倉田知典

講師名 倉田知典
講師名よみ くらたとものり
肩書き 相談支援アドバイザー
生涯学習指導者
都道府県 千葉県

私は「見かけは不自由ですが『心は自由』です」様々な立場の皆さんの心を笑顔(幸せ)にして行くことが私の目標です。調和(心のハーモニー)の輪が広がり深め合って行ける、誰もが心豊な社会環境となることを願い、会場の皆さんと楽しく対話しながら講演・トークなどを致します。

プロフィール

■経歴
1970年3月29日 千葉県市原市で生まれる
(8カ月の未熟児で生まれたため 全面介添えを要する重度肢体不自由となる)
1988年3月 千葉県立袖ヶ浦養護学校高等部卒業(小学~高等部まで同校)
(2007年4月1日より 養護学校 → 特別支援学校 に校名が変わりました)
1998年6月25日 千葉県生涯学習指導者となる(市原市教育委員会より推薦される)
2005年8月1日 株式会社文芸社より『心からのメッセージ (Message from the Heart) 』 著者倉田知典
エッセイ集の本(国立国会図書館に1部 永久保存.「ISBN(国際標準図書番号)」「書籍JANコード」付き)
2005年9月 詩などを書き始める
2008年3月25日 千葉県庁主催「誰(だれ)でもつかえるホームページコンテスト」受賞される(読売新聞・朝日新聞に紹介されました)
2008年4月1日 アコースティックデュオ はるもっこ☆ と倉田知典との共同でCD制作の完成させる
タイトル 「三ツ星」
1曲目 題名 蝶々 作詞 倉田知典、鈴木春菜 作曲 鈴木春菜
2曲目 題名 世界で一人 作詞 倉田知典、越野萌  作曲 越野萌
2009年10月11日  未来あいこ・YAMOTO・倉田知典との共同でCD制作の完成させる
アルバム タイトル「心の絆~harmony~」(倉田知典が足で描いた絵入り)
曲 題名 『ららばい』 詩案 倉田知典、作詞・作曲 未来あいこ、演奏 YAMOTO(プロの音楽家)
2009年11月 千葉県相談支援アドバイザーとなる(千葉県 健康福祉部障害福祉課長より 依頼される)
2010年5月2日 Natuko(プロの音楽家) と倉田知典との共同でCDアルバム制作の完成させる
タイトル命の輝き」(倉田知典が足で描いた絵入り)
原詩作 倉田知典、作詞・作曲 Natuko (ボサノバシンガー)、他
2010年8月4日 Natuko(プロの音楽家) と倉田知典との共同でCDシングル制作の完成させる
タイトル 「秋の養老渓谷」
原詩作 倉田知典、作詞・作曲 Natuko (ボサノバシンガー)
演奏 Cafezinho (プロの音楽家)
2011年6月26日 アートコラボ☆TOMOとも ( 旧 TOMO共実行委員会 ) 発足される
2011年12月 社会福祉法人 光明会 広報紙ライターとなる
2013年7月 写真(カメラ)を始める(プロモデル 植木安里紗 さんを撮る)
2013年9月 移転 在住(単身生活スタート 2014年11月19日 毎日新聞に掲載される)
その他 千葉県庁 主催の福祉計画作りなどの委員を務める。またラジオや各大手新聞などのメディアに出演・掲載し続けている。

出身校

千葉県立袖ヶ浦特別支援学校 高等部 卒業

主催者登録はこちら(無料)
  • 主催者の方はこちら
  • 講師・出演者の方はこちら
  • マンガでわかる「SBマーケット」
  • SBコンシェル
ご利用者の声
  • 毎回、講師の選定が大変なストレスでしたが、どんな講師が応募してくれるだろう?と逆に楽しみに・・・ (福祉団体)
  • 講師募集から開催日まで時間がなかったにもかかわらず、すぐにメールが何通もきまして講師の層・・・ (業界団体)
  • いつも講師を探すのに苦労していましたが、今回は講師から、こちらの希望・条件にあわせて提案を・・・ (製造業)
  • 短期間で複数のセミナー案を企画しなくてはいけないので、毎回ネタに困っていました。講師の・・・ (OA機器販売)
  • 全国規模での「講演依頼」の内容・ニーズがよく分かり、講師側としての新たな勉強の意欲が・・・ (コンサルタント)
  • >>もっと見る
システムブレーンからのお知らせ
  • 2021年08月31日
    「SBマーケット」サービス終了のお知らせ


    この度、急激な変革期を鑑み、2021年9月末日を以て「SBマーケットサービス」を終了させていただく事となりました。

    ●9月末日をもって、新規の講師募集案件は受付終了となります。

    ●既に講師募集を開始された案件、講師が決定している案件につきましては、10月以降もSBマイページでのやり取りを重ねていただき、開催終了まで進行していただけます。

    長らく当サービスをご活用頂きました主催者様、講師の方々に深く御礼申し上げます。
    今後は、「SBコンシェル」サービスに注力して、オンライン開催を含めた皆様の多様なご要望にお応えしていく所存です。

    突然のご案内となり誠に申し訳ございません。何卒ご理解・ご容赦いただきますようお願い申し上げます。