大石誠一

講師名 大石誠一
講師名よみ おおいしせいいち
肩書き 丸大鉄工株式会社 代表取締役社長
世界初「竹の超微粉末製造機」開発者
地域資源活用研究会 副会長
都道府県 静岡県

鍛冶屋の息子として生まれ、小学生で溶接加工旋盤加工を覚え、小学5年で4輪の自転車を作って乗り回す。以後「頭に描く創造物を“目で見て触れる物にする”事が得意な人種」となる。未利用な竹や木材を多くの目的に使えるように超微粉末化を一工程で製造する「世界初 竹の超微粉末製造機」を開発。

プロフィール

■職歴・経歴
1951年 浜松市に生まれる。
1969年 静岡県立浜松工業高校・工業化学科卒
1973年 倉敷市・川崎製鉄内大阪富士工業入社(溶接・製缶技術習得の為)
1975年 名古屋・(現 ミダック・130トンクレーンオペ)      
1977年 丸大鉄工株式会社入社
1980年 丸大鉄工株式会社 代表取締役就任(前社長・父他界の為)
      鉄工建築業から超硬丸鋸製造業に業種転換
1990年 MDK設立、超硬丸鋸メーカーとしてオリジナルブランド製品を販売
1995年 機械刃物メーカー世界トップブランド・ロイコ社の日本国内OEM着手
1996年 SHR(超耐熱丸鋸)木村刃物株式会社と販売提携
1998年 高知大学にて日本木材学会にSHRを名古屋大学名誉教授・木村志郎教授、横地秀行教授と
      共同発表
1999年 世界木材学会のフランスでSHRを木村教授と共同発表
2000年 イギリス・オックスフォード大にて木材加工部門に精密青竹切断機を木村志郎教授と共同発表
2001年 林野庁委託事業で「常温生竹微粉製造機」の開発成功、竹文化振興協会会員
2002年 しずおか産業創造機構から生竹超微粉末の用途開発に補助認定
2004年 移動式「竹粉機」完成・販売開始、全国各地でデモ機展示公開 
2006年 (新キャタピラー三菱)販売契約(現キャタピラージャパン社)日本竹炭竹酢
      液生産者協議会発足
2007年 竹からバイオマスエタノール開発「森林総研」委託事業開始
2008年 林野庁、森林・林業・木材産業つくり交付金認定(PANDA・パワー2)
2009年 長野県飯田市(自治体へ導入)、福井県高浜町、島根県松江市
■公職・所属 
・日本竹炭竹酢液生産者協議会副会長
・全日本竹産業連合会会員、竹文化振興協会会員、炭化物利用研究会会員、日本竹笹の会会員
・地域資源活用研究会 副会長
・ 
■その他
 未利用資源の活用は自給に貢献できる事が多い。

タイ竹、国家プロジェクト・竹の飼料化・工業製品化 竹製自転車、全国縦断、後にアメリカ横断6,000キロ踏破 パレスチナに農業指導・JICA

出身校

浜松市立積志小学校
浜松市立積志中学校
静岡県立浜松工業高校「工業化学科」

主催者登録はこちら(無料)
  • 主催者の方はこちら
  • 講師・出演者の方はこちら
  • マンガでわかる「SBマーケット」
  • SBコンシェル
ご利用者の声
  • 毎回、講師の選定が大変なストレスでしたが、どんな講師が応募してくれるだろう?と逆に楽しみに・・・ (福祉団体)
  • 講師募集から開催日まで時間がなかったにもかかわらず、すぐにメールが何通もきまして講師の層・・・ (業界団体)
  • いつも講師を探すのに苦労していましたが、今回は講師から、こちらの希望・条件にあわせて提案を・・・ (製造業)
  • 短期間で複数のセミナー案を企画しなくてはいけないので、毎回ネタに困っていました。講師の・・・ (OA機器販売)
  • 全国規模での「講演依頼」の内容・ニーズがよく分かり、講師側としての新たな勉強の意欲が・・・ (コンサルタント)
  • >>もっと見る
システムブレーンからのお知らせ
  • 2019年04月01日
    新年度です!
    多くの団体様にとって、4月は新年度の事業・催事の準備を進められる時期かと思います。外部から講師を招いての講演会・研修・セミナーなどお考えでしたら、ぜひ当サービス「SBマーケット」をご活用下さい。
     実力ある講師の方々が、皆様のお役に立つ「ご提案」をしていただけます!

    ※詳しくは、「マンガでわかるSBマーケット」をご覧ください。
  • 2019年01月01日
    あけましておめでとうございます
    お陰様で弊社の新サービス「SBマーケット」も9年目となりました。皆さんの日頃のご支援、ご協力に心より感謝申し上げます。
    今年も宜しくお願いいたします。
  • 2018年07月05日
    募集内容の書き方など、お気軽にご相談下さい。
    初めてSBマーケットをご利用される方の多くが、「講師募集の内容は、どんな事を書いたら良いのだろう?」と悩まれます。
    そうした際にはお気軽に事務局までご相談下さい。
    講師からの良いご提案が多く集まるように、募集内容のアドバイスや加筆なども行っております。