中学校 心の教室相談員となり4年間在籍
2004年 GOODリレーションズ研究所を設立。代表として活動を始める。
2005年 かわさきFM「純さんの部屋」を月に一度2009年まで5年間担当
■現在
GOODリレーションズ研究所 代表
親業訓練インストラクター
教育カウンセラー協会認定 中級教育カウンセラー
日本カウンセリング学会会員
日本選択理論心理学会会員
■著書
絵本『ひび割れ壺と少年』(文・松本純 絵・大村竜夫)(アートデイズ)
・この物語は、古くからイギリスやアメリカに伝わってきた話で、構想から約8年の歳月をかけて完成。
大村竜夫氏が描く繊細で瑞々しい画風とともに、胸にしみる温かい優しさに満ちた作品。
『わが子と心が通うとき』(アートデイズ)
・ADHD(注意欠陥・多動性症候群)の息子との親子関係に苦しみ、ゴードン博士の親業と出合って、お互いを大事にしながら心を通わすコミュニケーションの大切さに気がつく。その体験とゴードン・メソッドを分かりやすく書いてロングセラーになっている。
■寄稿
『補導だより』 2000夏 (京都府少年補導協会発行) 「コミュニケーションから見たご近所づきあい」
『ほとけの子』 2001年二月号・三月号 (日本仏教保育協会編集) 「親の悩みアラカルト」

出身校

東京都千代田区立番町小学校
慶応義塾中等部
慶応義塾女子高等学校
慶応義塾 経済学部

主催者登録はこちら(無料)
  • 主催者の方はこちら
  • 講師・出演者の方はこちら
  • マンガでわかる「SBマーケット」
  • SBコンシェル
ご利用者の声
  • 毎回、講師の選定が大変なストレスでしたが、どんな講師が応募してくれるだろう?と逆に楽しみに・・・ (福祉団体)
  • 講師募集から開催日まで時間がなかったにもかかわらず、すぐにメールが何通もきまして講師の層・・・ (業界団体)
  • いつも講師を探すのに苦労していましたが、今回は講師から、こちらの希望・条件にあわせて提案を・・・ (製造業)
  • 短期間で複数のセミナー案を企画しなくてはいけないので、毎回ネタに困っていました。講師の・・・ (OA機器販売)
  • 全国規模での「講演依頼」の内容・ニーズがよく分かり、講師側としての新たな勉強の意欲が・・・ (コンサルタント)
  • >>もっと見る
システムブレーンからのお知らせ
  • 2021年08月31日
    「SBマーケット」サービス終了のお知らせ


    この度、急激な変革期を鑑み、2021年9月末日を以て「SBマーケットサービス」を終了させていただく事となりました。

    ●9月末日をもって、新規の講師募集案件は受付終了となります。

    ●既に講師募集を開始された案件、講師が決定している案件につきましては、10月以降もSBマイページでのやり取りを重ねていただき、開催終了まで進行していただけます。

    長らく当サービスをご活用頂きました主催者様、講師の方々に深く御礼申し上げます。
    今後は、「SBコンシェル」サービスに注力して、オンライン開催を含めた皆様の多様なご要望にお応えしていく所存です。

    突然のご案内となり誠に申し訳ございません。何卒ご理解・ご容赦いただきますようお願い申し上げます。