メリーチューン

講師名 メリーチューン
講師名よみ めりーちゅーん
肩書き 演奏グループ
都道府県 和歌山県

“メリーチューン”とは陽気で楽しいという意味。ルネサンス・バロック時代から親しまれているハンマーダルシマーとハープ・リコーダーを演奏しながら、心やすらぐひとときを共有できればと活動中の女性ユニット。『音と絵本のコンサート』も開始。映像と朗読とやすらぎの音色の総合舞台が好評。

プロフィール

【メンバー紹介】
■木下加寿子(きのした・かずこ)
ハンマーダルシマーの演奏
民族音楽の研究・紹介をする一方、クラシック音楽をダルシマー風にアレンジしている。また、イメージ曲の創作など、詩情豊かな独自の音楽を作り出している。2007年ドイツで開催された世界打弦楽器音楽祭に出演。
現在、全日本ピアノ指導者協会所、日本・世界打弦楽器協会所属。
■一之澤嘉子(いちのさわ・よしこ)
ハープ、リコーダーの演奏
美しく済んだ声で読まれる詩や朗読は、聞く人の心に深く感動が刻まれ、また楽しいトークも好評。ハープ・リコーダーの演奏では、飾りのない素朴で暖かい音楽空間を作り出している。
現在、和歌山県立紀北農芸高等学校非常勤講師。
【楽器紹介】
■ハンマーダルシマー
西欧に12世紀ごろから伝わる、ピアノの前進にあたる打弦楽器です。響孔を持つ台形の共鳴版に張られた数十本の弦を、小さなハンマー(ばち)でたたいて奏で、その音色は、澄みきったどことなく郷愁を感じさせる独特の美しさを持っています。起源はペルシャともいわれ、イギリス、アイルランド、東ヨーロッパ、そして世界中に広がってきました。
■ハープ
古代オリエント文明の頃より人々に演奏されている楽器で、弦の数・背の高さなどは、時代・国・地域で少しずつ異なっています。この楽器は、レバーハープ、またはノンペダルハープと呼ばれる34弦のハープです。オーケストラ等で用いられるグランドハープよりは小振りですが、明るく弾むような音色が特徴の楽器です。
■リコーダー
ノンリードの管楽器の一種で、縦型フルートに属する楽器です。ルネッサンス時代、バロック時代をへて、現在まで多くの人々に演奏されつづけ、小中学校でも親しまれています。「リコーダー」という名の由来は、ラテン語の「recordor」鳥などが歌う・さえずるが語源だと説明されています。

メリーチューンが提案するプラン

参考動画

主催者登録はこちら(無料)
  • 主催者の方はこちら
  • 講師・出演者の方はこちら
  • マンガでわかる「SBマーケット」
  • SBコンシェル
ご利用者の声
  • 毎回、講師の選定が大変なストレスでしたが、どんな講師が応募してくれるだろう?と逆に楽しみに・・・ (福祉団体)
  • 講師募集から開催日まで時間がなかったにもかかわらず、すぐにメールが何通もきまして講師の層・・・ (業界団体)
  • いつも講師を探すのに苦労していましたが、今回は講師から、こちらの希望・条件にあわせて提案を・・・ (製造業)
  • 短期間で複数のセミナー案を企画しなくてはいけないので、毎回ネタに困っていました。講師の・・・ (OA機器販売)
  • 全国規模での「講演依頼」の内容・ニーズがよく分かり、講師側としての新たな勉強の意欲が・・・ (コンサルタント)
  • >>もっと見る
システムブレーンからのお知らせ
  • 2021年08月31日
    「SBマーケット」サービス終了のお知らせ


    この度、急激な変革期を鑑み、2021年9月末日を以て「SBマーケットサービス」を終了させていただく事となりました。

    ●9月末日をもって、新規の講師募集案件は受付終了となります。

    ●既に講師募集を開始された案件、講師が決定している案件につきましては、10月以降もSBマイページでのやり取りを重ねていただき、開催終了まで進行していただけます。

    長らく当サービスをご活用頂きました主催者様、講師の方々に深く御礼申し上げます。
    今後は、「SBコンシェル」サービスに注力して、オンライン開催を含めた皆様の多様なご要望にお応えしていく所存です。

    突然のご案内となり誠に申し訳ございません。何卒ご理解・ご容赦いただきますようお願い申し上げます。